ソニック,イラスト,ソニックフロンティア,セージ,エッグマン,レビュー,sonic,sonicfrontiers,sage,eggman
ソニック,イラスト,ソニックフロンティア,セージ,エッグマン,レビュー,sonic,sonicfrontiers,sage,eggman

以下より、『ソニックフロンティア』をクリアしたレビューになります。

ソニックフロンティア|セガ

遊んでいるのはニンテンドースイッチ版とPS4版で、自分は気軽さから主にスイッチ版で遊んでいました。

そのため、使っている画像は主にスイッチ版になっていますので、ご了承ください。

また、本作のストーリーが意味不明でよくわからなかった人、クリアしてもモヤモヤしている人は、以下の記事に詳しく解説していますので、あわせてご覧ください。

ネタバレ注意 この記事にはネタバレが含まれています

第三世代ソニック

ソニック,ソニックフロンティア,レビュー,sonic,sonicfrontiers
『ワールドアドベンチャー』のようなイントロ

本作は「これからの10年を見据えた第三世代のソニック」だということで、2Dのクラシックソニック、3Dのモダンソニックに続く、新たなアプローチだとしています。

個人的な驚きは、新たなアプローチよりも、日本展開に力を入れはじめたところですね。

約10年ぶりにソニックのCMを流したり、東京ゲームショウでは巨大ブースをつくり、さまざまな企業や有名人・インフルエンサーとコラボして宣伝するなど……

海外のほうがメディア展開や物量はケタ違いであることに変わりはないとはいえ、お金をかけてでも「ソニックは日本生まれの海外コンテンツ」を変えようとしている姿勢は評価したいです。

もちろん、ゲーム会社は慈善事業ではありませんから、最近までの海外中心に注力していた展開やゲームの内容は、ビジネス的には間違った行動をしていなかったものです。

ゆえに日本展開に力を入れはじめたのは、ある意味先行投資で、2021年までは名越氏が社長だった時期はどれだけ影響があったかは不明なものの、売上を見込めない日本展開はやりにくかったかもしれませんからね。

[TGS2022]「ソニックフロンティア」制作者インタビュー。クラシック,モダンに続く第三世代ソニックに込められた思いとは|4Gamer

今回のファンは本気で猛省してほしい

その姿勢・態度は
どう思われるか考えた?

発売前は、

  • 『ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド』のパクリ
  • 『ファンタシースターオンライン(NGS)』の流用疑惑

といった不評を多々言われたものの、発売をされると手のひらを返したかのように、好意的な評価に変わった感じでしたね。

ちなみにNGSと似ているのは、同じセガ作品で同じゲームエンジンを使っているからなんですね。

ただそれよりも個人的に鼻についたのが、ソニックファンによる評価の姿勢と公式に対する態度です。

もちろん、ファン全員がしていたわけではないものの、発売前に本作のすべてを知ったような評価をし、情報解禁のたび公式ツイッターなどに文句やいちゃもんばかり書いていたのは目に余る行為です。

「好きでも嫌いでもないけど〜」など、なぜか中立を気取った人がいるのも気になった。

それを『まいじつ』のような悪評高いゴシップサイトにネタ供給をしてしまい、本作に関連するネガティブ記事が書かれてしまいましたからね。

一時期はツイッターで「ナックルズ」がトレンドになっていたときも、過去作の文句ばかりを言っているファンばかりでしたし……

発売後は熱心なファンほど日本語版の翻訳を叩いていて、担当した岸本ディレクターに心ない言葉をぶつける人がいたのも残念ですね。

感じかたは自由だとしても正しい批判をしてほしいもので、せっかく今作でソニックを初めて遊んだ人も多いのに、その好機を潰すような行為は真摯(しんし)に反省してほしいところです。

海外ファンにも問題が見られた

ただ、今回は海外ファンも似た行為をした人が発売前に割といて、2017年に発売された『フォース』がファンの満足のいく内容ではなかった経緯もあり、「本作は大丈夫?」と不安を抱く気持ち自体はわかります。

発売前までは、「(心配だから)発売を延期しろ」とかいろいろ言われていましたからね。本作も開発段階で1年ほど発売を延期したんですが……

ただ、断片的な印象・内容による作品批評もどきや、公式などに敬意の欠く内容を書くのはよくないですね。

公式に同情や擁護(ようご)しろという意味ではなく、本当にシリーズを考えている、知ってもらう機会を増やしたいのなら、そのマナーや態度の悪さを改めていただきたいものです。

