R-15
雑記他

オリジナル,雑記

最近「Macの動作が遅いですか?」というキャッチコピーで、様々な場所で見かけるようになった『Mac Keeper』というソフト。

怪しいながらも試しにダウンロードしたところ、「不要なファイルやアプリケーションを削除しクリーンアップするソフト」のようですが、削除対象にFirefoxやダッシュボードなどと、消すとマズいものから普段から使うものまでがリストに……

色々調べてみたら案の定、海外での評判はどうも宜しくないらしく、精度の割には有料版がボッタクリ価格、自動で任せると必要なアプリも削除されるあたりが要因だそうです。

もちろん、ソフトはすぐにアンインストールしました。しかし完了後に出てきた小窓には中国語の文字に加え、ゴリ押しのように製品版を勧めるわで……ここまでうさんくさいソフトは久しぶりに見ましたね。

なおMackeeperの広告を削除するには、AdBlockなどの広告除去プラグインがオススメです。

現行WordPressエディタツール『グーテンベルク』の問題点はいろいろあるけど、やっぱり「装飾」の問題が一番大きい。

たとえば太字(b)の装飾はstrong要素で出力され、テーブル要素もth要素(見出し)が対応していない。特に前者の太字がstrong要素で出力は問題で、文法上、装飾目的で多用するとSEO(検索最適化)に影響が出る可能性があるタグなんだよね。

なぜb要素(優先度:低)ではなくstrong要素(優先度:高)なのか。打ち消し線はdel要素(優先度:高)じゃなくてs要素(優先度:低)で出力されるのにね。

絵描き・物書き+WEBデザイナーの京都生まれなウサギ好き。「ネチケット(ネットマナー)やネット・情報リテラシーの扱い」「批判と批難(非難)の混同・誤用」には少々シビアで、性別問わず好きなタイプは「失敗・反省から学ぶ人」。長文や理論を分析し、簡潔に分かりやすくまとめるのが得意なため、リアル・ネットを問わず、各所からご好評をいただいております。