カテゴリ・タグを探す

ATARIAVGNElite Beat AgentsGソニックMacMacintoshMADWORLDMGRMGSMGS4MGSPWMGSVmoonR-15WordPressあつまれどうぶつの森お役立ちきみのためなら死ねるとびだせどうぶつの森どうぶつの森どうぶつの森 ポケットキャンプアイドルマスターアイドルマスターシンデレラガールズアズレンアズールレーンオリジナルキズナアイグロゲームコロコロアニキコロッケ!ゴッドオブウォーサイバーモーフサウスパークスカイウォードソードスターウォーズスマブラSPスーパーマリオ64スーパーマリオギャラクシースーパーマリオサンシャインゼルダの伝説ソウルキャリバーソニックソニックXソニックと暗黒の騎士ソニックアドベンチャーソニックカラーズソニックジェネレーションズソニックトゥーンソニックヒーローズソニックフォースソニックブームソニックロストワールドソーシャルゲームチームソニックレーシングテッドバンジョーとカズーイの大冒険バーチャルYouTuberパンチアウト!!ピカブイピクミン3ホロライブポケットモンスターポケモンポケモンBW2ポケモンXYポケモンマスターズポケモンレジェンズポケモン剣盾ポーズマニアックスマックスアナーキーマリオマリオ&ソニックマンガミニ四駆ムジュラの仮面メタルギアメタルギアライジングヤンこれヤンデレヤンデレーンリョナリングフィットアドベンチャー創作名探偵ピカチュウ喧嘩番長喧嘩番長6大乱闘スマッシュブラザーズ押忍!闘え!応援団新ソニ星のカービィ映画模写死.tv海外アニメ爆走兄弟レッツ&ゴー!!考察艦これ艦隊これくしょん色彩検定解説超速グランプリ遊戯王遊戯王ARC-V遊戯王SEVENS雑記風のタクト魁!!クロマティ高校

【レビュー】『スターウォーズ 最後のジェダイ』感想。とにかく裏切りと寝返りだらけ【スターウォーズ】

スターウォーズ,最後のジェダイ

公開から少し間が空きましたが、『スターウォーズ 最後のジェダイ』のレビューです。

後述しますが、今作を一言で表せば「逆張りだらけの裏切りだらけ」ですね。

スターウォーズ 最後のジェダイ|ディズニー

本当に全編を通して、何人もの登場人物がだましたり裏切っています。前作『フォースの覚醒』でもフィンが序盤からファーストオーダーを裏切り、カイロ・レンから「裏切り者がー!」って罵(ののし)られますが、続三部作のテーマは「裏切り」なんじゃないかと言わんばかり。

裏切り要素を取っ払ったら、今作には何も残らないんじゃないかというレベルです。

ネタバレ注意 この記事にはネタバレが含まれています

とにかく裏切り展開が多い

ポジティブに言えば、ミスリード展開が多くある種のミステリー作品のような体裁(ていさい)があるとも言えます。

まぁあれだけ裏切られる・寝返る・騙される展開が多いと食傷気味に感じるも、ルークが姿を消した理由の下りは面白く、ルークが正しいのか、カイロ・レンが真実を話しているか、レイを迷わせていたのは見入りましたね。

なお今作におけるレイの行動も、カイロ・レンのように情動やその場の状況で二転三転する展開が目立ち、ある意味似た者同士が強調されていました。

だからこそ、中盤までは彼を理解しようと手を差し伸べるようとしていたのでしょうけれど。

今作の評価は真っ二つ

もうレビューも沢山ありますから、あえてこの項目を書かせていただきますが、今作の評価は見事に分かれています。

なおこちらのブログ様の記載(リンク切れ) によれば、監督曰く脚本はかなり自由にやったそうで、ポーの性格が前作の「茶化すけど仲間思いの熱い性格」と違い、今作ではアナキンのような無鉄砲さが強調されているのもそうなんでしょうか?