ブレスオブザワイルド+ドラゴンボール+エヴァンゲリオン

話を戻し、ソニックはパロディが多いのも特徴で、過去のシリーズでも、

  • 『マリオ』
  • 『ドラゴンボール』
  • 『ゴジラ』
  • 『スターウォーズ』
  • 『ゴッドオブウォー』
  • 『仮面ライダー』

上記などといったパロディ要素が多く見られましたし、今作に関しては、

  • 『ブレスオブザワイルド』
  • 『ドラゴンボール』
  • 『エヴァンゲリオン』

これらの作品オマージュが多い印象でしたね。エヴァというより庵野秀明作品ネタのほうが近いかも。

ファミ通のインタビューでも、

「世界基準のものを作りつつ、日本のクリエイターの強みを見せ、アウトプットしたい思いがあった。日本のアニメや特撮ネタを入れていることも理由のひとつ(要約)」

『ファミ通』2022年11月24日号 74ページ

このように語っていました。

特に『ドラゴンボール』に関しては、海外ファンは「ドラゴンボールネタをソニックに使う」という二次創作が昔から盛んで大好きですから、喜びそうではあります。

ほかにも巨神のBGM移り変わりは『メタルギアライジング』、GIGANTO(ギガント)とセージの構図は『メタルギアソリッドV(MGSV)』のサヘラントロプスと第三の少年を思い出しました。

実写ソニックの要素と…

ソニック,ソニックフロンティア,レビュー,sonic,sonicfrontiers
実写ソニックのオマージュ

映画版の要素も取り入れていて、スモウ(SUMO)戦のリングを使った攻撃は映画一作目の倒しかたと似ていますし、パワーブーストの稲妻や目の表現はそのまんまです。

これは関係ないものの、走る際に粒子が飛び散るのはファンゲーム『SONIC OMENS』っぽさも感じます。海外ではその完成度の高さから有名なゲームですし、もし参考にしていたら面白いですね。

ブレスオブザワイルドに似ている?

先も述べたように、ブレスオブザワイルドにも似ているとの声は発表当初からあり、要素の部分は確かに意識しているなという感じでしたね。

とはいえ、広大なRPGのブレスオブザワイルドと、広大な遊び場フィールドの本作は内容やゲーム性が違いますので、同じだと思って購入すると、少し痛い目を見るかもしれません。

余談ながら、過去には『ロストワールド』で『ゼルダの伝説』とコラボしたステージがありましたし、発表当初はそのことを少し思い出しました。

操作キャラクターがソニックしか使えない理由

ソニック,ソニックフロンティア,レビュー,sonic,sonicfrontiers
ベクター一本釣り

今作では「ソニックと同じ気持ちで遊んでもらいたい」という意向から、使用できるキャラクターはソニックひとりだけになっています。

『新劇場版エヴァンゲリオン:Q』における、シンジと同じ気持ちになれる感覚に似ていますね。

ミニマップがなく『スカイリム』のようなコンパス形式なのも、「何も知らない場所を開拓する楽しみ」を演出するためという、開発者側の意図を感じました。

この姿勢については自分もいいと思いますし、過去に『フォース』のレビューでも述べたように、「ただ単にそのキャラクターが好きなだけという理由なら、過去作やMOD(改造データ)でやったら?」と考える人間です。

それか『ソニックスピードシミュレータ』を遊んでみたらいいんじゃないかな。

とはいえ、

  • 「エミーなら攻撃が多彩で面白そう」
  • 「テイルスでショートカットできそう」
  • 「ナックルズで登ってみたい」

と感じさせる場所が多々あり、彼らでステージを開拓する楽しみ、それぞれの独自技にも振り分けて多彩なバトル、スターフォール諸島の情緒的な独り言シーンは見てみたいですね。

クリア後のごほうび特典(2週目プレイ)やダウンロードコンテンツにすれば、さらにゲームを長く遊べて、やりこめそうな感じがしていいかもです。

追記

2023年の大型無料アップデートで、公式から操作キャラクターが増えるとアナウンスされました。

[インタビュー]「ソニックフロンティア」,総合プロデューサーの飯塚 隆氏に聞く。シリーズが“第3の進化”を遂げた背景,そして今後の展望|4Gamer

オープンワールド系のゲーム性

ソニック,ソニックフロンティア,レビュー,sonic,sonicfrontiers
画像はPS4版

本作の「オープンゾーン」は本来の定義のオープンワールドではなく、『MGSV』や『ポケモンレジェンズ アルセウス』のような、広大な箱庭作品です。

『ソニックアドベンチャー』のステージを広大にした感じよりかは、『ソニックスピードシミュレータ』をよりリッチな雰囲気で遊べるようになった感覚に近いですね。

かねてより「ソニックをオープンワールドにしてほしい」みたいな意見は国内外ともに一部あったのを、本作は(狭義的ではあるものの)実現した感じです。

なんでもかんでもオープンワールドにすればいい、「オープンワールドにすれば名作」みたいな風潮や発想は首をかしげるものの、訴求(そきゅう)力が強いのは確かで、その選択肢は結果的によかったと思います。

実際に本作をプレイした人の中には、「ソニックがオープンワールドのような雰囲気だったから買った」みたいな意見も意外と見かけました。

全体的にフィールドがアスレチックであるため、オープンワールド系にありがちな「マップのスカスカ感」をあまり感じさせず、開放すれば次の解放条件はどこにあるのかも表示してくれます。

