ENTRY
雑記
雑記,批判,非難,誹謗中傷

自分は『批判』を誤用する人には少し厳しい人間ですが、少し厳しいからって揚げ足取るようにいちいち指摘しません。

基本的に問題行為でなければ、「この人も正しい批判の意味をわかっていない人かー」と、意見せずに心のなかで残念がって終わります。

ただ、日本だと『批判』の意味を、「否定や悪口を言うこと」と勘違いし、『非難(批難)』と混同して違いがわからない人が意外に多いのも事実なんですね。

だからこそ、当記事で批判とは本来どんな意味・意義があるのかを、ひとりでも多く知り、考えてもらえれば幸いです。

なお、この記事は正しい日本語指摘問題の分割記事です。こちらの問題についても、あわせて参照していただければと思います。

  • 【考察】正しい日本語を指摘する人の行動・心理【ソニックトゥーン】
  • 関連記事  »
    【考察】正しい日本語を指摘する人の行動・心理【ソニックトゥーン】
正確な情報を求む 情報に誤りがあればご連絡ください

『批判』の本来の意味・意義

批判を正しく
使える人は少ない

『批判』の本来の意味と、『非難』の違いですが、

  • 批判】建設的な批評。『批評』は批判におけるプロセス(過程)を指す。
  • 非難】感情的な否定・悪口。これが悪質化すると誹謗(ひぼう)中傷やバッシングになる。

このように、意見(批判)と誹謗中傷のボーダーライン(境界線)を引けないのは、『批判』と『批難』を一緒に考え、違いがわからず混同しているからなんですね。

オンライン辞書の記述を見ても、『批判』を悪口やバッシングのように扱うものは見当たりませんし、「あげつらう」は「論ずること」です。日本国語大辞典のみ「現代では否定的な意味もある」とただし書きがある程度です。 

ちゃんと考えてこなかったツケ

ネット・SNSの誹謗中傷や炎上問題を語る専門家やコメンテーターなどは、よくこんなことを言っていると思います。

  • 「意見か誹謗中傷かの判断が難しい」
  • 「やみくもに制限するのは、言論の自由もありますので……」

それって、「大人がしっかりと『批判』の本来の意味・意義を、ちゃんと深く考えてこなかったツケであり、結果」とも言えますよね。

言葉の意味は時代によって変わるといえど、批判は本来の意味で使うべきで、特に社会問題と化した誹謗中傷問題を語るなら、なおさら批判の意味・意義を正しく知らなければなりません。

批判(ヒハン)とは|コトバンク

『非難』と『批難』の違い

なお当サイトでは意図的に『非難』ではなく『批難』と、表記を基本的に統一していて、

  • 揶揄的表現】『批判』を勘違いして都合よく拡大解釈する人の揶揄(やゆ)。
  • 深刻だから】『非難』という言葉では片づけられないほど過激で深刻な内容が多いから。

こういった個人的解釈で『批難』を用いてします。

非難と批難は意味は同じですが、批難って造語に近いので、ビジネスの場などでは『非難』を使うのが無難ですから、注意が必要です。そのぐらい、批判という言葉を正しく使えていない人が多いということですね。

『批判』を誤用する人は議論・討論ができない

正しい批判ができる
=批評ができる

いろいろと具体的なことを言ったけど、君のこと自体は全否定しないし、気を悪くしたらごめんね。いいところは伸ばして悪いところは直せるように、今後も頑張ってね。ファイト!

