R-15
レビュー, 版権絵

爆走兄弟レッツ&ゴー!!,リターンレーサーズ,ミニ四駆,コロコロアニキ,リディア・アスティア,サラ

リターンレーサーズに登場したサラはリスベット・サランデル(映画『ドラゴン・タトゥーの女』に登場したエモファッションの女性ハッカー)とデボラ・ハリー(ロックバンド『ブロンディ』の女性ボーカリスト)氏がモチーフらしいので、絵もそのようなイメージで。作者いわくメンヘラらしいけど。

コロナ禍(か)のステイホーム(外出自粛)のせいか、『ミニ四駆 超速グランプリ』の監修作業のせいか、結局4ヶ月間隔の発行に戻りましたねコロコロアニキ。今季号の作者コメントには、先生たちのステイホーム生活について言及しているものがいくつかありました。

  • 普段と変わりなく仕事。でもジムのプールが使えないのが少し残念(ひかわ博一先生:『デデププ』)
  • 村田基氏の魚種格闘技戦を観ていた(てしろぎたかし先生:『グランダー武蔵』)
  • 「マンガ家は引きこもりに強い」と思っていたら、体に不調をきたして見えないストレスに困った(樫本学ヴ先生:『コロッケ!』)
  • Netflixで海外ドラマばかり観ていた(青木たかお先生:『ベイブレード』)

『マツイくん』の河合じゅんじ先生は「元気を出して、少しずつ前に進もうではありませんか」と意味深なコメントで、『でんぢゃらすリーマン』の曽山一寿先生は「リモート飲み会の話を描いたけど、実際にリモート飲み会できる友達がいない」には少し同情を隠せない……(笑)

なお付録のドラえもんケースはマスクのストック入れになりました。

以下、ネタバレ注意!

以下の内容にはネタバレが含まれています。



『ポケットモンスター アニキ編』感想

今回は3本立てで、その最初に掲載された「ピッピがサメハダーをウオピーして持ち帰り、レッドはピッピたちがサメハダーを料理にして食べようとしていると勘違いした話」は、無印アニメポケモン(アニポケ)の遭難したサトシたちがコイキングを食べようとした話を思い出したのは、多分自分の他にもいそうではある。

結局サメハダーを調理に使うのではなく、その鮫肌ですりおろし器のように野菜をおろしたかったオチでしたが。

過去にポケモンセンター公式が「アニポケ世界でポケモンの肉は出るのか?」って質問に、「アニポケ世界は我々とは違う星の物語で、野菜や果物、乳製品や穀物類しか食べない」と答えた話もありましたっけ。しかしゲーム本編では図鑑の解説でポケモン同士で弱肉強食の世界は成立しているし、ポケモンを味見した人やヤドンのしっぽ肉料理の記載があるだけでなく、『剣盾』に至っては実際にソーセージが出てきた有様。

新アニポケでもソーセージ料理が出てくるので、ヤドンのしっぽ肉を原料としているのかと思いきや、ゴウがヤドンの島の話で「おいしいのかな?」と言っているから結局謎ですね。多分あれはソイミート(大豆肉)なんでしょう。

『コロコロ創刊伝説』感想

コロナ禍の外出自粛の影響でコロコロ編集部はステイホーム(当時)らしく、もちろん取材もできないせいか、のむらしんぼ先生の全盛期の話でした。

ハゲ丸くん絶好調のときは印税もろもろで、年収6000万という莫大な利益を得ていたのに、今では借金地獄で読者にコミックス買ってくれと懇願(こんがん)するほどに転落してしまったのは笑えない……けど、それでもくじけずにマンガ描いたりバイオの新作をやったりで楽しんでいるのは、したたかというかたくましいですよね。

話は先生からずれますが、マンガ家や作家、ユーチューバーなどの代名詞として「好きを仕事にする」って言葉があります。あれは逆に言えば「例え過重労働でもブラックでも会社宿泊でも、好きの感情で乗り切れるか?」って意味とほぼ同じなんですよね。金銭欲を出さず慎ましく調整すれば、ゆとりある生活も出来るでしょうが、知り合いや友人で好きを仕事にした人のほとんどは、愚痴か多忙自慢ばかりです。

ヒカキン氏も自分で自分をブラック企業にしていますし、ご縁で話をしたことがあった某マンガ家さんも、忙しすぎてうつ病を患った時期があったそうです。好きを仕事にするって、一般職よりも自己管理が出来ていないとあっという間に潰れてしまうことを肝に銘じたいものです。

