ソニック,SONIC,ソニックX,エッグマン
知っている人は知っている『ソニックX』のシーン

……とまあ、絵とは全く関係ありませんが、『ソニックアドベンチャー(以下、ソニアド)』の新作を要求し、ソニアド比較を過剰(かじょう)に書き込む人たちを問題提起する記事になります。

だからといって、良識を持ったソニアドシリーズ好きもいますし、続編や新作を否定しているわけではありません。ソニアド3が出るなら自分も喜んで買います。

開発スタッフの見解によれば、実質的にソニアド3の立ち位置になるのは『新ソニ(ソニック06)』と『ワールドアドベンチャー』だけれども。

重ねるように、続編リメイクを叫び続け、他作品は否定する一部ファンの行動について考える内容であることは、ご留意いただければと思います。

批判要素注意 正しい批判(建設的批評)を心がけて執筆しています

ソニアド比較・新作コール

ほぼ毎回はしつこい…

よくネット・SNSなどで、少しでもソニックの話題が出ると……

  • 「ソニアドの新作はまだか」
  • 「ソニックチームは早くソニックアドベンチャー3を出せ!」
  • 「ソニアド3が出ることを信じてる」
  • 「チャオ育成(チャオガーデン)復活させろよ」
  • 「テイルスは棒読みが至高」
  • 「ソニアド2のころはよかった」
  • 「ソニアド2は最高だったのに今のソニックときたら……」
  • 「中さん(中裕司氏:ソニックの生みの親)がもういないから……」

と、10年以上もどこでも現れて、ソニアドシリーズ(特にソニアド2)賛美と懐古アピール、ソニアド比較を過度に行って、シリーズの評論家気取りをする人たちを見たことありませんか?

ことあるごとに「ソニアドが〜」と言い続けているさまは、ソニックを知らない人からも痛々しさを感じさせるものです。

ソニックは世界観や性格がよく変わる

もちろん、ソニアドシリーズが最高だと思うぶんだけなら個人の自由です。しかし実際、ソニックはゲームやメディアで世界観や性格が変わるのに、

  • 「(ソニアドを比較対象に)俺の知っているソニックじゃない」
  • 「どうしてこうなった。ソニアド2のころはこうだったのに」
  • 「コレジャナイ。アドベンチャーのころのほうがよかった」

と、楽しんでいる人の輪に割り込んで書き込む人もいるんですね。

批判とは「ダメ出し」ではない

批判の本来の意味

これの反論として、

  • 「雰囲気が偏(かたよ)らないよう水を差す必要もある」
  • 「ファンだからこそ批判も必要だ」

という意見があるものの、コミュニティの場とディベートの場は違いますし、『批判』をダメ出しといった「否定・悪口を言うこと」と勘違いしています。

本来の『批判』とは「建設的な批評姿勢」であり、指摘をしつつも相手を尊重する行為です。

ただダメ出しをするような、文句や悪口を言うのは『批判』ではありません。そもそもいきなりディベートと称して水を差す人は、問題提起を持ちかけているのではなく、ただの「空気が読めない痛い人」です。

実社会の議論やディベートも、ちゃんと前準備や事前の了承を得てからやるものですし、リスペクト(敬意)も必要です。自身の主張を批判と称する人ほど、敬意に欠く場合がほとんどです。

否定・悪口を言うだけなら小学生でもできる

否定をするだけ、悪口を言うだけなら(言葉は悪いですけど)小学生でもできます。

この小学生ができるようなレベルの行為を、自慢げにやらないでほしいんですね。

本当にシリーズのことを大切に思っているのなら、正しい批判をやってもらいたいもので、ただの文句やいちゃもんを批判だと勘違いしているフシがないか、見つめ直していただきたいものです。

「良識あるソニアド好き」と「迷惑なソニアド好き」

一緒にしてはいけない

「良識あるソニアド好き」と「迷惑なソニアド好き」の大きな違いは、「ほかのソニックにも魅力がある」と認めているか、認めていないかです。

良識あるソニアド好きは、「ほかのソニックもいいけど、ソニアドが一番好き」と言い、迷惑なソニアド好きは、ソニアドシリーズと以降の作品と比較して全否定するのが特徴です。

なぜかメガドライブ時代には触れず、『アドベンチャーDX(移植版)』を知っていても『アドベンチャー(オリジナル:ドリームキャスト版)』を知らなかったりしますが……?

