R-15
雑記他

雑記

スタバでmac(スターバックスでMacBookを開いて仕事している人)』は、意識高い系の代表的な嘲笑(ちょうしょう)と言われて久しいですが、実際にスタバでMacの良さを語る意見を見ると、「俺かっこいい」や「自分に酔っている」を抜きにして、色々と違和感を感じた箇所がいくつかあります。

自分自身、ブログ執筆や絵、デザインなどはすべてMacBookPro一台でこなしていますが、下記の理由からスタバに持ち込んでまで作業しようとは思いません。

とはいえはじめに伝えておきますが、この記事は「スタバでMac賛成派」の行動を全否定する目的でも、煽(あお)りや嘲笑をする内容を記したものでもありません。

彼らの意見にも一部は理解できる部分はあるからこそ、大真面目に「スタバでMac」の是非を以下に記載していきます。海外だと、カフェでiMac(デスクトップPC)なんて人もいるとか……

これは一個人の意見です

他の様々な意見・視点も取り入れてください。



「集中できるから」について

様々なツイートや記事を見た限り、スタバでMac作業をする人が一番に挙げるメリットであろうと思います。東大生は自室ではなくリビングで勉強する人が多いって話もありますし、多少の騒音があったほうが集中できる意見にも一定の理解を示します。

しかし、オープンな場所で作業をしているということは、通りすがりの第三者が、安易に作業内容を見られてしまうリスクがあるということ。

ブログの記事作成程度であれば別に見られてもいいでしょうが、報告書や書籍の内容、DTPデザインなど、会社や依頼者間のみで共有するような未公開情報を、公共の場でおおっぴらにしている形になりますよね。

下手すれば情報漏(ろう)えいや、守秘義務違反にもなりかねません。壁側のテーブル席なら、まだそのリスクは減らせるかもしれませんけどね。

「フリーWi-Fiが使えるから」について

こちらも利点として挙げられている部分で、ネットサーフィンや動画閲覧程度なら、フリーWi-Fiは利用料金もかからないし便利なものです。

とはいえ、パスワード設定が基本的にされていないフリーWi-Fiは、その危険性やリスクを承知して使うものなので、もし大切な情報をフリーWi-Fiを使って、クラウドサーバー上にアップロードや情報共有する行為は無警戒で無防備とも言えます。

いくらMacはWindowsと比べてウイルス感染のリスクが低いとはいっても、危険がまったくないワケでもありません。過信してMacの内蔵ソフトに任せ、セキュリティソフトを入れていない人も実際に少なからずいますし、「これまで問題が起きたことがない」のは、たまたま運が良かっただけ。

親族のDTPデザイナー(Mac使用)は、外出先ではフリーWi-Fiではなく、パスワードが必要なポケットWi-Fiやスマホのデザリング機能の活用を心がけているそうですよ?

「安く利用できて店や店員さんの雰囲気がいいから」について

実際にスタバで働いたことはないので、「接客・サービス業」の視点で述べていきます(自分は過去に、接客部門リーダーやクレーム対応を数年やっていた時期がありました)。

まず、店員さんが優しく対応してくれるからって、周りの利用客も許しているわけではありません。

(接客業を経験すれば分かりますが)特定客のクレームを当人に言わず、代わりに店員さん向かって陰口のようにクレームを言ってくるお客さんが一定数いますから、「店員さんに迷惑をかけていない」という考えは甘いです(実質とばっちり対応であり、悪者扱いされるので本当に疲れます)。

また、心の底から聖人のような店員さんもいるでしょうが、優しいのは営業だからで、心のなかで迷惑している店員さんだっているでしょう。店員さんはロボットでも召使いでもなく、感情を持った人間なので、「優しくしてくれる=裏がない仏さん」だと安易に考えるのは間違いです。

賛成派意見の傾向で、「金払ったんだからどう過ごそうと自由」「禁止って書いていないからいいだろう」という、お客様は神様みたいな考え方の人が多いのかなって印象を受けました。店が提供しているのは「商品とひとときの時間」であって、「仕事場として長時間過ごしてもいい権利」ではないでしょう。

「善意」と「黙認」、「サービス」と「甘え」は違います。「長時間利用OKです」と店側が許可しているなら別ですが、すべての店がそうではないし、安く利用できるとは、その分人件費やサービスなどを犠牲にしているということ。それを理解しているのでしょうか?