試行錯誤をした開発スタッフ

ソニック,ソニックフロンティア,レビュー,sonic,sonicfrontiers
SQUID(スクイッド)は『ソニックと秘密のリング』のガーゴイルを思い出す

開発時は定期的にユーザーへのテストプレイを繰り返したそうで、結果、ほかのオープンワールド系作品と違って走り回れるのも楽しいため、ある意味今作でしか味わえない、唯一無二の体験です。

また、何もないところからどんどん改築して移動を便利にしていくのは、『デス・ストランディング』のようですね。マップ開放するとデジタルのグリッドが出るシーンがそれっぽい。

従来のステージクリア型形式も電脳空間として残したことで、もともとのソニックの楽しさをしっかり残しているのも好印象です。

【TGS2022】今後20年戦える「ソニック」とは。「ソニックフロンティア」開発者インタビュー|GAME Watch

今作はイアンソニック

ソニック,ソニックフロンティア,レビュー,sonic,sonicfrontiers
アメコミ版を思わせる過去作ネタ

脚本を担当しているのは、世界でも指折りの熱心なソニックオタクとして知られ、アメコミ(IDW版)の脚本も担当しているイアン・フリン氏です。

2010年の『カラーズ』から今作以前は、市場マーケティングの指針変更によるものから、ケン・ポンタック氏の脚本(ケンポンソニック)が採用されていました。

しかし今作では、

  • 「シリーズファンにも納得してくれるストーリーにする」
  • 「アメコミなど、今後のメディア展開のためにユニバースを構築する」

という意図からイアン氏が採用されています。

脚本の雰囲気・イメージ的には、

  • ケンポンソニック】コロコロコミックのような小学生に向けた脚本。
  • イアンソニック】少年ジャンプのような中高生向けの脚本。

このような感じでしょうか。

桜井政博氏も「絶対に買う」と話題になった『ソニックフロンティア』は最初は“厳しい意見だらけ”だった。 「目的地に向かうまで退屈」「なにも起こらない」「草原だけ」を解決した本作の新要素について聞いてみた|電ファミニコゲーマー

[インタビュー]「ソニックフロンティア」ストーリー担当は筋金入りのソニックマニア。“夢の仕事”だったシナリオ制作やその手法を聞いた|4Gamer

過去作設定や死を意識した描写

熱心なソニックオタクが担当し、年齢層が高い作風にしていることもあり、過去作を意識した設定、死を明確に描いている描写やキャラクターの葛藤(かっとう)、なぜソニックは自分を犠牲にしてまで仲間を助けることもあるのかなど……

これを見てもわかるように、『フロンティア』はファン向けで話が重く、シリアスな作風になっていますし、英語版だと明確に「殺された」「死んだ」という表現が使われています。

『新ソニ(ソニック・ザ・ヘッジホッグ2006)』のような気が滅入る鬱展開や、人間の愚かさを見せつけられる感じではなく、別ベクトルのシリアスさですね。

日本語版は公式サイトのカバーストーリーシリーズのように、難しい単語やカタカナ英語が多く出るのも、これまでのゲーム作品になかった異質さと雰囲気を感じます。

カオスエメラルドのルーツの物語

ソニック,ソニックフロンティア,レビュー,sonic,sonicfrontiers

イアン氏いわく、「本作は独立したストーリー」と言及していましたが、今作はカオスエメラルドがどこから来たのか、明確に明かされています。

カオスエメラルドをなぜエキドゥナ族(ナックルズ族)が持っていたのかは長らく不明であったものの、今作でこのシリーズの根幹に関わる設定をかなり踏み込んできましたね。

『ゼルダの伝説 スカイウォードソード』でマスターソード誕生の物語が描かれたときと同じワクワク感を感じました。

ここ10年のカオスエメラルドは、メガドライブ時代のようなオマケ要素・パワーアップアイテムという扱いだっただけに、ここまでフォーカスされているのは嬉しい内容です。

あと、「エキドゥナ族」って映画版独自の設定だと飯塚氏は映画版インタビューで語っていたものの、今作から用語も合わせていく感じですかね。

アドベンチャーの続編?

ソニック,ソニックフロンティア,レビュー,sonic,sonicfrontiers
確かに祖父のジェラルドはマリアびいきだった…

今作はかなりアドベンチャーの設定を中心にポンポン出てきますので、「フロンティアはアドベンチャーの続編では?」と思われている方もいるかもしれません。

しかしながら本作は、

CHECK!