海外でもソニアドシリーズは絶対的な人気があります。ただ、多くの海外ファンは後者のように、ソニアドも含めてほかのソニックゲームのよさも認めている人が多いんですね。

日本のネット・SNS上で見かける、前者の排他(はいた)的、原理主義的な海外ファンはまだ限定的です。

いわゆる『懐古主義者』

前者の人は、ポケモンで「金銀までが最高」と言い続けるのと似ていて、ネットスラングで『懐古厨(ちゅう)』と呼ばれる、過去の作品を美化し、現在の作品を比較して否定する人たちかもしれませんね。

ゆえに彼らはソニックファンではなく「ソニアドファン」であり、ただ単にソニアドが好きな善良なファンたちとは区別する必要があります。

そんな「ソニアドファン」な人たちに伝えたいのは、特定のコミュニティ以外でそういった過度な主張は慎(つつし)むべきだということです。

慎むべきな理由その1

その行動、
裏目に出ているよ

さて、なぜ慎んだほうがいいのか。最初の理由は、

CHECK!

ソニアドシリーズの価値を下げるから。

かくいう自分も、ソニアド2は衝撃を受けたソニックで、本編もチャオ育成も寝る間も惜しんでやり込んだ思い出深いゲームですし、今でも大好きな作品です。

だからこそ、やたらとソニアド3出せとか比較行為は見ていてとても残念なんですよね。

現にネット・SNSには、こういった一部ファンの懐古的行動に嫌悪感を感じ、おかげでソニアドシリーズそのものを嫌う人たちも少なからず存在します。

せっかくのいいゲームが風評被害を受けるのは、見ていて悲しいものはないでしょう。

慎むべきな理由その2

節度は必要だよね

慎むべきな次の理由は、

CHECK!

ソニックファン全体の評価やモラルが下がるから。

現に、ニコニコ動画で書かれていたコメントの中に目についた内容のものがありました。

「ソニックは好きだが、ソニックの信者(熱狂的ファン)は痛すぎて嫌い」

ニコニコ動画

信者という表現はともかく、一部ファンの行動の客観的な評価を表している一言です。

無闇なソニアド推(お)しをする人たちを指すかは断言できないも、少なからず影響を与えているのは否定できないでしょう。

現に一部のネット掲示板上では、「ソニック好きは過去の栄光にしがみついている痛い連中」と揶揄(やゆ)されることがあり、「最近のソニックファンのマナーがひどくなっている」という意味ならば、自分も同意ですね。

これらのコメントを引用したつながりで、以下のケースはファンのモラルが問われるケースだったので、あえて記載します。

ソニックカラーズTAS動画について

ニコニコ動画で『ソニックカラーズ』のTASプレイ動画(ツールを使ったタイムアタック動画)がランキング上位に上がった際、新規ファンを獲得するためか、宣伝やPRと称して必死にアピールする人が多々見られました。

あんなことすれば宣伝どころか、ますます興味のある人が遠ざかります。

例を言うなら、休み時間の会話で少し興味を持ったそぶりをすると、聞いてもいないのにオススメや魅力をマシンガントークでバンバン攻め立てられ、興味が逆に薄れるのと一緒です。

よかれと思っているようでも、逆効果なんですね。

読ませる気のない大量の文章

初ソニックプレイの動画配信者に対して、解説やネタバレといった内容の文字を大量に送りつける人がいるんですね。

ニコニコ動画なら下字幕などで動画を埋もれさせ、YouTubeなら配信チャットで長文を連続投稿をしているという感じですね。

「シリーズを知ってほしい」という気持ちはわかりますが、客観的に見ればただの迷惑行為でしかありません。

ニコニコ動画の件は実際、「皆様の迷惑になるのでやめてください」と、投稿主から注意されていたケースもありますからね。

思い込みが激しい暴走ファン

何を勘違いしているのか、「俺こそソニックをよく知る真のファンであり、今のソニックがあるのは理解者である俺のおかげ」と、自前のソニック論を周囲の迷惑を無視して長々語る人を掲示板で見かけました。

しかもその人は、「開発者よりファンのほうが権力があり、立場が上」と勘違いしている節があり、それでも自分は正しいこと、ソニックやファンのためだと信じこんでいましたね。

しかしその行動は、自分の独善的な正義で「お客様は神様論」を振りかざして店員にあれこれ要求したり説教する、悪質クレーマーと大して変わらないんですね。

それゆえに、指摘や注意したファンたちに逆上し、悪者扱いしたりと暴走そのもので、絡まれたファンたちもさぞ大変だったでしょう。

独りよがりの議論は議論ではありません。ただの自己満足です。

最後に:TPOは大切

TPO
(時・場所・場合)

閑話(かんわ)休題で、自分もソニアドシリーズはストーリーが重厚でやりごたえもあり名作の評価です。

しかし、どこもかしこも場をわきまえず、ソニアドは最高・新作出せアピール、ソニアド比較コメントをしたって、一体なんの意味があるのでしょうか?

