ENTRY
雑記
ご依頼・お問い合わせ
雑記

吹き荒れる”嫌煙”ブーム……なかでも「歩きたばこ」に非難囂々?(リンク切れ)|excite社会

自転車通学時代、タバコを吸いながら自転車に乗った人のこぼした灰が、鼻と口に入って危うく転倒しかけたことはあるものの、さすがにマナーを守る喫煙者まで閉め出す嫌煙(けんえん)家の考えには賛同しかねます。この双方の問題について、以下から述べていきましょう。

一個人の意見です ほかの様々な意見も取り入れてください

極端な喫煙家・嫌煙家は迷惑にしかならない

自分はタバコを吸ったことがない非喫煙者ですし、歩きタバコをする人に正直いい思いはしていません。

ただ、マナーを守らない喫煙家のみならず、ヒステリックに排外(はいがい)主義に走る嫌煙家も両方極端なんですよね。他人に配慮せず歩きタバコをするのはもってのほかですし、あることないことかき集めたデータで、マナーを守る人にまで誹謗(ひぼう)中傷し、自己正当化する行為も非常に身勝手。

ネット・SNSの論調と同じく、意見の二極化は確証バイアス(自分の都合のいい意見ばかり収集する)に陥りやすい問題思考ですから、こういった話題だからこそ、実際に相手の顔を見て議論・討論を行なうべきでしょう。

失明問題の根拠は都市伝説

失明の件は1994年の千葉での事例が根拠になっているらしく、実際には不幸中の幸いで失明には至っていないそうです(この事故が原因で路上喫煙禁止条例が制定されたとのこと)。 この千葉の件は病院に搬送されたほどですから、失明へと話が広がったのではないでしょうか?

それに冷静に考えれば、失明まで至ったのなら、今よりももっと前から厳しい歩きタバコの罰則が制定されているはず。その失明した当人がテレビ出演やメディアへ大々的に登場している可能性が高いはずなのに、議題の中では、少なくともそんな話は聞いたことないですからね。

失明の件は都市伝説でほぼ間違いないでしょうが、そこまでいかなくても、

  • 歩きタバコの灰で危うく火傷をしかける
  • タバコの火で服が焦げる
  • タバコのポイ捨てでボヤ騒ぎ(最悪の場合は死亡事故)
  • (自分のケースのように)灰が鼻と口に入って事故になりかける

これらは実際にあることですから、歩きタバコは迷惑行為であることに変わりありません。しかし真偽不明な都市伝説を根拠に、マナーを守る喫煙者全員をバッシングする行為は、ただの「俺が気に入らないから」と義憤(ぎふん)に燃えているだけでしかありません。

タバコの火の危険性|タバコ税研究会

歩きタバコ派・嫌煙家の心理分析

歩きタバコをする人や嫌煙家の双方について、簡単に心理分析するならば、

歩きタバコをする喫煙家の場合

せっかちなのか思いやりがないか、それとも「自分がよければそれでいい」と、自己愛が強い傾向なのかもしれません。相手のことを考える能力も乏しいことから、普段からそういった行動ができないから、職場でも孤立しやすく、あまり信頼されていないでしょうね。

要は、「自分ことばかりを考える、思いやりや適応力がなく、自己中心的な人である可能性が高い」という感じでしょう。

一部の中高年・高齢者が未だに女性へセクハラ的行動や言動をしたり、「お客様は神様」と称して、まるで店員を奴隷か召使いのように、高圧的に接してくるようなものです。時代の流れを理解できないんですね。

なお(全員ではありませんが)、発達・精神障害の一部には、相手への思いやり・想像力が欠如する症状があるらしく、仮にそのような人が歩きタバコをしているのであれば、説得は不可能です。

