• 最新記事




  • 一ヶ月経って今更感はありますが、フランスへ行った感想を前後編でお送りします。観光も一応しましたが一応研修、つまりは勉強でフランスへ行きましたので、美味しい店とかスポットとかは書けませんのでご了承。

    よく海外へ行くと価値観が変わると言われますが、

    日本は安全で民度が高く、規律と労働に厳しい国


    これが帰国して思った第一の感想ですね。向こうの店の人は挨拶をしないと超無愛想、車の運転は乱暴、路上駐車は当たり前、道がゴミまみれ…無論フランスはとても良い国でしたが、日本と比べればこの部分は比較してしまいますね。実はテロの心配をこっそりしていたのですけれど、比較的治安の良いベルシー地区のホテルに滞在していましたから、怪我もせず無事帰国できました。トラブル(?)はありましたが後編にて。

    特に西洋ファンタジーを描く絵師さんや、ネット情報で社会や国民性を知ったような人には絶対に海外経験をなさった方が良いです。現地で体験しないと分からない事って本当にありますよ。

    紀行内容は全体的にシンプル構成です

    過度な期待はしないでください。



    飛行機でドバイ経由、つかの間のフランス観光


    フランスまではドバイ乗替えで、サービスが良いと定評のあるエミレーツ航空の飛行機に搭乗。(エコノミー故)9時間座りっぱなしで尾てい骨が痛かった以外は快適な空の旅でした。

    到着後は凱旋門やエッフェル搭を参考資料として何枚も写真を撮りまして、あの時は異常気象だったらしく最高気温が35度で、日本の夏と大して変わらない暑さでした。水は必須です。しかしフランスの水は安くても2ユーロ(280円)ですから、バスの運転手さんから1ユーロ(140円)で買っていました。物価が日本の2~3倍だったのはリサーチ不足で盲点。





    フランスのグラフィティアートは素晴らしいの一言。

    ジャパンエキスポ2015




    フランスで開催されたジャパンエキスポは、当時は真夏だったので人口密度も相まって蒸し風呂状態でしたけれど、それに負けないほどのコスプレの熱意とクオリティは素晴らしかった。やっぱりコスプレは外国の方にやって頂くのが一番映えますねぇ(写真は撮っていますが、ネット掲載の許可までは貰っていないのでご割愛)。

    コスプレは主にドラゴンボール、ナルト、ワンピース、任天堂キャラ、アメコミヒーローを中心に、ソードアート、初音ミク、スターウォーズ、ゴーストバスターズと、世界各国のキャラクターのコスプレが見られましたが…

    艦これのコスプレは見かけられず。


    刀剣乱舞のコスプレはそこそこ見かけましたのに、不思議ですねェ。因みにジャパンエキスポにはコスプレや日本のサブカルグッズの他、おにぎりやたこ焼きといった日本食もありました。しかし関税と物価の影響か、おにぎりは1つ4ユーロ(約480円)、たこ焼きは6コ入りで9ユーロ(約1260円)と破格なお値段(もちろん日本の物価基準で考えると…ですが)。




    写真は任天堂ブースにて。おフランス紀行後編はコチラ。 

    最後までご覧いただき、誠にありがとうございます。もし宜しければ、記事のSNSシェアのご協力をお願いいたします。

    赤竹 ただきち

    (Tadakichi Akatake)

    Netflixで『ダーリン・イン・ザ・フランキス』を一気見。

    キルラキルやグレンラガンのスタッフが関わっているだけあってブッとんだ超展開や戦闘シーンは面白かったですが、エピローグのシーンがすっごくもやもやした。

    仲間達とまた地球に帰ってくるように約束するけど結局死んじゃうし、魂が地球に帰還した時にはもう百年以上経過してそうだから、帰りをずっと待ってくれた仲間達はこの世にいないし、生まれ変わって運命の再会と言う名の初対面…なんとも言えない。
    MyutaUsagi

    絵描きからHTML・CSS、物書きまで幅広くやれる京都生まれのウサギ好き。ネチケット(ネットマナー)やネット(情報)リテラシー、批判と批難の違いにはちょこっとシビア。

    最新記事