この記事で伝えたいのは、

CHECK!

度の越えた行いは、ソニアドシリーズの評価やファン全体のモラルを下げるだけ。それぞれの作品にも魅力はあるし、TPOを考え、節度をわきまえるのが大切だ。

……と、いうことですね。

TPOを理解するのはネットのみならず、実社会でも最低限のマナーです。

TPOを守らず、「ソニアドが〜」を言いふらす行動は、逆に「ソニックファンは痛い人が多いの?」と思われてしまい、逆に引かれるだけで逆効果でしかありません。

「あなたの嫌いは誰かの好きかもしれません」

かつて、『it-tells(いってる)』という公式コミュニティがあり、そこでも一部ソニックファンの問題行動が発生し、「あなたの嫌いは誰かの好きかもしれません」と、公式が苦言した出来事もありました。

それを公式に言わせてしまったことは、ファン全員が理解し、反省すべきところです。とはいえ、あのころは楽しくソニックやソニアドシリーズを語っていて平和でしたね。

まさにネット上のファンコミュニティの理想形でしたが、コミュニティ終了が近づくにつれて、問題ユーザーが増えてあきれるほどに荒れ気味にはなりましたけどね

当サイトはみなさまのご支援で、広告なしの実現やコンテンツ維持を行っています。情報がお役に立てたり、気に入った作品がございましたら、ご支援をお願いいたします。

https://umakose.com/fanfic/120406-1/

クリック・タップで記事URLをコピーできます

利用規約

個人情報保護

当サイトや赤竹ただきち(以下、当管理者)宛に送られたメールの内容や差出人、アクセス解析で得た個人情報などは、差出人・閲覧者当人の承諾がない限り、当サイト内やほかのサービスで公開することはいたしません。

絵や記事のシェア

当サイトの絵や記事をシェアされる場合、個人サイト・ブログ・サービス・SNSなどを問わず、URLなどを記載して、出典元を明記ください。明記していただければ、ご自由にシェアしていただいて構いません。

ただし、記事の場合は下記の『禁止行為』のとおり、記事を読まない、特定のワードに反応したようなシェア行為はお断りいたします。

記事の引用(転載)ルール

記事内の文章を引用(転載)される場合、URL元を明記した上で引用要素(blockquote)内に記載してください。掲示板やSNSの場合は、文頭に「>」などをつけ、オリジナルコンテンツ(コピーコンテンツ)ではないことを明確にしてください。

要約のための一部改変は、記事の意図を大幅に変えなければ可能とします。

メールの内容・取り扱い

メールはご意見・ご指摘・ご感想・依頼・営業メールのみ受けつけますので、あらかじめご了承ください(当サイトを利用した宣伝・委託行為はお断りいたします)。

下記の『禁止行為』のとおり、メール内容に当管理者や他者へのヘイト行為といった、誹謗中傷が見られた場合、返信を控えさせていただくほか、悪質と判断した場合は法的処置をとる場合があります。

禁止行為

以下の行為が見られた場合は、法的処置などといったしかるべき対応をとらせていただく場合があります。

二次利用・加工・改変行為の禁止
本サイト内の画像・イラスト・文章・ブログレイアウトデザインなどの悪意ある二次利用・加工・改変行為や、信用毀損・反社会的・社会通念上問題のある目的での利用。

二次利用・加工・改変行為の例外
シェアや引用(転載)のルール遵守など、社会通念上問題がないケースや、または要約のための文章改変・紹介や参考、プレビュー画像としてのスクリーンショット撮影・トリミング(切り取り)しただけの場合は例外として扱う。

安易な拡散行為の禁止
特定のキーワードや単語に反応し、記事を読まないままの安易な拡散行為の禁止(誤った解釈のみならず、〈自他問わず〉いわれなき風評被害や誹謗中傷につながる恐れがあるため)。

誹謗中傷行為の禁止
当サイト・他者・企業などを誹謗中傷する目的での引用行為。また、当管理者あてのメールやSNSのメッセージ・コメントなどにおいても、意見・指摘ではなく誹謗中傷目的のもの。当管理者や他者の人格・風評を著しくおとしめる行為。

