R-15
版権絵, 雑記他

ソニックトゥーン,ソニック,SONIC,ら抜き言葉,い抜き言葉,批判の誤用,批判と非難の混同,批判の本当の意味

アニメ『ソニックトゥーン』の吹き替えでは、単語の間違いをら抜き言葉などで翻訳していましたね。


ネット・SNSなどで時折、文章やツイートへの返答に主張内容の意見ではなく、相手の文章・書きかた・用法などを槍(やり)玉に挙げ、「正しい日本語はこうだ」「ここの使いかたは間違いだ」などと口うるさく指摘する人がいて、一部では『正しい日本語厨』『日本語警察(誤用警察)』なんて言葉もあったりします。

話題つながりで、『批判』の誤用……つまり批判の言葉を『非難(批難)』と混同し、間違って使う人が多いことについても触れていきます。いい意味も悪い意味も含め、これらの問題を少し考察していきましょう。

これは一個人の意見です

他の様々な意見・視点も取り入れてください。


正しい日本語指摘について

早速、話の腰を折るようですが、状況の良し悪しは置いといて「正しい日本語を使う」自体は間違ったことではありません。

言葉は生き物で意味は常に変化する」「言語学的に正しい日本語は存在しない」なんて言う人もいますが、文化庁が定めた日本語を「正しい日本語」と定義するなら、厳格かつ品性が求められる公用文書、物事を正確に伝える報道陣やアナウンサーなら、その正しい日本語を使うべきでしょう。

しかしながら、個人が発信する文章やツイートまで、正しい日本語を求めるのみならず、マナー講師のように色々言うよう公正気取りが、正しい行いとは限らないものです。

こういった話でよくあるのが、記事やネット掲示板などにおいて、

  • 正しい日本語指南】正しい日本語マナーや文章の書きかたと称している記事。
  • 日本語の是正】「〇〇なのに△△と書くのは間違い」という書き込み。特に『ら抜き言葉』といった口語の記載指摘に多い。
  • 例文を交える】「この人の日本語がおかしいし変では?」と例文を交えて記載する質問と回答。

としておきながら、

  • 文語の選定ミスをしている】「事・こと」や「所・ところ」の使い分けなど。
  • 言葉の定義間違い】『批判』の誤用など。
  • 表現が不自然】句読点(、。)やカッコの使いかたや頻度。「てにをは」の選定や一文が長いなど。
  • 独自表現】中黒点(・)や句読点(。)の連続使用で三点リーダー(…)のように記載など。
  • 根本的な勘違い】読点(、)をカンマ(,)で代用するのは間違いと称する(公用書や一部メディア記事ではそう用いるよう定義されている)。

このような「正しい書きかたを指南しているのに、自分も間違っている」という矛盾した行為ですね。

あなたの文章は興味ないですが日本語の使いかたは指摘します」ってタイプに多く見られ、自身も指南できるほどの正しい日本語を使えておらず、結局揚げ足取りになってしまっているのが、ウザがられてしまう一番の要因。

そうでなくても、文章を相手にする仕事や国文学科出身の人ですら、この矛盾を抱えている場合も少なくなく、ガイドラインや字数省略目的といった意図があれば別ですが、心当たりのある方は相手の指摘をする前に気をつけましょう。

ゆえに自分も誤字が多いし日本語のスペシャリストではないから、自分の中でルールを決めることはしても、誰かに日本語の文法指摘を積極的にしようとは思いません。自分もそこまで日本語の文法表現は上手じゃない。

これに対する一種の反論で、「そんな杓子(しゃくし)定規では文章の個性がなくなる」と主張する方がいますが、そもそも文章は「(身振り手振りなどがないから)誤解させず、正確に意図を伝える」が前提にあり、それに指南するならば自分がお手本にならないといけないのは、言葉のみならず人間関係でも同じことです。