初代から『チームソニックレーシング』までの、別ブランド作品を除いた全ゲーム作品の出来事が起きている世界。

このような感じで、『アドベンチャー』シリーズはもちろん『ロストワールド』の六鬼衆と戦っているし、『フォース』の量産型デスエッグロボットも登場しています。

ボイスログだと『シャドウ・ザ・ヘッジホッグ(シャドゲ)』のブラックアームズや『ライダーズ』のバビロン盗賊団、『チームソニックレージング』のドンパ王国が言及されています。

ただ、世界観だったり設定がそれぞれの作品で変わるのがソニックシリーズですから、「よく似た出来事があった」と解釈するのが自然ですね。

脚本の日本語翻訳について

ソニック,ソニックフロンティア,レビュー,sonic,sonicfrontiers
日本語版は子供向けではない言い回しが多い

脚本の翻訳は担当した岸本ディレクターいわく、日本人向けに内容を書き直されていて、本作では珍しく「ソニックが会話に英単語リアクションを入れてこない」作品でもあります。

その一方、聞き取りイベントやボイスログなどを集めても、日本語版はボイスログを除き、かなり意訳・別の内容にされているため、細かい部分でわかりにくく、チグハグな印象を受けました。

セージの表情とセリフ

たとえば、セージの表情とセリフが合致しない部分があり、

セージ
「タマシイとはなんですか」

エッグマン
「いいから命令を実行しろ」

セージとエッグマンの電脳空間でのやりとり(日本語版要約)

と返し、セージが少し笑みを見せる場面があります。

これが英語版だと、

セージ
「オーボットとキューボットは私の兄弟のようなものですか」

エッグマン
「そうなるかもしれん」

セージとエッグマンの電脳空間でのやりとり(英語版要約)

と返していて、エッグマンの反応や態度もぜんぜん違うんですね。

英語版だと笑みの意味がわかるものの、日本語版は「?」になってしまいます。

タマシイという概念を父親と慕うエッグマンに教えられ、知的探究心を感じて笑みを浮かべたとも、解釈はできなくはないですけれどね。

英語版がいい、日本語版がひどいではない

しかし誤解しないでいただきたいのは、

CHECK!

英語版はいい、日本語版はひどいではなく、どちらにも良さがある。

これが自分の認識です。

比較するとわかるとおり、英語版は「愛(Love)」の強調が多く日本人には不向きで、ナックルズやテイルスのやりとりも、日本語版のほうがトゲがない感じになっています。

何より、「ファン向けのネタが非常に多くシビア表現が多い英語版の内容を、ソニックを知らない日本人に少しでも受け入れてもらえる配慮をした」部分は評価したい点です。

日本語版の翻訳は完璧ではないですし、理解に時間がかかる点やセリフのチグハグは否めないものの、上記の配慮には理解を示しますし、全体の物語を見れば、まだ理解できる範囲のレベルです。

内容が違う、翻訳が満足しないからって、正しい批判の精神がなく担当した岸本ディレクターに心ない言葉をぶつける過激ファンはどうかと思う。

なお本作は『MGSV』で話の補足をカセットテープでしたのと似た感覚で、クリア重視で進めると、どうしても説明不足になってしまい、ストーリーは聞き取りイベントとボイスログ集めが必須です。

ストーリーや状況がわからなかった場合は解説記事がありますので、参考のひとつにしていただければ幸いです。

ラスボスだけは最高難易度でやるべき

ソニック,ソニックフロンティア,レビュー,sonic,sonicfrontiers

難易度設定はゲーム中から自由に変更できるので、ラスボスの手前では難易度スリル(最高難易度)でやることをオススメします。

というのも、今作には裏ラスボスが存在し、最高難易度にしか登場しません。

裏ラスボスと戦わなくても展開は変わらないですけど、ストーリーの根幹に関わる独白などを語ってくれますし、ラストに深みをもたせたい、ストーリーを理解するなら避けてとおれない道です。

なお裏ラスボスを倒すとエンディング曲が変わるので、ぜひやってみてください。

ニンテンドースイッチ版のグラフィックについて

スイッチ版を先にやった感じで、どんなグラフィックだったのか、処理落ちはなかったのかについてですが、スイッチ版はグラフィック・処理落ち対策・ロードをかなり頑張っているという印象です。

もちろん、他機種版と比べるとグラフィックやフレームレートは荒く低いですし、特に木や草花の描写がかなり簡略化され、砂漠のアレス島では足跡の表現もありません。

ソニック,ソニックフロンティア,レビュー,sonic,sonicfrontiers
葉っぱのグラフィックは簡略化
ソニック,ソニックフロンティア,レビュー,sonic,sonicfrontiers
電子グリッドが潰れている
ソニック,ソニックフロンティア,レビュー,sonic,sonicfrontiers
足跡がつかない

グラフィックにこだわる方は、スイッチ版の表現はかなり気になると思います。

ただ、PS3版の『ワールドアドベンチャー』にあまり遜色(そんしょく)ないぐらいのレベルで、ほかのPS4(PS5)、PCゲーム移植作品と比較しても、きれいな水準ではないかと感じました。

今作はロード時間を練習に使えることから、ロード時間にストレスを感じたことはなく、パワーブーストを使用しても処理落ちはほとんど見られませんでした。

ロードの話だと、今作は「ロード時間が長い」と言われがちなソニックゲームの弱点を逆手にとったアプローチは上手いですよね。これを新ソニでも導入していたら歴史が変わっていたかもしれない。