著作権

当サイトは著作権の侵害を目的とするものではありません。スクリーンショットや二次創作物の知的所有権はそれぞれの著作者・団体に帰属しており、各利用規約を確認した上で掲載しています。

有料二次創作に関しては、権利元の創作ガイドラインを厳守するように努めていますが、問題があれば当サイトのお問い合わせよりご報告ください。

オリジナル作品や当サイトのレイアウトデザイン・掲載文章の著作物は当管理者が有しており、『禁止行為』のとおり、シェア・引用(転載)のルールが守られていないもの、悪意ある二次利用・改変行為を禁止します。

トラブル

当サイト記事のシェアなどが要因で発生したトラブルなどについては、一切の責任を負いかねます。あくまでも参考・一意見として扱ってください。

また、直接ご意見・ご指摘を希望される場合は、当サイトのお問い合わせからご連絡願います。

リンクについて

当サイトはリンクフリーですが、バナー画像以外の画像直リンク行為や、インラインフレーム表示は固くお断りいたします。

制定日:2017/2/24
改定日:2022/3/3

シェア・引用をされる前にご一読ください(内容に同意したものとみなします)

  • 赤竹ただきち
  • 赤竹ただきち  Tadakichi Akatake

評論ができる人と評論家気取りの違いは、対比するとよくわかるよ。

評論できる人は論理的で言葉を選ぶ。評論家気取りは感情的で言葉を選べない。

評論できる人は正しい批判ができる。評論家気取りは文句や悪口を批判だと思っている。

評論できる人はリテラシーが高い。評論家気取りはリテラシーが低い。

評論できる人は意見される覚悟がある。評論家気取りは意見されると逆上する。

評論できる人は思いやりがある。評論家気取りはただの自己満足。

評論できる人は実生活でもはっきりと意見を言える。評論家気取りはネット・SNSの世界でしか主張しない。

自分のいる会社はちゃんと評論ができて、自分の意見を持っていないと働けないから、本当にいい訓練になる。

イラストレーター・ライター・フロントエンドエンジニア・WEBデザイナーの京都生まれなウサギ好き。性別問わず好きなタイプは「反省から学ぶ能動的な人」。物事を定義づけし、見解を交えてわかりやすく解説するのが得意なため、各所でご好評の声を頂いております。

ご依頼・お問い合わせ

内容・ジャンルをタグで探す

ATARIAVGNElite Beat AgentsGソニックMacMacintoshMADWORLDMGRMGSMGS4MGSPWMGSVmoonR-15WordPressあつまれどうぶつの森お役立ちきみのためなら死ねるくすぐりとびだせどうぶつの森どうぶつの森どうぶつの森 ポケットキャンプアイドルマスターアイドルマスターシンデレラガールズアズレンアズールレーンオリジナルキズナアイグロゲームコロコロアニキコロッケ!ゴッドオブウォーサイバーモーフサウスパークスカイウォードソードスターウォーズスマブラSPスーパーマリオ64スーパーマリオギャラクシースーパーマリオサンシャインゼルダの伝説ソウルキャリバーソニックソニックXソニックと暗黒の騎士ソニックアドベンチャーソニックオリジンズソニックカラーズソニックジェネレーションズソニックトゥーンソニックヒーローズソニックフォースソニックフロンティアソニックブームソニックロストワールドソーシャルゲームチームソニックレーシングテッドバンジョーとカズーイの大冒険バーチャルYouTuberパンチアウト!!ピカブイピクミン3ホロライブポケットモンスターポケモンポケモンBW2ポケモンXYポケモンマスターズポケモンレジェンズポケモン剣盾ポーズマニアックスマックスアナーキーマリオマリオ&ソニックマンガミニ四駆ムジュラの仮面メタルギアメタルギアライジングヤンこれヤンデレヤンデレーンリョナリングフィットアドベンチャー創作名探偵ピカチュウ喧嘩番長喧嘩番長6大乱闘スマッシュブラザーズ押忍!闘え!応援団新ソニ星のカービィ映画模写死.tv海外アニメ爆走兄弟レッツ&ゴー!!百合考察艦これ艦隊これくしょん色彩検定解説超速グランプリ遊戯王遊戯王ARC-V遊戯王SEVENS遊戯王ゴーラッシュ!!雑記風のタクト魁!!クロマティ高校
  • お問い合わせ
  • #R-15

    R-15

ENTRIES

RANKINGS

PICK UPS

PATRON

COMMISSION