「正しい日本語指摘さん」の心理・要因・対策

考えられる要因説としては、

  1. 揚げ足取りたいだけ説】単に重箱の隅(すみ)をつつくようにして小馬鹿にし、優越感に浸るタイプ。
  2. 知識自慢説】ネットやテレビで仕入れたような知ったかぶりのにわか情報を、「俺は正しい日本語を知っているぞ」と自慢するタイプ。
  3. 額面受けとり説】字面の表面上ばかりを見て、相手がなぜそう考えたかといった、発言の意図や本質を見ない(行間が読めない)タイプ。
  4. 誤用すると意味が変わるから説】誤用のまま使ってしまうと文の真意が変わってしまうので、正しい情報発信のためにしっかり指摘するタイプ(少数派)。

最後の4のような、相手を第一に考えて「他の人にもこの記事を読んでもらいたいから」と、文章に対する正しい批判と追伸程度に文法指摘するという、本来あるべき姿を行う人は少数派なので、大方1から3を複合しているケースがほとんど。

重ねますが、「あなたの文章は興味ないですが日本語の使いかたは指摘します」って人は本当に多く、知識自慢もたとえるなら、イタリア本土や高級イタリア料理店に来たワケでもないのに、「スパゲティを食べるときはフォークのみがマナー。イタリア人はスプーンを使わない」と言う人に通ずるところがありますね。

少なくとも相手が何が言いたいのかを無視して、言葉尻を捉(とら)えて口を挟み、鬼の首をとったかのように日本語の訂正を求める人にいい気分をされるのはそうそうないでしょう。

自分も物書きなので、下手な文章を見たり後述の誤用を見ると指摘したくもなりますから、その気持ちは分からなくはないですが、ただの揚げ足取りや知識自慢は嫌われるだけであり、いたずらに反感を買う元。

もし1から3のタイプを見かけたら、基本的に下手に応酬せず無視をするのが妥当な対策法です。

こういった人たちは大体かまってちゃんだったり、「俺に意見するな」みたいなプライドが高い人がほとんどなので、関わるだけ時間の無駄。放っておけば自分から離れるでしょう。ただし、しつこくつきまとう粘着状態が見られたら、サービス運営に通報するなど、毅然(きぜん)とした対応を行ってください。

『批判』と『非難(批難)』の区別ができずに混同する人が多すぎる

誤用指摘つながりで、この話題も載せておきます。自分は『批判』を誤用し、『非難(批難)』と混同する人には少し厳しい人間で、これは「本当に正しい意図を伝えるのであれば、混同や同一視すべきではなく、正しい意味で伝えるべきだ」と考えているからです。

もちろん、少し厳しいからって揚げ足取るようにいちいち指摘しません。基本的に問題行為でなければ、「あーこの人も正しい批判の意味を分かってない人かー」と、意見せずに心のなかで残念がって終わるのがほとんど。

  • 批判】建設的な批評。『批評』は批判におけるプロセス(過程)を指す。
  • 非難(批難)】感情的な否定・悪口。これが悪質化すると誹謗(ひぼう)中傷やバッシングになる。

オンライン辞書の記述を見ても、『批判』を悪口やバッシングのように扱うものは見当たりませんし、「あげつらう」は「論ずること」です。日本国語大辞典のみ「現代では否定的な意味もある」とただし書きがある程度です。 

批判(ヒハン)とは

— コトバンク —


言葉の意味は時代によって変わるといえど、これは時代の流れで変わってはいけないもので、誹謗中傷問題が多い現代だからこそ、批判は本来の意味で使うべきです。ネットの誹謗中傷、SNSの炎上行為による社会問題において、意見(批判)と誹謗中傷のボーダーライン(境界線)を引けない人が多いのは、『批判』と『批難』を一緒に考え、混同している人も多いからです。