何より、携帯機で遊べる恩恵は大きく、PS4版よりも長く遊んでいます。

ソニック,ソニックフロンティア,レビュー,sonic,sonicfrontiers
PS4版は最初イライラするかも

ころねボイスDLCが面白い

予約特典DLCは戌神ころね(ころさん)ボイスのものを購入しまして、実際にやってみると違和感がなく面白いです(こちらが導入したのはPS4版)。

上記の動画投稿者さんも語っているように、世界観にマッチしているというわけではなく、「実況している感が出ている」がしっくり来る言いかたです。

ソニック,ソニックフロンティア,レビュー,sonic,sonicfrontiers
アイコンがかわいい

音響監督として本作を音楽を担当した大谷氏が完全監修していると、ころさん本人が語られていますから、ネタDLCではあるものの、そのクオリティは保証されています。

ただ、現状では日本語版の店舗予約特典でしか配布されていないため、ほかのころさんDLCの販売、海外の方にも使えるようにしてほしいですね。

世界観が壊れる? DLCで世界観が壊れるゲームなんていくらでもありますよ。

あと、ヨドバシカメラでころさんの宣伝ナレーションも聞きましたね。なまらずに頑張って喋っているのがちょっと微笑ましく感じました。

プレイして気になるポイント

ソニック,ソニックフロンティア,レビュー,sonic,sonicfrontiers
フグ? ハリセンボン?

ここからはネタバレありきの記述なりますのでご注意ください。

本作を遊んで気になった箇所をまとめています。

操作性が複雑

本作はその仕様上、これまでのソニックとは違ってかなりのボタンを使うゲームになっていますので、ソニックゲームをずっとやっている人ほど、操作になれるのが大変です。

まるで『ワールドアドベンチャー』の昼ソニックと夜ソニック(ウェアホッグ)の操作をごっちゃに混ぜた感じで、ホーミングアタックとジャンプが別なのも一緒ですね。

中盤までは楽しい

3面のカオス島まではよかったものの、4面のレイア島はイベント用ですぐ終わってしまい、5面のウラノス島は1面のクロノス島とあまり変わらない風景であるため、多少の肩すかし感がありました。

最初見たときは「え? こんな特徴的で色とりどりなマップが5面もあるの?」と思っていただけに、少し残念でしたね。

謎解き系に関しては最初のクロノス島が一番難しくて、ある意味歯ごたえがありました。電脳も1-2のSランクに1時間かかったほどでしたね。

じゃらんの特典雑誌でも「クロノス島(1面)とレイア島(4面)はよく勘違いされる」と書かれていて、若干自虐に感じる。

飽食気味なリメイクステージ

電脳空間のモチーフは、

  • グリーンヒル(ソニック1)
  • ケミカルプラント(ソニック2)
  • スカイサンクチュアリ(ソニック3)

この3つに加え、本作オリジナルの高速道路ステージの4つで構成され、ステージの内容も過去作オマージュ……というよりほとんど流用に近いレベルです。

しかも上記3つのステージのリメイクは『ジェネレーションズ』や『フォース』、海外限定の『レゴソニック』『ソニックフォース:スピードバトル』など、ここ10年で繰り返しやっているだけに、飽食気味です。

『ジェネレーションズ』ってもう10年前のゲームなのか……

高速道路ステージのデザインはすごく好みですから、「本作オリジナルの電脳空間」がもう少し欲しかったところで、合計4つ+オリジナルステージが少ないのは寂しいですね。現実フィールドも数に含まれる?

ファンじゃないとよくわからない

ソニック,ソニックフロンティア,レビュー,sonic,sonicfrontiers
六鬼衆はまた全員で出てほしい

アメコミ版におけるイアン氏の描くソニックは、過去作の要素をしっかり入れるため、ソニック好きからは評価されているんですね。

しかし今作でその脚本の弱点が露呈していて、「シリーズ初見・久しぶりにソニックをやった人からは少々意味がわからない内容になっている」状態になっています。

  • 「ナックルズの会話で出た画面は何?」
  • 「六鬼衆って何者?」
  • 「アークやネオメタルとは?」
  • 「ミスティックルーインやエクリプスキャノンってなんのこと?」
  • 「ステーションスクエアでテイルスは何をしたの?」

文脈の流れから内容はそれなりに察せるとはいえ、いきなり知らない単語やシーンをポンポン出されたら困惑しますよね。

釣りミニゲームでシリーズの用語解説資料も用意してあげれば、初心者にも優しいし、やりこみ要素も増えてメリットになると思います。多分日本語版と英語版で過去作ワード数が違うから出しにくいのかもだけれど……

まだ日本語版のほうが優しい

前述したように、英語版だと「ダークガイア」や「インフィニット」「エッグフリート」などの単語も出るため、日本語版はそういった意味でもまだ初心者・復帰組に優しいほうです。