全盛期は寝る間もないほど超多忙だったであろうに、それでもマンガを描き続けるのむらしんぼ先生は、好きを仕事にした好例でしょう。

『40代漫画家、原稿料は5万…副業のユーチューバーでの月収20万!!(ピョコタンマンガ)』感想

最近もっぱら楽しみになったピョコタン先生のマンガで、今回は「サブアカウント(サブチャンネル)の意味と必要性」の話でした。「サブチャンネルなんて、どうして管理もメンドくさそうなのをわざわざする必要があるのだろう?」って思っていただけに、今回のマンガでサブチャンネルの有意義性が分かりました。

  • 特定のジャンルに絞ったピンポイントなチャンネルで、そのジャンルに沿ったCMが流れると、広告収入が2倍以上になることがある。
  • ジャンルを絞れば閲覧者もそのジャンルに精通した人が集まりやすいので、企業案件を受けやすくなる(広告以外の収入が得られる)。

これはスゴいなぁと考えさせられますね。もし絵描きアカウントのチャンネルを作る場合、「絵描き動画チャンネル」よりも「特定のニッチジャンル(ミリタリー・生物群など)に特化した絵描きチャンネル」を作るのが益になる形になりますね。

ツイッターのサブアカウント(サブ垢)も似たようなことが言えるかもしれません。荒らしや誹謗(ひぼう)中傷目的のサブアカウント(使い捨てアカウント:捨て垢)は論外ですが。

『爆走兄弟レッツ&ゴー!! リターンレーサーズ』感想

男性恐怖症のドS系リディアの次は、メンヘラバイク乗りのサラとは……作者の趣味が全開なのか「今のアニキ読者はこんなキャラクターが好きなんだろ?」と媚(こ)びているのか。話の内容はともかく、確かにキャラクターの性格的な意味では実際嫌いじゃない。

バイクの描写など、乗り物やミニ四駆の描写は変わらず愛を感じて見ごたえがあるものの、陽人とのバトル以降は「リターンレーサーズは誰向けで、一体どこへ向かおうというのか……」という展開が多いですね。今のリターンレーサーズはもっぱら、そのメカニカル描写が目当てになってる感が強い。

アニキ連載初期の純粋で熱いバトルを見たいものの、もう『ネクストレーサーズ』は王道系で、『リターンレーサーズ』は趣味全開系で行く方向性なんだろうなぁと。コロコロアニキの過去レビューでその旨を自分は言っていたし、それを思わせる節は過去話で幾度もありましたが、今季号の掲載分を見てほぼ確信に満ちた何かを感じました。

なお時系列的には、既にリョウはライジングトリガーを持っているはず。だから愛機コレクションとしてトライダガーWX(ワイルドエックス)を快(こころよ)く貸してもらえたのでしょうね。ホワイトスペシャルは割とキット化しそうだし、現にライジングトリガーのホワイトバージョンはあるので、それのセルフオマージュかもしれません。今回チイコは空気。


支援サイトに原寸絵を上げました(無料記事・要無料会員登録)。



自分もそうだったけど、「優しいいい人」「親切な人」になる(演じる)のは、「不幸になるから絶対やめておけ」と経験者は定期的に語る。

犯罪肯定や困っている人は見捨てろ……という意味ではなく、優しさを見せれば、「頼っても構っても甘えてもいい人」みたいに、過剰干渉や粘着、付きまとう人間が一定数いて、情緒不安定や発達障害系、孤立中高年、認知症の人がほとんど。

色々要求ふっかけられ、断ると嫌味や逆ギレされる「悪意のないタチの悪さ」には幾多も遭遇したから、ジーザスやブッダ並の鋼の心を持つ聖人でなければ、いい人ぶるのは精神すり減って不幸にしかならない。

絵描き・物書き・Webデザイナー・HTML/CSSコーダーの京都生まれなウサギ好き。「ネチケット(ネットマナー)やネット・情報リテラシーの扱い」「批判と批難(非難)の混同・誤用」には少々シビアで、性別問わず好きなタイプは「反省と改善の努力を惜しまない人」。長文や理論を分析し、簡潔に分かりやすくまとめるのが得意なため、リアル・ネットを問わず、各所からご好評をいただいております。