これが『批判』で、相手を成長させる有意義でプラスになるものです。

ただ欠点を指摘して責め立てるだけだったり、悪質化すれば誹謗中傷になってしまう『批難』と一緒にしてはいけません。

よく専門家の主張や掲示板などのガイドラインなどで、「根拠のない批判をしてはいけない」って文言を使ちがちですが、この表現はそもそもおかしいんですね。

『批判』は建設的な批評行為で、批評には論拠(エビデンス)が必要です。そう考えれば、「根拠のない批判」とは矛盾している言葉です。

ゆえに個人的な持論で少し極端かもしれませんが、「『批判』の言葉・意義を正しく使えない人は、建設的な議論・討論も批判的思考もできない」と考えています。

「全員そうに決まっている!」という決めつけではなく、「批判の意味を間違えるレベルの人が、本当に有意義な議論・討論ができるの?」というニュアンスで解釈してください。

正しい批判ができない人の典型例

批判を誤用する人は
言葉選びも思慮も不得手

たとえば、「〇〇のトラブル・不祥事」という、政治や企業に対して問題点を述べる論調があったとします。で、その二言目には、

  • 「さっさとクビにしろ」
  • 「責任取らせて辞任させろ」
  • 「〇〇はほんま無能」

と、問題分析すらせずに結論を出すような、極端なワードが続くのをよく見かけますよね。

また、ネット・SNS上における「正しい批判ができない人」が、自身の主張に意見・指摘された際の言い返しにおいても、

  • 「言論の自由だろ」
  • 「俺、辛口なんで」
  • 「あーはいはい これだから〇〇は」
  • 「批判を許さないなんておかしい」
  • 「賛同・称賛しか認めないのか」
  • 「事実を言って何が悪いんだ」

このとおり、正しい批判の姿勢ができていないから、中身のない極論や人格攻撃(=誹謗中傷)へ発展してしまいます。

批判の意味がわかっていないのに、CMや作品などに難癖をつける評論家気取りをする人を見れば、よくわかるかもしれませんね。

批判は否定でも悪口でもない

混同していたら
自己成長できない

次の例として、『私が大好きなアニメを見れなくなった理由』という話題になったWebマンガでは、

「一人でも多くの人に知ってほしい 批判は何も産まれない​。それどころか、ファンにとって大切な思い出を、ぶち壊すということを。(原文ママ)」

micorun

『批判』の言葉が正しく使えないから、『批判』を「否定・悪口」と同じように使っているんですね。

「好きなジャンルの話題で、心ない言葉で水を指すような行為はやめて。好きな人もいるのに、楽しめなくなる」

……というのが作者の本意であるのは理解できますが、批判の誤った認識によって、「自分の価値観を押しつける、相手には同意や願望どおりの意見しか求めない人」と映ってしまいますし、極端な解釈しかできないんですね。

マンガを読む限りでは、「そう思うならどうして友人と議論に持ちかけないの?」とか、「なぜ自分の『好き』を信じられないの?」と疑念を抱きましたが。

最近の若い人ほど大人やニュース(後述)などの影響か、「批判=人格否定・全否定・バッシング行為」と刷り込まれているようです。繰り返し伝えているように、批判とは否定や悪口ではありませんし、一緒にするのはおかしな話です。

『批判』を正しく使わない大人の責任

日本人は議論下手と
言われるけれど…

大人(ライター・専門家)の場合でも、『批判』を誤用する人はよく見かけるものです。例として、「相手を攻撃し、誹謗中傷する人の心理」「否定だけする人の対策」という真面目な記事を書いておきながら、

  • 「攻撃的な言葉で批判する人は〜」
  • 「批判ばかりはよくありません」
  • 「相手を批判するのは無意味だからやめましょう!」
  • 「根拠のない批判はダメです」

これは文章の説得力を下げるどころか、自分からすれば「これって高度なギャグなのかな?」ってなりますね。

見る度にもったいないなぁって思いますし、彼らもまた『批判』という言葉を、「否定・悪口」と同じ感覚で書いているのでしょう。

批判ができないから攻撃的

また、対象の批判を称する内容でも、

  • 「馬鹿も休み休み言え」
  • 「こんなことを言うアホな輩は〇〇の差別主義者と同じだ」
  • 「勘違いも甚(はなは)だしい」
  • 「愚策でしょ」

と、暴力的・攻撃的な文面を用いて煽(あお)る人もいて、これは批判のレベルを下げ、批難になってしまう行為です。こういった人たちがいるから、先述したような下の世代は、『批判』をますます勘違いしてしまいます。