なおシリーズ好きとしては、英語版エミーのセリフに大好きなクリームとスティックスの名前も出ていてちょっと嬉しかったですね。

用語解説

  • ナックルズのドット絵】ナックルズが初登場した『ソニック3』のゲーム画面。
  • 六鬼衆】『ロストワールド』における敵。リーダーがザボックで合計6人いる。
  • アーク】『アドベンチャー2』に登場したスペースコロニー。
  • エクリプスキャノン】「アーク」に搭載されている光学兵器。
  • ネオメタル】『ヒーローズ』のラスボス「ネオメタルソニック」のこと。
  • ミスティックルーイン】『アドベンチャー』で訪れる、古代遺跡が眠る密林地帯。
  • テイルスの活躍】『アドベンチャー』でテイルスは、エッグマンの脅威からステーションスクエアをひとりで救っている。
  • ダークガイア】『ワールドアドベンチャー』に登場した星のエネルギー生命体。
  • インフィニット】『フォース』における敵。ファントムルビーの使い手。
  • エッグフリート】『ヒーローズ』の後半ステージ。無数の戦艦による無敵艦隊。

オーボット・キューボットはお留守番

今作のオーボット・キューボットはWEBコミック版で登場するのみで、本作では名前だけしか登場しません。

シリアスな世界観だからコミカル担当がいないのは仕方がないものの、あの2体は個人的に好きなキャラクターなので、登場していないのは残念でしたし、セージとのやりとりもぜひ見たかったです。

釣り要素はバランスキラー

ソニック,ソニックフロンティア,レビュー,sonic,sonicfrontiers
釣りでストーリーが進む

釣り要素はゲーム進行が崩れるぐらいのバランスキラーで、ストーリーに必要な要素はスターフォールのメダル集めと釣りのミニゲームですべて解決します。電脳空間をクリアする必要もありません。

その一方で、

CHECK!

釣りミニゲームは「アクションも電脳空間も苦手」という人に向けた救済措置であり、攻略の自由度がある。

こう考えると、一概に悪いとは言えない部分があります。

あと個人的な希望として、ビッグはもっと喋ってほしかったし初回説明では口を動かしてほしかった。

理不尽なミニゲーム

アレス島でナックルズにココを届けるミニゲームは、多く運びすぎるとタワーの動きが速すぎて進行不能になり、クレーンゲームでは落下地点マーカーがないなど、親切不足な面を感じました。

高難易度版の玉入れミニゲームは加減が難しく、どうやって遠くへ飛ばせばいいのかが一切わからず、完全に手探りです。

ファストトラベルの仕様

ファストトラベル(地図ワープ)が手間なのもそうですね。

地図を出せばすぐ移動できるというわけではなく、地図を出して選択を切り替えてから選ぶという仕様のため、すぐ移動したい場合はストレスです。

スターフォールイベントではスロットが視界の邪魔になっているなど、本作はUI・UX(画面の使いやすさ)が、かゆいところに手が届かない不便さが否めませんでした。

昼夜スキップができない

オープンワールド系ゲームではほぼ実装されている昼夜が切り替わるシステムは、今作では採用されていません。

謎解きの中には夜限定の内容もあるため、昼に来た場合は待つか、どこかで時間をつぶさないといけません。

オブジェクトが急に消えたり出現する

オブジェクトが急に消えたり現れるのは『アドベンチャー』のころからままあったため、長年やっている人は「いつものこと」ですけれど、ここも気になる人は気になるポイントです。

実際にプレイするとだんだん気にならなくなりますし、それでも違和感のある人は、オプションでカメラの距離を近くにしたり、画角を狭くしてもいいかもしれません。

スピード・リング所持強化が手間

ソニック,ソニックフロンティア,レビュー,sonic,sonicfrontiers

長老ココによるスピードやリング所持の強化は仙人ココと異なり、毎回レベルを1ずつしか上げられない仕様になっています。

攻撃力・防御力と違って、一気にすると困惑するからという配慮かもしれません。しかし「どのぐらい上げるか」を選ばせる感じにしたほうがいいですね。

誤植?

ソニック,ソニックフロンティア,レビュー,sonic,sonicfrontiers

エッグマンのボイスログでテイルスを語った内容に、「アークのステーションスクエアで〜」というセリフは、「アーク『や』ステーションスクエアで〜」が正しいと思います。

アークはスペースコロニーの名称、ステーションスクエアは都市ですからね。

真ラスボスのバトル

真ラスボス戦は、まさかの惑星相手にシューティングゲームでしたね。

トレジャー作品の『斑鳩(いかるが)』のシステムで『罪と罰 地球の継承者』のラストをやっている感じがあります。難易度はあれほど難しくはない。

ハッキング画面もシューティングでしたから伏線はあったし、べつにダメだと言いたいわけではないものの、評価が分かれるバトル内容です。

だから最高難易度限定なのでしょうけれど、ほか難易度では真ラスボス戦がスキップされるため、「え? これで終わりなの?」という感覚になります。

表ラスボスである「SUPREME(スプリーム)」戦は、事前に攻撃力70レベルまで上げてしまうと、難易度スリルでも楽に倒せてしまうのも、あっさり感が強く感じる要因かもしれません。