むしろ「俺に意見するとか何様」と、根に持たれてトラブルに遭(あ)わされる危険がありますから、そのような人を見かけたら距離を置くのが賢明です。

義憤に燃える嫌煙家の場合

いわゆる「正しいことをしているのだから、悪いことは叩かれて当然だ!」と思っている、正義感の強い(攻撃的な)人でしょう。ただし、その正義感は自己本位で歪んだものであり、潔癖なまでに「自分のやっていることは正義」と信じて疑いません。多分こういう人って、食品添加物や海外産も同じように毛嫌いしていそう。

考えられる人は「タバコを吸う人」と「歩きタバコをする人」は別に定義しますし、自分の都合のいいデータばかりを集めません。

言ってしまえば、「いろいろこじらせた、リテラシーが低く他人にはとにかく厳しい独善的な健康オタク」とも言えるんですよね。自分から言わせれば。

ネット・SNSにおける、「悪徳業者名を(独断で)掲載するのは正しい!」とか、「この迷惑ユーザーは〇〇だから晒すマン」などと、特定晒しを正当化する人と根底は一緒。感情コントロールができていない時点で、「同じレベルに堕ちている」んですよね。

彼らを比喩(ひゆ)して『禁煙ファシズム』という呼びかたがありますけど、むしろ『禁煙ディストピア(監視社会)』的です。なお、こういった話題で登場することがある『日本禁煙学会』は、学会ではなくプロ市民団体に近いそうですよ?

『風立ちぬ』にクレームをいれた「日本禁煙学会」は、間違ったことはしていない|ITメディアビジネスオンライン

YouTube広告『喫煙社員ゼロの時代へ』への不快感

2021年には嫌煙家の行動のひとつとして(悪い意味で)有名になった、荒島英明氏による『喫煙社員ゼロの時代へ』という著書の動画広告がありました。一時期はYouTubeで頻繁(ひんぱん)に流れたことから、記憶に残っている人もいるのではないでしょうか?

あの広告は非喫煙者の人ですらも不快感を買われてしまう内容で、Googleのサジェスト(検索予測)でも、「喫煙社員ゼロの時代へ うざい」など、ネガティブな単語がすぐ来るほどです。

自分もタバコは吸わない非喫煙者の立場ですが、彼の主張ははっきり言ってひどいですね。一応礼儀として、あの広告を最後まで観た上で言いますけど、「あれは嫌煙というよりほとんどヘイトスピーチ」です。

あの広告の何が悪いのかを言い出せばきりがないですが、

  • 主張が独善的で一方的】マナーを守る喫煙者まで「有害な存在・薬物中毒者」として扱っており、かなり差別的な扱いをしている。
  • エビデンスが弱い】「かつては喫煙したけど、喫煙ゼロを実現した客観的統計および、社員満足指数」を最低1000社ほど出さないといけないのに、そのデータとエビデンス(論拠)が非常に少ない。凄腕だけど喫煙する経営者や社員・フリーランスに対する説明もない。
  • データも古い】厚生労働省による副流煙による死者データは2010年以前の統計で、煙が充満したデスクで何十年も長時間働く環境じゃないと成立しないもの。10年前とは喫煙事情が変わっているのだから、比較なら最新データを持ち出すべき。
  • 自己統計が皆無】「〜と言われています」と、どこかのデータ発表を引用するばかりで、独自に統計をとったと思われる部分が感じられない。論文的な統計発表をするなら、ちゃんとしたエビデンスをもって自分から調査するのがスジ。
  • 道徳心に欠く】事前に回避ができる副流煙の受動喫煙者数と、回避することができない交通事故死を同じ土俵で比較する軽率さ。自説を正当化するために倫理(りんり)観が低くなっている印象を受ける。
  • そもそも論】プライベートまで介入して禁煙を強制する会社って、本当にお付き合いをしたくて、能率と生産性が高く、働きやすい環境だとは思えない。

上記を見ればわかるように、言動や行動に問題が多く、何より自説の正当化をするために理論武装をしているんですよね。見識を広めるために理論武装をするわけではありませんから、論理の抜け穴だらけになりますし、「情報と根拠があるんだからヘイトスピーチではない。事実を言って何が悪い」という姿勢が露骨に感じます。