今回のポーのように、前作と比較して「こいつこんな性格だっけ?」という部分も多く、後述するようにルークもかなり別人で、中の人(マーク・ハミル氏)もインタビューで本作のルークに苦言をするほど。 

その自由な脚本の方向性から、

  • 「予想を裏切る展開が多くて面白い」
  • 「過去作オマージュが多くて楽しかった」

という意見もある一方、

  • 「続編と見せかけた別作品で、スターウォーズのような何か」
  • 「ディズニー映画にありがちな展開」
  • 「スターウォーズの神話を汚してくれた」

と、中には従来ファンの悲しみにもとれる厳しい意見も見られました(まあ旧作を神格化しすぎているところもある感は否めない)。

この双方の意見どちらにも、一理あると思います。

前者のオマージュについては、旧三部作でもわずかに登場したファルコン号のサイコロ状のアクセサリーや、エピソード5のパペットヨーダが再登場。

そしてハイパードライブを意図的にぶつけるカミカゼ特攻撃は、エピソード4でハン・ソロが言及していました。

そして後者は、特に序盤で「これ必要なの?」と思わせるやたらとコミカルな茶番シーンが挟まれ、演出・場面カットがスターウォーズであまり用いられていないものが少なからずあるんですね(『マトリックス』のようなスローモーションなど)。

それに宇宙空間でも割と平気なシーン、特にレイアが急にフォースを使って宇宙空間から帰還(エピソード5で無意識にフォースを使うシーンはありましたが……)といったシーンの数々は、そう思われても仕方がない気がします。

自分も劇場で見たときは「えー……」とつい口にしそうになりましたし。

だから全体的な評価としては「旧作オマージュを多く入れているから、どちらかといえばギリギリ好意的」の部類。

自分も今作はスターウォーズらしからぬ印象は少なからず拭いきれませんでしたし、また観たいかと言われると「(シリーズの中では)一回観たら十分かなぁ」ですね。

ほかにマイナス評価を挙げるならば、

  • 上映時間が長すぎる(長けりゃいいってものじゃない)
  • 無駄に長いカジノのシーン
  • 前作に比べ威圧感がなくあっさり殺されたスノーク最高指導者
  • (役者さんには申し訳ないですが)フィンと行動していた整備員ローズのビジュアル

ローズのビジュアルはかなり賛否が多く(中の人は役者経験なしの全くの新人)、相棒としてならともかく、フィンへの憧れや恋愛に近い感情で動くキャラクターにしてはちょっと……という感じです。

ローグ・ワン』もそうでしたが、スターウォーズにアジア系役者が主要人物として登場するのはまだ違和感を拭きれない。

確かに整備員らしさはベストマッチなのですが……

老ルークはただのヨーダと化している

今作の目玉であるルークの活躍。いざフタを開けてみればエピソード5のヨーダそのものです。

最初はレイにジェダイ(フォース)の修行を行うことをことごとく拒否し、レイをおちょくり、ひょうきんな一面を見せていたり……

ヨーダはオーダー66の経験後に隠居し、あのような性格になったと言われましたけれど、おそらくそれのオマージュでしょうか?

しかし前述のように性格のギャップと不整合さ、ただの怖がりになってしまった(ここが中の人やファンが苦言した部分)ところを除けば、フォースと繋がって終盤でカイロ・レンをだまし、レジスタンスに逃げる余裕を与えるなど、ジェダイマスターの貫禄と、旧三部作と同じく同胞や仲間を大切にする精神をしっかり持ち合わせています。

結局義手が金属的になったのかは不明ですが、今作を見ると、単に経年劣化で義手の表皮が剥がれ落ちたと見るのが自然でしょう。

なぜスノークはカイロ・レンを見抜けなかったのか

前作では威圧感が大きかったスノーク最高指導者は、上述のように今作でカイロ・レンにあっさり殺されます。

しかもその殺されかたが「自分の過信」。カイロ・レンの企みに気づけていなかったと言わんばかりで、まるでかませです。レイにカイロ・レンと何かで繋がっているという幻覚を見せて暗黒面に引き込もうとする知略はあったんですが……

前作で威圧感を見せておいて次作であっさり殺されるのは今回が初めてでもなく、パルパティーン皇帝やドゥークー伯爵も似たような展開で殺されていますから、ある意味スターウォーズの伝統だろうと解釈しておきます。

パンフレットの記載によれば、スノークは体調が芳(かんば)しくなく、それを悟られないようにしていたとか。

だから機敏に動けず、席から動くことができなかったとも考えられますし、もしくはカイロ・レンの情緒不安定である部分が功をなし、真意を見抜けなかったとも考えられますね。

しかし後者の場合、カイロ・レンはヒステリックで激情家なので、欺(あざむ)くほどの力があるかと言われたら微妙ですが。

エピソード9は数年後の世界?