ソニック,ソニックフロンティア,レビュー,sonic,sonicfrontiers
最強の機体なのに一番弱い

総評:シリーズに新たな方向性をもたらした作品

ソニック,ソニックフロンティア,レビュー,sonic,sonicfrontiers
モンハンコラボ衣装

操作性が不便だったり、ストーリーの見せかた、後半の密度の低さ、ミニゲームの調整の粗さなど、課題となる部分は多々見られます。

数々の調整不足や欠点はあるにしても、総合的には非常に満足で、楽しめたソニック作品でした。実際にプレイしないと、 真の面白さが伝わらないゲームです。

ついにどうするかが見つかった

ソニック,ソニックフロンティア,レビュー,sonic,sonicfrontiers
スピード調整は『カラーズ』のエッグマンシミュレータから発展
  • 「ソニックのゲームはスピードが怖い」
  • 「ソニックは知っているけどゲームはやったことがない」

これを払拭するため、『カラーズ』はカラーパワーを導入、『ロストワールド』でソニックを遅くし、『フォース』で残機廃止・ステージ短縮と「遊びやすいソニック」を模索していましたね。

アニメ版『トゥーン』は多くのノミネートや受賞実写映画はゲーム原作の歴代北米興行収入1位を獲得する一方、ゲームは『カラーズ』以降いい評価を得られず、公式が一番複雑な思いだったと思います。

しかし、今後のソニックはどのようにしていくのか、その方向性をついに見い出しただけでも、『ソニックフロンティア』は革命であり価値があります

ちなみに個人的に一番ほっこりしたプレイ実況はこちらです。

Sonic Boom (TV series)|Wikipedia

映画「ソニック・ザ・ムービー/ソニック VS ナックルズ」,全世界興行収入4億ドルを突破。ゲーム原作映画史上最高の全米興行収入記録を更新|4Gamer

初週売上は『アドベンチャー2』に迫る勢い

東京ゲームショウでは評価も高く大盛況、発売後もはじめてソニックを遊んだという人が、有名人も含めて各所から聞こえているのは、これまででは見られなかったいい流れです。

海外版の記事(ファミ通調べ)によると、日本国内における本作の初週売上は全機種合計約4.6万本。『アドベンチャー2』の初週売上に迫る勢いで、ここ20年ではトップクラスだったようです。

日本ではせいぜい1万本売れたらよかったレベルだったのに、これは第三世代ソニックのいいスタートになりました。なお、一番売れたのはスイッチ版みたいですね。

今作はダウンロードコンテンツ(DLC)にも力を入れていますし、もっと本作を快適かつ楽しめる遊びが増えると嬉しいです。海外ファンはすでにMODを大量量産しているけども。

JAPAN CHARTS: SONIC FRONTIERS BECOMES FASTEST-SELLING MAINLINE GAME IN 20 YEARS|SONIC STADIUM

当サイトはみなさまのご支援で、広告なしの実現やコンテンツ維持を行っています。情報がお役に立てたり、気に入った作品がございましたら、ご支援をお願いいたします。

https://umakose.com/review/221129-1/

クリック・タップで記事URLをコピーできます

利用規約

個人情報保護

当サイトや赤竹ただきち(以下、当管理者)宛に送られたメールの内容や差出人、アクセス解析で得た個人情報などは、差出人・閲覧者当人の承諾がない限り、当サイト内やほかのサービスで公開することはいたしません。

絵や記事のシェア

当サイトの絵や記事をシェアされる場合、個人サイト・ブログ・サービス・SNSなどを問わず、URLなどを記載して、出典元を明記ください。明記していただければ、ご自由にシェアしていただいて構いません。

ただし、記事の場合は下記の『禁止行為』のとおり、記事を読まない、特定のワードに反応したようなシェア行為はお断りいたします。

記事の引用(転載)ルール

記事内の文章を引用(転載)される場合、URL元を明記した上で引用要素(blockquote)内に記載してください。掲示板やSNSの場合は、文頭に「>」などをつけ、オリジナルコンテンツ(コピーコンテンツ)ではないことを明確にしてください。

要約のための一部改変は、記事の意図を大幅に変えなければ可能とします。

メールの内容・取り扱い

メールはご意見・ご指摘・ご感想・依頼・営業メールのみ受けつけますので、あらかじめご了承ください(当サイトを利用した宣伝・委託行為はお断りいたします)。

下記の『禁止行為』のとおり、メール内容に当管理者や他者へのヘイト行為といった、誹謗中傷が見られた場合、返信を控えさせていただくほか、悪質と判断した場合は法的処置をとる場合があります。

禁止行為

以下の行為が見られた場合は、法的処置などといったしかるべき対応をとらせていただく場合があります。

二次利用・加工・改変行為の禁止
本サイト内の画像・イラスト・文章・ブログレイアウトデザインなどの悪意ある二次利用・加工・改変行為や、信用毀損・反社会的・社会通念上問題のある目的での利用。

二次利用・加工・改変行為の例外
シェアや引用(転載)のルール遵守など、社会通念上問題がないケースや、または要約のための文章改変・紹介や参考、プレビュー画像としてのスクリーンショット撮影・トリミング(切り取り)しただけの場合は例外として扱う。