あのような我(が)が強く極端すぎる主張は、自分のような非喫煙者でも快(こころよ)く思われないものでしょう。「私は正しい」をこじらせて客観的思考ができない自己中心的な考えなのか、嫌煙家の支持を得て書籍を売るための、炎上商法のどちらかでしょうね。あの広告は。

……話を戻し、冒頭でも述べたように、どちらにしろ両者とも本質は同じです。「自分が正しいんだ! 意見は許さない!」という主張ばかりで、自己中心的でかつ、思慮も浅くて短絡的に考え、正しい批判すらもできていないんですから。

そして注意されるとヒステリックに反応したり、ときには暴力行為を働く人がいるのも共通していますし、考えかたが違うだけで、本質は同じレベルの人間なんですね。

彼らはお互いを嫌悪しあっているものの、自分から言わせれば、「自己中心的な喫煙家も、ヒステリックな嫌煙家も両方迷惑。どっちもその大人らしからぬ思慮の浅さと、精神的な幼さを自覚して自重し、正しい批判の知識を学びなおして反省してください」って感じです。

最後に:時と場合による?

歩きタバコは迷惑行為であることは確かですし、自分も過去に大変な目に遭ったので、なおさらそう思います。ですが、嫌煙家のやりかたには賛同しませんし、重ねるように、「どちらも本質は自己中心的でごう慢であり、迷惑」です。

海外アニメ『サウスパーク』の話の中で、これらの問題につながるセリフがあります。

「タバコが嫌いなだけで、金と権力にモノをいわせてみんなに意見を押しつける。それは『ファシズム』って言うんだよごう慢デブ!」

『サウスパーク』第7シーズン13話「死ぬより怖い禁煙運動」| カイル・ブロフロフスキー

「みんなが(タバコを吸うことに)自分で責任をとらないから、ああいう(嫌煙家の)デブファシストに言われるがままになっちゃうんだよ」

『サウスパーク』第7シーズン13話「死ぬより怖い禁煙運動」| スタン・マーシュ

要はこういうことですからね。

記事では「自分の畑の中を歩きながら吸うのが楽しみなんだけど」という意見がありましたが、歩きタバコがダメなのは他人に迷惑なことと灰や火が危ないからで、人がいない田舎の広大な畑であれば、他人に迷惑は大方かかりませんし……微妙なところですね。ケースバイケース(時と場合による)でしょう。

  • 【解説】ネット私刑は必要、賛成、何が悪い…でもちょっと考えてみて?【誹謗中傷】
  • 関連記事  »
    【解説】ネット私刑は必要、賛成、何が悪い…でもちょっと考えてみて?【誹謗中傷】
  • 【考察】誹謗中傷は今後も絶対なくならない理由【心理】
  • 関連記事  »
    【考察】誹謗中傷は今後も絶対なくならない理由【心理】

当サイトはみなさまのご支援によって、広告なしの実現やコンテンツクオリティの維持を行っています。少しでも情報がお役に立てたり、気に入った作品がございましたら、ご支援を一考していただけますと幸いです。

カテゴリ: 雑記他

#  #

ENTRIES

記事一覧

RANKINGS

PICK UPS

当サイトはみなさまのご支援によって、広告なしの実現やコンテンツクオリティの維持を行っています。少しでも情報がお役に立てたり、気に入った作品がございましたら、ご支援を一考していただけますと幸いです。

  • ¥0〜R-12
  • ¥200〜R-15
  • ¥400〜R-15+
  • ¥1,000限定記事

*各支援サイトの内容はほとんど同一です。重複支援にはご注意ください。また、期間限定公開絵はFanboxでは有料アーカイブ化、FANBOXでは掲載期間終了後に削除いたします。

*依頼・リクエストには会員登録(無料)が必要です。内容の承諾にはいくつかの注意事項があります。詳細は「詳しくはこちら(ご依頼・お問い合わせ)」をご参照ください。

詳しくはこちら