R-15
レビュー

サウスパーク

サウスパークはよく日本要素を出しますが、今回の話ではNHKの名前が出てきましたね。ご丁寧に「NHK 世界のニュ(ー)ス」と書かれ、謎の日本語を喋ったNHKアナウンサー(?)が直後にハラキリして介錯。ハラキリしたアナウンサーはどことなく福澤朗氏に似ているような…?

発射された電波は地表表面で反射し、日本でこだましヨーロッパでも人員(確認?)されたほか、世界各地にも飛ばします……」と言っているような気がしないでもない。

ネタバレ注意!

この記事には作品のネタバレが含まれています。


第17シーズン6話『Ginger Cow』

カートマンがジンジャーは人間以外でもありえると称して実際に牧場へ行ってみると、本当に赤毛の牛がいたことが判明するんですが、その場面をよく見るとケニーがスマホを持っているんですね。過去の話でもPCやPSPを持っていましたし、貧乏でも趣味のモノは買えるお金は持っているのでしょうか?

この赤い牛のネット記事を見た中東のニュース局を皮切りに、これを報道した世界中のアナウンサーが次々と拳銃自殺を遂げていきました(日本では先に述べたとおりハラキリ)。

赤毛のオス牛はユダヤ教・イスラム教・キリスト教にとって神聖なシンボルかつ時代の終わりを告げる兆候で、宗教間同士争いに終止符が打たれ、和解の道を歩んでいくという「世界平和」の象徴でした。

実際に話しの中では、3つの宗教はシンボルが合わさってロックバンドの『ヴァン・ヘイレン』になり、ひとつの巨大な宗教へと変わっていきました。その喚声ぶりを実写の映像を切り貼りして表現していましたが、よくもまあ都合のいいものがありましたよね。

ちなみにヴァン・ヘイレンはライトハンド奏法を広めたバンドでもあります。日本だと『ジョジョの奇妙な冒険』の4部で音石明が披露したことでも有名でしょう。

しかし赤毛の牛の事実はカートマンによるイタズラのため、世界平和が実現したことを壊したくないカイルは、終盤まで彼のいいなり(むしろおもちゃ)になってしまいます。まあ、スタンの余計な一言で「予言と異なるから」と、再び世界の宗教は分断されいがみあう状態に逆戻り。

カイルは終始カートマンに遊ばれ、その行動も結局は報われない……事実は時として残酷なものです。

自サイトのリニューアルコーディングはようやく5割完成。

アイコンやロゴ制作はまだだし、ChromeとSafariで表示が違う問題の解決として、双方のブラウザで随時確認しながらデバッグ修正していく形式をとっているぶん、進捗は遅めだけれど、少しずつ前に進んでいる感じがするね。

まあしっかし、今のサイトデザインのコードが汚すぎて泣ける。素人時代に作ったものとはいえ、クラス名が非常にわかりにくい。WEB業界用語でいう「セマンティックな構造じゃない」だね。

イラストレーター・ライター・フロントエンドエンジニア・WEBデザイナーの京都生まれなウサギ好き。性別問わず好きなタイプは「失敗・反省から学ぶ人」。様々な視点で物事を定義・長文や理論を分析し、簡潔に分かりやすくまとめるのが得意。