R-15
レビュー



ローグ・ワン スターウォーズストーリー』を数週間前に友人達と観に行ってたけど、都合でレビューをつい書き忘れ。しかし面白い映画で書かずじまいなのはもったいないので、一応書いておきます。

ストーリーとか作品解説は、まあ他のサイト様でレビューと共にたくさん書かれていますから、要所要所だけの簡単な感想書きです。

ちなみに今作でもキーワードとなったデススターですが、もし地球換算で資材を集めると……という面白い内容が、写真の新聞記事や以下のネット記事に取り上げられていたので、リンクを貼っておきます。

そういえば、ホワイトハウスに市民がデススターを作って欲しいという嘆願(たんがん)書が提出された事もありましたよね。この記事を見て思い出しました。



マジレスすれば帝国軍の権力を振りかざして資源惑星丸々を素材に転用し、建造したんでしょうけれど、こういった考察記事も面白いですよね。

以下、ネタバレ注意!

以下の内容にはネタバレが含まれています。



『ローグ・ワン スターウォーズストーリー』感想


エピソード4開始の数十分前までを描いた作品

ローグ・ワンはエピソード4の冒頭のモノローグで語られていた、反乱軍が帝国軍からデススターの設計図をどうやって奪取したのか、何故デススターに致命的な弱点があったのか、エピソード4序盤でどうやって反乱軍の船にダースベイダーが乗り込んだのか……といった疑問や経緯がしっかり描かれています。

この映画を観ると、またエピソード4を観たくなりますね。というか、新たな視点がつむがれた事でさらにエピソード4が楽しめます。


「新たなる希望」はまさに彼女達(ローグ・ワン部隊)だった

物語終盤、まあぶっちゃけて言えばメインの登場人物(主人公含め)は全員戦死し、それと引き換えにデススターの設計図という「新たなる希望」をレイア姫に託す事になります。

エピソード4鑑賞済ならこの辺りでものすごく感動しますが、逆に未視聴だと悲劇、(全員死亡という意味で)バットエンドに映るかもですね。


『フォースの覚醒』と同様

こういったスピンオフ系は、技術革新による映像の差や矛盾点が出て、これらをパワレルワールドだとか、新訳版……みたいな感じで整合性を図りがちですが、この映画にはそういった違和感が皆無です。お化粧直しという意味では旧三部作の特別編だと常套(じょうとう)手段ですがここではご割愛(かつあい)。

設計図データもフォースの覚醒と同様に、当時の映像技術がそのまま使われていますし、監修者がいなかった事を、腰が悪かったから動きがもっさりしているというルーカス監督の見苦しい言い分だった、ダースベイダーの殺陣(たて)が洗練されていない部分もしっかり(?)再現されています。


シリーズの恒例部分やお約束

この映画って、スターウォーズでおなじみな冒頭の説明が一切なく、各惑星に説明テロップが書かれています。この辺りは往年ファンの間でも賛否両論のよう。

しかし「嫌な予感がする」というセリフが登場するなど、シリーズのお約束ももちろん登場します。


登場キャラクターについて

ここも賛否両論部分ですね。キャラクターは個性的で、特に元帝国軍ドロイドのK-2SOは良いキャラしてましたが、個人的に人間関係における情の流れが浅く感じました。敵対・嫌悪していた相手に仲間意識が芽生えるまでの経緯があっさりしていたというか……

とはいえ、終盤の破壊工作~設計図奪取はとても見入りましたね。なんだかんだ言って、ローグ・ワン部隊が全員死亡したのは悲しかった。

それから気づかなかったのですけれど、ターキン総督ってCG出演だったんですねぇ……厳密には顔だけCG加工したそうですが。

調べると似た顔の役者さん(ガイ・ヘンリー氏)の顔をデジタル加工で丁寧にターキン総督(故ピーター・カッシング氏)の顔に仕上げていったのだとか。ちなみにラストで一瞬登場したレイア姫にも同じ技術が使われたそうです。

周知の通り、レイア姫役のキャリー・フィッシャー氏はお亡くなりになりましたから、エピソード9にはその技術が使われるかも……と思いきや、公式の見解ではキャリー氏に敬意を表しているため、エピソード9のCG出演はない可能性が高いそうです(エピソード8は撮影済なので大丈夫との事)。


パンフレットについて

個人的に嬉しかったのが、フォースの覚醒のパンフでは小さい写真でしかなかったスターキラー基地が、1ページ丸々掲載されていた事と、デススターの図解が観れた事ですね。個人的に今回のパンフには満足しています。


総評

もしスターウォーズを時系列順に追って観始めるなら、最初に観るべき作品だと思います。

故にシリーズ未鑑賞でも楽しめますが、エピソード4を鑑賞前に見た方が圧倒的に没入感が違う内容です。キャラクターの人間関係の変化にあっさり感は否めなかったものの、ラストの数十分は本当に感動しました。

DL同人は8/31まで販売します。欲しい方はお早めにどうぞ(まあいつかは再販の機会を設ける可能性も無くはないですが…)。

絵を描いてHTML・CSSコーティング、文章書きまで幅広くやれる京都生まれのウサギ好き。ネチケット(ネットマナー)やネット(情報)リテラシー、批判と批難の違いにはちょこっとシビア。