R-15
雑記他




自転車通学時代、タバコを吸いながら自転車に乗った人のこぼした灰が鼻と口に入って危うく転倒しかけたことはありましたが、流石にマナーを守る喫煙者まで閉め出す嫌煙家の考えには賛同しかねます。

マナーを守らない喫煙家も、排外主義に走る嫌煙家も両方極端なんですよね。他人に配慮せず歩きタバコをするのはもっての他ですし、あること無いことかき集めたデータで、マナーを守る人にまで非難し自己正当化する、まさにファシズム行為も非常に身勝手。ネット・SNSの論調と同じく、意見の二極化は確証バイアスに陥りやすい問題思考です。

こういった話題だからこそ、実際に相手の顔を見て議論やディベートを行なうべき。

失明の件は恐らく1994年の千葉での事例が根拠になっているらしく、実際には不幸中の幸いで失明には至っていないそうです(この事故が原因で路上喫煙禁止条例が制定されたそうです)。 この千葉の件は病院に搬送されたほどですから、失明へと話が広がったのではないでしょうか?

そこまでいかなくても、危うく火傷をしかけるケース、服が焦げるケース、自分のケースのように灰が鼻と口に入ったケースと、歩きタバコは迷惑行為であることには変わりありません。しかし真偽不明な都市伝説を根拠に喫煙者全員をバッシングする行為は、重ねて言いますが、ただのファシズム行為です。

主観的な考察ですが、マナーを守らない喫煙家はせっかちなのか思いやりが無いか、それとも自己愛が強い傾向なのかもしれません。パーソナリティ障害の一部には相手への想像力が欠如する症状があるらしく、仮にそのような人が歩きタバコをしているのであれば、説得は不可能でしょう。

そして嫌煙家はいわゆる「自分は正しいことをしているのだから、これは非難されて当然だ!」と思っている、正義感の強い(≒攻撃的な)人、過去にタバコでヒドい目に遭ったのではないでしょうか(「悪徳業者名をネットに上げるのは正義!」と似た心理構造かもしれません)。こちらも想像力が欠如している場合が少なくありません。

どちらにしろ、両者とも本質は同じかもしれませんね。自分の主張ばかりで、思慮が浅く相手のことを考えていない部分は。

>自分の畑の中を歩きながら吸うのが楽しみなんだけど。

う~ん……この歩きタバコは許容されそうな気が。歩きタバコがダメなのは他人に迷惑な事と灰や火が危ないからで、人がいない田舎の広大な畑であれば他人に迷惑は大方かかりませんし……複雑ですね。しかし作物に火が連続的に引火したら……の前に気付きますか(笑)

自分もそうだったけど、「優しいいい人」「親切な人」になる(演じる)のは、「不幸になるから絶対やめておけ」と経験者は定期的に語る。

犯罪肯定や困っている人は見捨てろ……という意味ではなく、優しさを見せれば、「頼っても構っても甘えてもいい人」みたいに、過剰干渉や粘着、付きまとう人間が一定数いて、情緒不安定や発達障害系、孤立中高年、認知症の人がほとんど。

色々要求ふっかけられ、断ると嫌味や逆ギレされる「悪意のないタチの悪さ」には幾多も遭遇したから、ジーザスやブッダ並の鋼の心を持つ聖人でなければ、いい人ぶるのは精神すり減って不幸にしかならない。

絵描き・物書き・Webデザイナー・HTML/CSSコーダーの京都生まれなウサギ好き。「ネチケット(ネットマナー)やネット・情報リテラシーの扱い」「批判と批難(非難)の混同・誤用」には少々シビアで、性別問わず好きなタイプは「反省と改善の努力を惜しまない人」。長文や理論を分析し、簡潔に分かりやすくまとめるのが得意なため、リアル・ネットを問わず、各所からご好評をいただいております。