エンディング前のシーンで、フィンからレジスタンス軍の証をもらった子供が宇宙を見上げるシーンは、まるでエピソード9は何年か後の話になる感じに見えました。

またレイア姫ことキャリー・フィッシャー氏はお亡くなりになられた上、ルーカスフィルムはローグ・ワンで使用した似た顔つきの俳優を起用し、CG処理でより本人に似せる手法は使わない(引用リンク切れ) と公言しています。

しかし後年になって、未公開映像を再利用することで彼女を出す方向性を公式が発表しました。事実上、エピソード9がキャリー氏の遺作となるでしょう。

総評:個人的には一度観たらもういいかなぁと

旧作オマージュが多いと評価された一方で、スターウォーズらしからぬ表現や前作との性格の違い・ギャップに違和感を感じた作品でした。

茶番シーンは、随所に挟むほど必要だったのでしょうか?

このつぎはぎ感とバラバラ感をどうまとめるのか、エピソード9の展開を見守りたいです。その前に、ハン・ソロのスピンオフ『ハン・ソロ スターウォーズストーリー』を観ないとですね。

日本語ロゴがちょっと微妙ですが……まあ言語版も似たようなもんですし。

当サイトはみなさまのご支援で、広告なしの実現やコンテンツ維持を行っています。情報がお役に立てたり、気に入った作品がございましたら、ご支援をお願いいたします。

https://umakose.com/review/180111-1/

クリック・タップで記事URLをコピーできます

利用規約

個人情報保護

当サイトや赤竹ただきち(以下、当管理者)宛に送られたメールの内容や差出人、アクセス解析で得た個人情報などは、差出人・閲覧者当人の承諾がない限り、当サイト内やほかのサービスで公開することはいたしません。

絵や記事のシェア

当サイトの絵や記事をシェアされる場合、個人サイト・ブログ・サービス・SNSなどを問わず、URLなどを記載して、出典元を明記ください。明記していただければ、ご自由にシェアしていただいて構いません。

ただし、記事の場合は下記の『禁止行為』のとおり、記事を読まない、特定のワードに反応したようなシェア行為はお断りいたします。

記事の引用(転載)ルール

記事内の文章を引用(転載)される場合、URL元を明記した上で引用要素(blockquote)内に記載してください。掲示板やSNSの場合は、文頭に「>」などをつけ、オリジナルコンテンツ(コピーコンテンツ)ではないことを明確にしてください。

要約のための一部改変は、記事の意図を大幅に変えなければ可能とします。

メールの内容・取り扱い

メールはご意見・ご指摘・ご感想・依頼・営業メールのみ受けつけますので、あらかじめご了承ください(当サイトを利用した宣伝・委託行為はお断りいたします)。

下記の『禁止行為』のとおり、メール内容に当管理者や他者へのヘイト行為といった、誹謗中傷が見られた場合、返信を控えさせていただくほか、悪質と判断した場合は法的処置をとる場合があります。

禁止行為

以下の行為が見られた場合は、法的処置などといったしかるべき対応をとらせていただく場合があります。

二次利用・加工・改変行為の禁止
本サイト内の画像・イラスト・文章・ブログレイアウトデザインなどの悪意ある二次利用・加工・改変行為や、信用毀損・反社会的・社会通念上問題のある目的での利用。

二次利用・加工・改変行為の例外
シェアや引用(転載)のルール遵守など、社会通念上問題がないケースや、または要約のための文章改変・紹介や参考、プレビュー画像としてのスクリーンショット撮影・トリミング(切り取り)しただけの場合は例外として扱う。

安易な拡散行為の禁止
特定のキーワードや単語に反応し、記事を読まないままの安易な拡散行為の禁止(誤った解釈のみならず、〈自他問わず〉いわれなき風評被害や誹謗中傷につながる恐れがあるため)。

誹謗中傷行為の禁止
当サイト・他者・企業などを誹謗中傷する目的での引用行為。また、当管理者あてのメールやSNSのメッセージ・コメントなどにおいても、意見・指摘ではなく誹謗中傷目的のもの。当管理者や他者の人格・風評を著しくおとしめる行為。

