ENTRY
スターウォーズ

ローグ・ワン スターウォーズストーリー』を都合でレビューをつい書き忘れ。しかし面白い映画で書かずじまいなのはもったいないので、一応書いておきます。

ストーリーとか作品解説は、まあほかのサイト様でレビューと共にたくさん書かれていますから、要所要所だけの簡単な感想書きです。

ローグ・ワン スターウォーズストーリー|ディズニー

ちなみに今作でもキーワードとなったデススターで、もし地球換算で資材を集めると……という内容が写真の新聞記事や、以下のネット記事に取り上げられていたので、リンクを貼っておきます。

そういえば、ホワイトハウスに市民がデススターを作って欲しいという嘆願(たんがん)書が提出されたこともありましたよね。

【壊す前によく考えて!】デススターの破壊で失われた金と犠牲者を計上してみた|oriver.style

帝国軍の権力を振りかざして資源惑星丸々を素材に転用し、建造したんでしょうけれど、こういった考察記事も面白いです。

ネタバレ注意 この記事にはネタバレが含まれています

エピソード4開始の数十分前までを描いた作品

ローグ・ワンはエピソード4の冒頭のモノローグで語られていた、

  • 「反乱軍が帝国軍からデススターの設計図をどうやって奪取したのか」
  • 「なぜデススターに致命的な弱点があったのか」
  • 「エピソード4序盤で反乱軍の船にダースベイダーがどう乗り込んだのか」

……といった疑問・経緯が描かれています。

この映画を観ると、またエピソード4を観たくなりますね。というか、新たな視点がつむがれたことでさらにエピソード4が楽しめます。

「新たなる希望」はまさに彼女たち(ローグ・ワン部隊)だった

物語終盤、言ってしまえばメインの登場人物(主人公含め)は全員戦死し、それと引き換えにデススターの設計図という「新たなる希望」をレイア姫に託すことになります。

エピソード4鑑賞済ならこのあたりでものすごく感動しますが、逆に未視聴だと悲劇、(全員死亡という意味で)バットエンドに映るかもですね。

『フォースの覚醒』と同様

こういったスピンオフ系は、技術革新による映像の差や矛盾点が出て、これらをパワレルワールドだとか、新訳版……みたいな感じで整合性を図りがちですが、この映画にはそういった違和感が皆無です。

お化粧直しという意味では旧三部作の特別編だと常套(じょうとう)手段ですがここではご割愛(かつあい)。

設計図データもフォースの覚醒と同様に、当時の映像技術がそのまま使われていますし、監修者がいなかったことを、腰が悪かったから動きがもっさりしているというルーカス監督の見苦しい主張だった、ダースベイダーの殺陣(たて)が洗練されていない部分もしっかり(?)再現されています。

シリーズの恒例部分やお約束

この映画って、スターウォーズでおなじみな冒頭の説明が一切なく、各惑星に説明テロップが書かれています。このあたりは往年ファンの間でも賛否両論のよう。

しかし「嫌な予感がする」というセリフが登場するなど、シリーズのお約束ももちろん登場します。

登場キャラクターについて

登場人物は個性的で、特に元帝国軍ドロイドのK-2SOはいいキャラクターでしたが、個人的に人間関係における情の流れが浅く感じました。敵対・嫌悪していた相手に仲間意識が芽生えるまでの経緯があっさりしていたというか……

とはいえ、終盤の破壊工作~設計図奪取はとても見入りましたね。なんだかんだ言って、ローグ・ワン部隊が全員死亡したのは悲しかった。

それから気づかなかったのですけれど、ターキン総督ってCG出演だったんですね……厳密には顔だけCG加工したそうですが。

調べると似た顔の役者さん(ガイ・ヘンリー氏)の顔をデジタル加工で丁寧にターキン総督(故ピーター・カッシング氏)の顔に仕上げていったのだとか。ちなみにラストで一瞬登場したレイア姫にも同じ技術が使われたそうです。

周知のとおり、レイア姫役のキャリー・フィッシャー氏はお亡くなりになりましたから、エピソード9にはその技術が使われるかも……と思いきや、公式の見解ではキャリー氏に敬意を表しているため、エピソード9のCG出演はない可能性が高いそうです(エピソード8は撮影済なので大丈夫とのこと)。

パンフレットについて

個人的に嬉しかったのが、フォースの覚醒のパンフでは小さい写真でしかなかったスターキラー基地が、1ページ丸々掲載されていたことと、デススターの図解が観られたことですね。個人的に今回のパンフには満足しています。

総評 :最高のスピンオフ作品

もしスターウォーズを時系列順に追って観始めるなら、最初に観るべき作品だと思います。

ゆえにシリーズ未鑑賞でも楽しめますが、エピソード4を鑑賞前に見たほうが圧倒的に没入感が違う内容です。キャラクターの人間関係の変化にあっさり感は否めなかったものの、ラストの数十分は本当に感動しました。

