R-15
レビュー



公式実写版サウスパーク(笑

実写と言っても全員オッサンでしたが。

以下、ネタバレ注意!

以下の内容にはネタバレが含まれています。


第16シーズン6話『I Should Have Never Gone Ziplining』

誰かが言い出したジップライン(いわゆる自然にロープを設けて滑車で滑るアスレチック場)ツアーにいつもの4人で参加したら、あまりの内容のつまらなさで拷問(純粋な地獄)のように感じてしまい、別のツアーに参加して楽しもうとするも、それらも同様に退屈な内容で……というフラグ満載なストーリーでした。

後にスタンが言い出しっぺだと分かるのですけれど、行きたかった動機がiPod nanoが欲しかったからというのが残念すぎる。公式実写版の件は無修正映画版の特典PVに実写版カートマン(風の役者)という前科がありますが、4人同時は初めてですね。

まあわざとでしょうけど、ケニー(実写)がブロンド髪ではなく、スタン(実写)とカイル(実写)が作者じゃない辺りが惜しい所でして、久しぶりのハンキー(実写)はイケメン声なのにまんまウン(ry

そしてその実写サウスパークの中でケニー(実写)が「退屈で死亡する」のは不意打ちで……最近はシーズンの最後辺りで殺されるパターンが多かった故、このタイミングで殺すのとは思わなかった。加えてカイル(実写)の「何てこった! ケニーが殺されちゃった! この人でなし!」も久しぶりに聞きました。この下り全部をカイル一人で言うのは、初期以降そうそうありませんでしたよね。

シメはスタンが前回のサンディエゴネタを再び引っ張るというオチ。もう(元ネタの作者を)許してあげましょ……?

まさかリングフィットアドベンチャーをやってて腰を痛めるとは……これは準備ストレッチのやり方が甘かったんだなと自己反省。

「体を痛めたのならまず休んで治そう」とゲーム内で忠告あったから、しばらくは買い物ついでの軽い運動で済まそうかと。

絵描き・物書き・webデザイナー・HTML/CSSコーダーと、幅広くやれる京都生まれのウサギ好き。ネチケット(ネットマナー)やネット(情報)リテラシー、批判(建設的意見)と批難(感情的否定)の違いにはちょこっとシビアで、性別問わず好きなタイプは、自己反省と自己研鑽(けんさん)・自己啓発の努力を惜しまない人。長い文章や理論を分析し、簡潔に分かりやすくまとめる事が得意なため、リアル・ネットを問わず、各所からご好評をいただいております。