『批判』を間違えて使う人が多い原因

日本人も正しい批判を
したほうがいい

以上のように、『批判』の誤用して勘違いする人が多いのは、

  • 民族性】日本人は議論が下手な民族あるため、正しい批判ができない。
  • 解釈の問題】「否定・悪口・誹謗中傷」と混同し、それに疑念を抱かない。
  • 経験不足】議論・討論経験がなく、叱られると全否定だと極端な解釈。
  • 大人の責任】大人が『正しい批判』の教育をしっかりしないから。
  • 言葉の氾濫】著名人・メディアなどが『批判』を軽々しく使ってきたから。

こうまとめることができます。

だからこそ、正しい批判ができる、問題提起するライターや著者はトラブル防止のため、『批判』を『正当な批判』『正しい批判』などの言葉に書き換えたり、英語読みの『クリティカル(クリティカルシンキング)』を使う人も少なくありません。

後者のクリティカルには、英語圏だと肯定的な意味合いが強いからだそうで、個々の主張をある程度は尊重し、子供の頃から自分の意見を言うことを是(ぜ)とされる文化圏からこその選択でしょうね。

また、フランスは議論・討論が活発な国として挙げられますが、意見を言わない人は「何も考えていない人」と思われてしまうそうです。

そして意見と人格は別に考えていますから、『批判』を本来の意味で正しく使えている国だとも言えます。

むしろ、『批判』という言葉に否定的で悪いイメージを持つのは日本のような、意見を積極的にしない、「周りに合わせておけばいいや」と思っているような、集団主義的な文化圏の国ぐらいです。

2019年をポジティブに生き抜くための哲学③ 日本では意見を主張しにくい? ~活発な議論が行われる国フランスとの違い~|FNNプライムオンライン

なぜ日本人が自分の意見を言えない・持たないのかについて考えてみた|note

日本人が意見を言わないのは当たり前?海外生活から見えた現実|RIKALOG

最後に:『批判』がわからない人ほど『批判』の言葉をよく使う

だから自分は
批判の言葉を多用しない

ここまで、批判の意味や意義を述べましたが、

『批判』を否定・悪口の類語扱いにして、著名人や政治家、メディアは軽々しく使いすぎであり、みんなが正しい批判を考えてこなかったツケもまた、評論家気取りや炎上、誹謗中傷などの形で出る

これらの問題行為が必ずしも、正しい批判ができないことが100%の原因とまでは言いませんが、要因のひとつだとは思いますし、批判って言葉は本来、そんな軽々しくポンポン使う単語ではないことは、一人ひとり知ってもらいたいものです。

ゆえにある意味では、「批判の意味を間違えて使う人は、リテラシー(論理的思考力・収集力・分析力)が低い可能性がある」とも言えます。そのように考察した人のブログを見ましたけれど、自分もほぼ同意見です。

批判を正しく使うのは大人の責務であり、ひとりでも正しく使う人が多くなれば、ネット・SNS上の誹謗中傷や口喧嘩も多少減るのではないでしょうか?

なぜ批判と非難の違いがわからない人はリテラシーがないのか|おすすめ情報ブログ

  • 【考察】正しい日本語を指摘する人の行動・心理【ソニックトゥーン】
  • 関連記事  »
    【考察】正しい日本語を指摘する人の行動・心理【ソニックトゥーン】

当サイトはみなさまのご支援で、広告なしの実現やコンテンツ維持を行っています。当サイトの情報がお役に立てたり、気に入った作品がもしございましたら、支援のご一考・ご協力のほど、お願いいたします。

https://umakose.com/notes/211130/

クリック・タップで記事URLをコピーできます

プライバシーポリシー
個人情報保護

当サイトや赤竹ただきち(以下、当管理者)宛に送られたメールの内容や差出人、アクセス解析で得た個人情報などは、差出人・閲覧者当人の承諾がない限り、当サイト内やほかのサービスで公開することはいたしません。