当サイトはみなさまのご支援で、広告なしの実現やコンテンツ維持を行っています。当サイトの情報がお役に立てたり、気に入った作品がもしございましたら、支援のご一考・ご協力のほど、お願いいたします。

https://umakose.com/review/170201-1/

クリック・タップで記事URLをコピーできます

プライバシーポリシー
個人情報保護

当サイトや赤竹ただきち(以下、当管理者)宛に送られたメールの内容や差出人、アクセス解析で得た個人情報などは、差出人・閲覧者当人の承諾がない限り、当サイト内やほかのサービスで公開することはいたしません。

絵や記事のシェア

当サイトの絵や記事をシェアされる場合、個人サイト・ブログ・サービス・SNSなどを問わず、URLなどを記載して、出典元を明記ください。明記していただければ、ご自由にシェアしていただいて構いません。

ただし、記事の場合は下記の『禁止行為』のとおり、記事を読まない、特定のワードに反応したようなシェア行為はお断りいたします。

記事の引用(転載)ルール

記事内の文章を引用(転載)される場合、URL元を明記した上で引用要素(blockquote)内に記載してください。掲示板やSNSの場合は、文頭に「>」などをつけ、オリジナルコンテンツ(コピーコンテンツ)ではないことを明確にしてください。

要約のための一部改変は、記事の意図を大幅に変えなければ可能とします。

メールの内容・取り扱い

メールはご意見・ご指摘・ご感想・営業メールのみ受けつけますので、あらかじめご了承ください(当サイトを利用した宣伝・委託行為はお断りいたします)。

下記の『禁止行為』のとおり、メール内容に当管理者や他者へのヘイト行為といった、誹謗中傷が見られた場合、返信を控えさせていただくほか、悪質と判断した場合は法的処置をとる場合があります。

禁止行為

以下の行為が見られた場合は、法的処置などといったしかるべき対応をとらせていただく場合があります。

二次利用・加工・改変行為の禁止】本サイト内の画像・イラスト・文章・ブログレイアウトデザインなどの悪意ある二次利用・加工・改変行為や、信用毀損・反社会的・社会通念上問題のある目的での利用。

二次利用・加工・改変行為の例外】シェアや引用(転載)のルール遵守など、社会通念上問題がないケースや、または要約のための文章改変・紹介や参考、プレビュー画像としてのスクリーンショット撮影・トリミング(切り取り)しただけの場合は例外として扱う。

安易な拡散行為の禁止】特定のキーワードや単語に反応し、記事を読まないままの安易な拡散行為の禁止(誤った解釈のみならず、〈自他問わず〉いわれなき風評被害や誹謗中傷につながる恐れがあるため)。

誹謗中傷行為の禁止】当サイト・他者・企業などを誹謗中傷する目的での引用行為。また、当管理者あてのメールやSNSのメッセージ・コメントなどにおいても、意見・指摘ではなく誹謗中傷目的のもの。当管理者や他者の人格・風評を著しくおとしめる行為。

著作権

当サイトは著作権の侵害を目的とするものではありません。スクリーンショットや二次創作物の知的所有権はそれぞれの著作者・団体に帰属しており、各利用規約を確認した上で掲載しています。

有料二次創作に関しては、権利元の創作ガイドラインを厳守するように努めていますが、問題があれば当サイトのお問い合わせよりご報告ください。

オリジナル作品や当サイトのレイアウトデザイン・掲載文章の著作物は当管理者が有しており、『禁止行為』のとおり、シェア・引用(転載)のルールが守られていないもの、悪意ある二次利用・改変行為を禁止します。

トラブル

当サイト記事のシェアなどが要因で発生したトラブルなどについては、一切の責任を負いかねます。あくまでも参考・一意見として扱ってください。

また、直接ご意見・ご指摘を希望される場合は、当サイトのお問い合わせからご連絡願います。

リンクについて

当サイトはリンクフリーですが、バナー画像以外の画像直リンク行為や、インラインフレーム表示は固くお断りいたします。

制定日:2017/2/24
改定日:2021/11/07

シェア・引用をされる前にご一読ください(内容に同意したものとみなします)

ENTRIES

記事一覧

RANKINGS

PICK UPS

  • ¥0〜R-12
  • ¥200〜R-15
  • ¥400〜R-15+
  • ¥1,000限定記事

*各支援サイトの内容はほとんど同一です。重複支援にご注意ください。期間限定公開絵はFanboxでは有料アーカイブ化、FANBOXでは掲載期間終了後に削除いたします。

*ご依頼・リクエストには会員登録(無料)が必要です。

詳しくはこちら