著作権

当サイトは著作権の侵害を目的とするものではありません。スクリーンショットや二次創作物の知的所有権はそれぞれの著作者・団体に帰属しており、各利用規約を確認した上で掲載しています。

有料二次創作に関しては、権利元の創作ガイドラインを厳守するように努めていますが、問題があれば当サイトのお問い合わせよりご報告ください。

オリジナル作品や当サイトのレイアウトデザイン・掲載文章の著作物は当管理者が有しており、『禁止行為』のとおり、シェア・引用(転載)のルールが守られていないもの、悪意ある二次利用・改変行為を禁止します。

トラブル

当サイト記事のシェアなどが要因で発生したトラブルなどについては、一切の責任を負いかねます。あくまでも参考・一意見として扱ってください。

また、直接ご意見・ご指摘を希望される場合は、当サイトのお問い合わせからご連絡願います。

リンクについて

当サイトはリンクフリーですが、バナー画像以外の画像直リンク行為や、インラインフレーム表示は固くお断りいたします。

制定日:2017/2/24
改定日:2022/3/3

シェア・引用をされる前にご一読ください(内容に同意したものとみなします)

  • 赤竹ただきち  Tadakichi Akatake

以前書いた「正しい批判とはなにか」の記事が一部で反響をいただいて嬉しい限り。それだけ批判の意味が曖昧な人が多い一方、「正しい批判を知ろう」ということなんだろうと。

モラル・客観的・建設的な観点から世間の常識や風潮を疑い、自分から動いて、自分で考えるって大切なことなんだよね。

お金は卑しいものって風潮が、「国民を等しく貧しくさせる」という、江戸時代の経済思想が由来であるように、「世間の風潮や常識は、自身や現代社会に即しているのか」と考えてみるのは、自分を成長させる第一歩。

イラストレーター・ライター・フロントエンドエンジニア・WEBデザイナーの京都生まれなウサギ好き。性別問わず好きなタイプは「反省から学ぶ能動的な人」。物事を定義づけし、見解を交えてわかりやすく解説するのが得意なため、各所でご好評の声を頂いております。

ご依頼・お問い合わせ

カテゴリ・タグを探す

ATARIAVGNElite Beat AgentsGソニックMacMacintoshMADWORLDMGRMGSMGS4MGSPWMGSVmoonR-15WordPressあつまれどうぶつの森お役立ちきみのためなら死ねるとびだせどうぶつの森どうぶつの森どうぶつの森 ポケットキャンプアイドルマスターアイドルマスターシンデレラガールズアズレンアズールレーンオリジナルキズナアイグロゲームコロコロアニキコロッケ!ゴッドオブウォーサイバーモーフサウスパークスカイウォードソードスターウォーズスマブラSPスーパーマリオ64スーパーマリオギャラクシースーパーマリオサンシャインゼルダの伝説ソウルキャリバーソニックソニックXソニックと暗黒の騎士ソニックアドベンチャーソニックカラーズソニックジェネレーションズソニックトゥーンソニックヒーローズソニックフォースソニックブームソニックロストワールドソーシャルゲームチームソニックレーシングテッドバンジョーとカズーイの大冒険バーチャルYouTuberパンチアウト!!ピカブイピクミン3ホロライブポケットモンスターポケモンポケモンBW2ポケモンXYポケモンマスターズポケモンレジェンズポケモン剣盾ポーズマニアックスマックスアナーキーマリオマリオ&ソニックマンガミニ四駆ムジュラの仮面メタルギアメタルギアライジングヤンこれヤンデレヤンデレーンリョナリングフィットアドベンチャー創作名探偵ピカチュウ喧嘩番長喧嘩番長6大乱闘スマッシュブラザーズ押忍!闘え!応援団新ソニ星のカービィ映画模写死.tv海外アニメ爆走兄弟レッツ&ゴー!!考察艦これ艦隊これくしょん色彩検定解説超速グランプリ遊戯王遊戯王ARC-V遊戯王SEVENS雑記風のタクト魁!!クロマティ高校
  • お問い合わせ
  • #R-15

    R-15

ENTRIES

RANKINGS

PICK UPS

PATRON

COMMISSION