R-15
雑記他



最近「Macの動作が遅いですか?」というキャッチコピーで、様々な所で見かけるようになった『Mac Keeper』というソフト。試しにダウンロードしたところ、不要なファイルやアプリケーションを削除しクリーンアップするソフトのようですが、削除対象に火狐やダッシュボードなどと、消すとマズいものから普段から使うものまでがリストに……

流石に不安になって来たので色々調べてみたら、海外での評判はどうも宜しくない(むしろ酷評)らしく、有料版にするとボッタクられる、自動で任せると必要なアプリも削除される辺りが要因だそうです。ということで、結局このソフトはアンインストール。ですが完了後に出てきた小窓には中国語の文字に、ゴリ押しのように製品版を勧めるわで……ここまでうさんくさいソフトは久しぶりに見ましたね。

なおMackeeperの広告を削除するには「AdBlock」がオススメです。

自分もそうだったけど、「優しいいい人」「親切な人」になる(演じる)のは、「不幸になるから絶対やめておけ」と経験者は定期的に語る。

犯罪肯定や困っている人は見捨てろ……という意味ではなく、優しさを見せれば、「頼っても構っても甘えてもいい人」みたいに、過剰干渉や粘着、付きまとう人間が一定数いて、情緒不安定や発達障害系、孤立中高年、認知症の人がほとんど。

色々要求ふっかけられ、断ると嫌味や逆ギレされる「悪意のないタチの悪さ」には幾多も遭遇したから、ジーザスやブッダ並の鋼の心を持つ聖人でなければ、いい人ぶるのは精神すり減って不幸にしかならない。

絵描き・物書き・Webデザイナー・HTML/CSSコーダーの京都生まれなウサギ好き。「ネチケット(ネットマナー)やネット・情報リテラシーの扱い」「批判と批難(非難)の混同・誤用」には少々シビアで、性別問わず好きなタイプは「反省と改善の努力を惜しまない人」。長文や理論を分析し、簡潔に分かりやすくまとめるのが得意なため、リアル・ネットを問わず、各所からご好評をいただいております。