要は店や他のお客さんに対する、思いやりとモラルの問題。

スタバも飲食サービス業である以上、店の回転率を下げる影響を少なからず与えているとか、自分の行動が回り回って店員さんの胃を痛めているかもしれない認識はしてもらいたいものです(それも仕事? いいえ、高級店じゃなければ日本特有の過剰〈かじょう〉サービスです)。




最後に:「スタバでMac」の苦言はひがみや風潮だけではない

以上、大真面目に問題点を語りましたが、冒頭に伝えた通り、別に「スタバでMac」を「うわードヤ顔している意識高い系だー(笑)」みたいにバカにする意図もなければ、絶対にするなと言っているワケではありません。

百歩譲ってやるにしても、飲食サービス店は長時間居座ることが前提の場所ではないし、公共のオープンな場で作業する情報漏えいのリスクと、中には嫌がるお客さんや店員さんがいることは、頭のすみっこに入れておこうね?

この記事で言いたいのはこれで、MacBookユーザーを対象に絞って記述しましたが、カフェやファーストフード店での勉強や、電車でWindowsなどでも同じ話です。

ただ否定する人が多いからか、賛成派のブログ記事やツイッターを見る限りだと、開き直っているというか配慮がないというか、

  • ダメって言われてないから否定される筋合いはない
  • 文句言ってるのはAppleブランドへのひがみか、ネットやSNSに毒されて便乗している連中だ
  • スマホもタブレットもWindowsだって同じじゃん。騒ぐ奴は意味分からん

って、「反省するところはあるかもしれない」ではなく、まるで痛いところを突かれて必要以上に反論して、正当化するような文面が多かったんですね。その行動が逆に、スタバでMacに対する肩身を狭くし、自分で自分の首を絞めている気がするんですけどね。

これらの問題の根っこは思いやりとモラル。記事そのものを否定するようですが、Macユーザーだろうがなんだろうが変わりありません。レッテル貼りがしやすいから「Mac」が標的にされがちですけれど、真面目に苦言されている場合は「モノ」ではなく「姿勢」です。

家以外で集中する場所が欲しい場合、個人営業なら4時間¥500前後(片付け掃除必須・ドリンクバーなし)で部屋を提供する場所もあれば、もっと探せば、制限はあるもさらに安い場所もあるかもしれません。コロナ渦(か)の影響で、カラオケ店や旅館などが格安で貸し出ししている場合もあります。

店側(スタバなど)としても、長時間利用禁止の張り紙は心苦しいので貼りたくないものです(逆に言えば、禁止する店はよっぽどな迷惑行為があったと言えるかもしれません)。

同じMacBookユーザーだからこそ、必要以上に反論するだけではなく、少しは思い返してみて考えてもらいたいなと思います。

自分もそうだったけど、「優しいいい人」「親切な人」になる(演じる)のは、「不幸になるから絶対やめておけ」と経験者は定期的に語る。

犯罪肯定や困っている人は見捨てろ……という意味ではなく、優しさを見せれば、「頼っても構っても甘えてもいい人」みたいに、過剰干渉や粘着、付きまとう人間が一定数いて、情緒不安定や発達障害系、孤立中高年、認知症の人がほとんど。

色々要求ふっかけられ、断ると嫌味や逆ギレされる「悪意のないタチの悪さ」には幾多も遭遇したから、ジーザスやブッダ並の鋼の心を持つ聖人でなければ、いい人ぶるのは精神すり減って不幸にしかならない。

絵描き・物書き・Webデザイナー・HTML/CSSコーダーの京都生まれなウサギ好き。「ネチケット(ネットマナー)やネット・情報リテラシーの扱い」「批判と批難(非難)の混同・誤用」には少々シビアで、性別問わず好きなタイプは「反省と改善の努力を惜しまない人」。長文や理論を分析し、簡潔に分かりやすくまとめるのが得意なため、リアル・ネットを問わず、各所からご好評をいただいております。