絵や記事のシェア

当サイトの絵や記事をシェアされる場合、個人サイト・ブログ・サービス・SNSなどを問わず、URLなどを記載して、出典元を明記ください。明記していただければ、ご自由にシェアしていただいて構いません。

ただし、記事の場合は下記の『禁止行為』のとおり、記事を読まない、特定のワードに反応したようなシェア行為はお断りいたします。

記事の引用(転載)ルール

記事内の文章を引用(転載)される場合、URL元を明記した上で引用要素(blockquote)内に記載してください。掲示板やSNSの場合は、文頭に「>」などをつけ、オリジナルコンテンツ(コピーコンテンツ)ではないことを明確にしてください。

要約のための一部改変は、記事の意図を大幅に変えなければ可能とします。

メールの内容・取り扱い

メールはご意見・ご指摘・ご感想・営業メールのみ受けつけますので、あらかじめご了承ください(当サイトを利用した宣伝・委託行為はお断りいたします)。

下記の『禁止行為』のとおり、メール内容に当管理者や他者へのヘイト行為といった、誹謗中傷が見られた場合、返信を控えさせていただくほか、悪質と判断した場合は法的処置をとる場合があります。

禁止行為

以下の行為が見られた場合は、法的処置などといったしかるべき対応をとらせていただく場合があります。

二次利用・加工・改変行為の禁止】本サイト内の画像・イラスト・文章・ブログレイアウトデザインなどの悪意ある二次利用・加工・改変行為や、信用毀損・反社会的・社会通念上問題のある目的での利用。

二次利用・加工・改変行為の例外】シェアや引用(転載)のルール遵守など、社会通念上問題がないケースや、または要約のための文章改変・紹介や参考、プレビュー画像としてのスクリーンショット撮影・トリミング(切り取り)しただけの場合は例外として扱う。

安易な拡散行為の禁止】特定のキーワードや単語に反応し、記事を読まないままの安易な拡散行為の禁止(誤った解釈のみならず、〈自他問わず〉いわれなき風評被害や誹謗中傷につながる恐れがあるため)。

誹謗中傷行為の禁止】当サイト・他者・企業などを誹謗中傷する目的での引用行為。また、当管理者あてのメールやSNSのメッセージ・コメントなどにおいても、意見・指摘ではなく誹謗中傷目的のもの。当管理者や他者の人格・風評を著しくおとしめる行為。

著作権

当サイトは著作権の侵害を目的とするものではありません。スクリーンショットや二次創作物の知的所有権はそれぞれの著作者・団体に帰属しており、各利用規約を確認した上で掲載しています。

有料二次創作に関しては、権利元の創作ガイドラインを厳守するように努めていますが、問題があれば当サイトのお問い合わせよりご報告ください。

オリジナル作品や当サイトのレイアウトデザイン・掲載文章の著作物は当管理者が有しており、『禁止行為』のとおり、シェア・引用(転載)のルールが守られていないもの、悪意ある二次利用・改変行為を禁止します。

トラブル

当サイト記事のシェアなどが要因で発生したトラブルなどについては、一切の責任を負いかねます。あくまでも参考・一意見として扱ってください。

また、直接ご意見・ご指摘を希望される場合は、当サイトのお問い合わせからご連絡願います。

リンクについて

当サイトはリンクフリーですが、バナー画像以外の画像直リンク行為や、インラインフレーム表示は固くお断りいたします。

制定日:2017/2/24
改定日:2021/11/07

シェア・引用をされる前にご一読ください(内容に同意したものとみなします)

ENTRIES

記事一覧

RANKINGS

PICK UPS

  • ¥0〜R-12
  • ¥200〜R-15
  • ¥400〜R-15+
  • ¥1,000限定記事

*各支援サイトの内容はほとんど同一です。重複支援にご注意ください。期間限定公開絵はFanboxでは有料アーカイブ化、FANBOXでは掲載期間終了後に削除いたします。

*ご依頼・リクエストには会員登録(無料)が必要です。

詳しくはこちら