安易な拡散行為の禁止
特定のキーワードや単語に反応し、記事を読まないままの安易な拡散行為の禁止(誤った解釈のみならず、〈自他問わず〉いわれなき風評被害や誹謗中傷につながる恐れがあるため)。

誹謗中傷行為の禁止
当サイト・他者・企業などを誹謗中傷する目的での引用行為。また、当管理者あてのメールやSNSのメッセージ・コメントなどにおいても、意見・指摘ではなく誹謗中傷目的のもの。当管理者や他者の人格・風評を著しくおとしめる行為。

著作権

当サイトは著作権の侵害を目的とするものではありません。スクリーンショットや二次創作物の知的所有権はそれぞれの著作者・団体に帰属しており、各利用規約を確認した上で掲載しています。

有料二次創作に関しては、権利元の創作ガイドラインを厳守するように努めていますが、問題があれば当サイトのお問い合わせよりご報告ください。

オリジナル作品や当サイトのレイアウトデザイン・掲載文章の著作物は当管理者が有しており、『禁止行為』のとおり、シェア・引用(転載)のルールが守られていないもの、悪意ある二次利用・改変行為を禁止します。

トラブル

当サイト記事のシェアなどが要因で発生したトラブルなどについては、一切の責任を負いかねます。あくまでも参考・一意見として扱ってください。

また、直接ご意見・ご指摘を希望される場合は、当サイトのお問い合わせからご連絡願います。

リンクについて

当サイトはリンクフリーですが、バナー画像以外の画像直リンク行為や、インラインフレーム表示は固くお断りいたします。

制定日:2017/2/24
改定日:2022/3/3

シェア・引用をされる前にご一読ください(内容に同意したものとみなします)

  • 赤竹ただきち
  • 赤竹ただきち  Tadakichi Akatake

最近ちょくちょく見かけるのが、このサイトの記事を他者の攻撃や論破をする根拠として使っているケース。それは控えてほしいし、自分が正しいことを言っている保証は一切ないよ。

記事の内容に責任放棄というわけではなく、自分は聖人君主でもなんでもないので、間違っている可能性は大いにあるし、何より相手を叩くことに使うのではなく、見識を深める目的で使ってほしいなぁと。

とはいえ、記事に関心を持っていただけている自体は嬉しいんだけどね。複雑な気持ち。

イラストレーター・ライター・コーダー&WEBデザイナーの京都生まれなウサギ好き。性別問わず好きなタイプは「反省から学ぶ能動的な人」。物事を定義づけし、見解を交えてわかりやすく解説するのが得意なため、各所でご好評の声を頂いております。

ご依頼・お問い合わせ
ソニック,イラスト,ソニックフロンティア,セージ,エッグマン,レビュー,sonic,sonicfrontiers,sage,eggman

内容・ジャンルをタグで探す

ATARIAVGNElite Beat AgentsGソニックMacMacintoshMADWORLDMGRMGSMGS4MGSPWMGSVmoonR-15WordPressあつまれどうぶつの森お役立ちきみのためなら死ねるくすぐりとびだせどうぶつの森どうぶつの森どうぶつの森 ポケットキャンプアイドルマスターアイドルマスターシンデレラガールズアズレンアズールレーンオリジナルキズナアイグロケモミミゲームコロコロアニキコロッケ!ゴッドオブウォーサイバーモーフサウスパークスカイウォードソードスターウォーズスマブラSPスーパーマリオ64スーパーマリオギャラクシースーパーマリオサンシャインゼルダの伝説ソウルキャリバーソニックソニックXソニックと暗黒の騎士ソニックアドベンチャーソニックオリジンズソニックカラーズソニックジェネレーションズソニックトゥーンソニックヒーローズソニックフォースソニックフロンティアソニックブームソニックロストワールドソーシャルゲームチームソニックレーシングテッドバンジョーとカズーイの大冒険バーチャルYouTuberパンチアウト!!ピカブイピクミン3ホロライブポケットモンスターポケモンポケモンBW2ポケモンXYポケモンマスターズポケモンレジェンズポケモン剣盾ポーズマニアックスマックスアナーキーマリオマリオ&ソニックマンガミニ四駆ムジュラの仮面メスガキメタルギアメタルギアライジングヤンこれヤンデレヤンデレーンリクエストリョナリングフィットアドベンチャー創作名探偵ピカチュウ喧嘩番長喧嘩番長6大乱闘スマッシュブラザーズ押忍!闘え!応援団新ソニ星のカービィ映画模写死.tv海外アニメ爆走兄弟レッツ&ゴー!!百合考察艦これ艦隊これくしょん色彩検定解説超速グランプリ遊戯王遊戯王ARC-V遊戯王SEVENS遊戯王ゴーラッシュ!!雑記風のタクト魁!!クロマティ高校
  • お問い合わせ
  • #R-15

    R-15

ENTRIES

RANKINGS

PICK UPS

PATRON

COMMISSION