R-15
レビュー

ソニック,東京オリンピック,2020,ソーシャルゲーム,ソシャゲ

マリオ&ソニック AT 東京2020オリンピック』とはまた異なる世界線の『ソニック AT 東京2020オリンピック 』をプレイしたレビュー・感想です。

主戦場の海外ではソニックのスマホゲームは沢山あり、スマホ版『ソニックフォース』では実写ソニックのセルフコラボまでやってたり と積極的ですが、日本展開だと『ソニックランナーズ(2016年に配信終了)』以来でしょう。

ソニック AT 東京2020オリンピック

— セガ公式サイト —



リアルでは新型コロナウイルスによって1年延期にされましたからね。遊んだ限り「2020年の開催」といった表現が劇中で見られないのは元々なのか、まだ見ていないだけか、はたまた情勢を反映したのか……は開発者のみぞ知る。

ネタバレは含んでいませんがステージ1までしか遊んでいないので、そこまでの簡易的な内容になります(買い切りパック〈後述〉は購入済です)。

これは一個人の意見です

他の様々な意見・視点も取り入れてください。



※買い切り型ゲーム(無料で遊べるのは途中まで)

ソニック,東京オリンピック,2020,ソーシャルゲーム,ソシャゲ

公式サイトやストア説明文を見れば、「全てを遊ぶには一定の料金を払う必要があるゲーム」としっかり表記されています(配信前にも記載されていたのは確認済)。

言うなら『スーパーマリオラン』のような買い切りタイプのゲームで、歴代BGMを好みで別途購入可能なパックや、継続課金要素としてアイテム入手量増加パックなどがあります。しかしこちらは別に買わなくてもゲームに支障はありません。

星1レビューでこの辺りを重点的に色々叩かれていますが、重ねるように任天堂も同じ手法をやってたし、今なら半額(¥610)で全てのステージが遊べる分、射幸心を誘って有償ガチャを回させるソーシャルゲームや、¥1200のマリオランよりもよっぽど親切で良心的。『ランナーズ』のような広告まみれにならないだけマシだと思うのですが。

全て無料で遊べないとクソゲーって……ものづくりは慈善事業でもボランティアでもないし、無料に見えるビジネスモデルは大体、有志のカンパ(募金)やスポンサー・重課金者など、お金を払ってくれる協力者がいる前提によって成立する商売なのを分かっていない。

ビジネスモデルの視点で見た場合、完全無料ゲームは基本的に存在しないもの。強いて言うならそれこそ個人の制作者が、趣味で作ったかお蔵入りしたものを供養という形で、ストアに無料で出すぐらいでしょう。アプリストアの仕様上、無料体験版として出すことは出来ませんからね。

これで「消費者目線で考えろ」とか「卑しい金儲け」だと主張するのは、お客様は神様を振りかざした傲(ごう)慢でしかなく、¥1000にも満たない些細な金額ですら文句を言うのは、ただの悪質クレーマー(中には便乗した愉快犯もいるでしょうが)。

今の子供世代がマヌケな勘違いでイキリ立ってるならまだ可愛いけれど、お金の流れを理解する大人が「無料が当たり前」と言うのはどう考えてもおかしいじゃないか! まともなのは僕だけか!

歴代シリーズBGMのアレンジ

今作のBGMは歴代ソニックシリーズの曲をかなり採用しています。聞き取れた&調べた限りだと……

BGM名元曲名 / シリーズ元ネタ
メニューLet’s DASH(メニュー画面BGM) / 『ソニックダッシュ
トランポリンSky Road: Lap Music(オレンジルーフス:スカイロード) / 『チームソニックレーシング
スポーツクライミングUnknown From M.E.(ナックルズのテーマ) / 『ソニックアドベンチャー
BMXレーシングBeyond The Speed Of(草原ステージBGM) / 『ソニックランナーズ
アーチェリーHoneycomb Highway(デザートルーインズ Zone2など) / 『ソニックロストワールド
3m飛板飛込Aquarium Park: Act1(アクアリウムパーク Act1など) / 『ソニックカラーズ
フェンシングThis Is Our World(ステージセレクト画面) / 『ソニックフォース
卓球Apotos: Windmill Isle Day(アポトス:ホワイトアイランド Day) / 『ソニックワールドアドベンチャー

こう見ると、かなりシリーズ曲アレンジが多いなぁと。一部楽曲は和風アレンジだったり、テクノやロックリミックス調、まんま『ソニックフォース』や『チームソニックレージング』のBGMだったりしますけどね。

ストーリー演出とミニゲームは割と好き

ソニック,東京オリンピック,2020,ソーシャルゲーム,ソシャゲ
メッセージアプリ風(左)と縦読みマンガ風(右)でストーリーは進行

ストーリーは「エッグマンと部下(一部を除く)が東京の街を占拠したので、オリンピック競技の勝負で開放していく」という王道かつシンプルなもの。縦読み漫画風のストーリー演出は個人的に好きですね。縦読みマンガは作家の個性でバラバラ、どうすれば良いか悩みどころだから、絵描きとしては参考になります。


ソニック,東京オリンピック,2020,ソーシャルゲーム,ソシャゲ

ミニゲームも(良い意味で)オリンピックに関係ないものばかりで、スカイツリーのミニゲーム(画像右)なんて『ソニックジャンプ』そのもの。というか、ガラケーのゲームだったソニックジャンプを知っている人って、多分そうそういない気がします(自分もやったことはない)。

気になった点など

ソニック,東京オリンピック,2020,ソーシャルゲーム,ソシャゲ
「BMWレーシング」(左)と「3m飛板飛込」(右)

一番気になったのは操作性。スマホゲーなので全て指による操作になりますが、操作が凄くシビアというか、かなり操作の感度が高く、繊細な操作を求められる場面が多々あります。例えば自転車競技の「BMWレーシング(画面左)」だと、直進なら画面を指から離せば良いものの、カーブする時に加減が極端で、スムーズに曲がるには慣れが必要です。

慣れてしまえばどうということでもありませんけど、慣れるまでが大変。


ソニック,東京オリンピック,2020,ソーシャルゲーム,ソシャゲ

頻繁に白いロード画面(画像左)が挿入されるのも気になりますね。

白はデジタル画面上だと視覚的に刺激が強いので、頻繁に白一面の画面を映されると目障りに感じます。ロードを無くせは流石に非現実的とはいえ、小さなロード程度は右下などにさりげなくロードアイコンがある表現でも良かったのでは?

それから操作説明面では、タップではなく「タッチ」操作と表記されています(画像右)。タップとタッチは一緒じゃないか? と思っていましたが、

  • タップ】画面を「一瞬押す」
  • タッチ】画面を「押し続ける」


……らしく、微妙に意味が違うんですね。いっそタッチではなく「タップ(ホールド)」の方が直感的に思えます。

総評:スイッチ版よりも長く遊べるオリンピックゲーム

スイッチ版(マリオ&ソニック)にも良いところがあって悪くはなかったし、細かい絵づくりやレトロゲーム要素も楽しめました。しかしマリオ&ソニックシリーズとしてはパーティ要素・コレクション要素・キャラクターが大幅削減されたので、正直期待はずれに感じていた部分もあったんですよね。

しかし本作はボリューム・コレクション・キャラクターに加えてソニック歴代アレンジBGMも多く、まるでスイッチ版の悪いところを反省して、色々直したかのように感じます。ミニゲーム要素も多い(らしく)、単にオリンピック記念の競技ゲームとして作っていないのも好印象です。

わがままを言えば「スマホ版マリオ&ソニック」として出てほしかったのは否めませんが、ソニックのキャラクター限定にしたからこそ、スピード感がある内容、歴代アレンジBGMが多くなっているので、複雑なところ。

一番気になるのは割とシビアな操作性で、まだ慣れてしまえば遊べるレベルものの、その慣れるまでが大変。上記では触れませんでしたが、ゴリゴリに3Dを使っているだけに長く遊んでいると少しカクカクする場合は、設定でグラフィックレベルを下げる選択を考えたほうが良いかもしれませんね。

そしてレビューでは買い切り課金を反発する内容が目立つものの、「ゲームは無料が当たり前」と思い込む人達による非生産的・無価値なレビューです。任天堂も過去にやっていたし、むしろ継続的に払う課金要素がほとんど無いのは良心的かと。

無料と思わせるのが悪いという主張も、ストアの仕様ではそういったことは出来ないし、公式サイトやストア紹介文を見れば、「全ての要素を遊ぶには一定料金を支払う必要があります」とハッキリ記載されています。説明文すらも読まず「無料で全て提供しろ」は、基本無料の利益システムを勘違いした傲慢。利益を得ることを卑しいと思う思想も所詮、誤った教育の刷り込みでしかない。

面白いと思えば購入すればいいし、面白くなければお金を払わず黙ってアンイストールすればいいだけの話で、こうゆう人達はそもそもお金を払わず悪態しかつかないのだから「客」でもなければ「消費者以下」。お客様は神様をこじらせた人の説得は不毛なので、無視してOKだと思います。

ハードディスクとかファイルの中に、学生時代に描いた絵を見つけるとすごく恥ずかしくなる。よくもまあこんな下手くそな絵で満足していたなぁと。

半年前でも似たような感覚に陥るのに、10年前なんて目も当てられない。ただ今と違って、あの頃は何かに取り憑かれていたように毎日描いていたよ。

絵の技術は上がったけど、パッション(情熱)は昔の方があった。社会人として苦労と経験を重ねて色々冷めたんだろうし、当時は友人達と絵の品評会をしていたのも刺激になってたかも。今はそんな機会めったに無いからねぇ。

絵描き・物書き・Webデザイナー・HTML/CSSコーダーの京都生まれなウサギ好き。ネチケット(ネットマナー)やネット(情報)リテラシーの扱い、批判(建設的意見)と批難(感情的否定)の違いには少々シビアで、性別問わず好きなタイプは、自己反省・研鑽(けんさん)・啓発の努力を惜しまない人。長い文章や理論を分析し、簡潔に分かりやすくまとめるのが得意なため、リアル・ネットを問わず、各所からご好評をいただいております。