なお当ブログでは意図的に『非難』ではなく『批難』と表記を統一していて、

  • 『批判』を勘違いして都合よく拡大解釈する人の揶揄(やゆ)。
  • 『非難』という言葉では片づけられないほど過激で深刻な内容が多いから。

こういった個人的解釈で『批難』を用いてします。しかしながら、ビジネスの場などでは『非難』を使うのが無難ですから、注意が必要です。まあそのぐらい、批判という言葉を正しく使えていない人が多いということですね。

『批判』を間違えて使う人は議論ができない

重ねるように『批判』は悪い意味でも否定でもなく、建設的な批評行為。「色々と具体的なことを言ったけど、君のこと自体は全否定しないよ。いいところは伸ばして悪いところは直せるように、今後も頑張ってね。ファイト!」というのが『批判』で、相手を成長させる有意義なもの。

ただの悪口や文句、誹謗中傷などのマイナス要素しかない『批難』と一緒にしてはいけません。

ゆえに個人的な持論で少し極端かもしれませんが、「『批判』の言葉を正しく使えない人は、建設的な議論・討論も批判的思考(タクティカル・シンキング)もできない」と考えています。つまり、「批判の意味を間違えるレベルの人が、本当に有意義な議論・討論ができるの?」ってことですね。

実際、ネット・SNS上における「正しい批判ができない人」のよくある言い返しは以下がよく見られますよね。

  • 「言論統制」
  • 「これだから〇〇は」
  • 「賛同・称賛しか認めないのか」
  • 「事実を言って何が悪い」

もちろん、空気を読まず無配慮に水を差す行為は、その人の思いやりが欠いているだけですけど、正しい批判の姿勢ができていないから、口喧嘩や人格攻撃合戦へ発展することがよくあります。昔、話題になった『私が大好きなアニメを見れなくなった理由』というWebマンガでも、

「一人でも多くの人に知ってほしい 批判は何も産まれない​。それどころか、ファンにとって大切な思い出を、ぶち壊すということを。(原文ママ)」

— micorun —


『批判』の言葉が正しく使えないから、『批判』を「否定・悪口・中傷」と同じように使っているんですね。「好きなジャンルの話題で、心ない言葉で水を指すような行為はやめて。好きな人もいるのに、楽しめなくなる」が作者の本意ですが……

批判の誤った認識によって、「自分の価値観を押しつける、相手には同意や願望どおりの意見しか求めない人」と映ってしまいますし、極端な解釈しかできないんですね。マンガを読む限りでは、「そう思うならどうして友人と議論に持ちかけないの?」とか「なぜ自分の『好き』を信じられないの?」と疑念を抱きましたが。

このように、最近の若い人ほど大人やニュース(後述)などの影響か、「批判=人格否定・全否定」と刷り込まれているようです。

『批判』を正しく使わない大人の責任

社会通念上のモラルを持ち合わせた真っ当な大人(ライター・専門家)の場合でも、『批判』を誤用する人はよく見かけるものです。「相手を攻撃し、誹謗中傷する人の心理」「否定だけする人の対策」という真面目な記事を書いておきながら、

  • 「心ない攻撃的な言葉ですぐ批判する人は〜」
  • 「批判ばかりして攻撃するのはよくありません」
  • 「相手を批判するのは無意味だからやめましょう!」

これは文章の説得力を下げるどころか、自分からすれば「これって高度なギャグなのかな?」って思ってしまいますね。見る度にもったいないなぁって思いますし、彼らもまた『批判』という言葉を、「否定・悪口・中傷」と同じ感覚で書いているのでしょう。

こういった人たちがいるから、下の世代は『批判』をますます勘違いし、報道メディアなども報道時間が限られている都合上か、経緯を省略して批判という言葉で済ませ、軽〜中程度の指摘を『批判』、厳しい指摘を『非難』と扱うのも、誤解を増長している要因です。

批判を正しく使うのは大人の責務であり、ひとりでも正しく使う人が多くなれば、ネット・SNS上の誹謗中傷や口喧嘩も減るのではないでしょうか?

『批判』を間違えて使う人が多い原因

以上のように、『批判』の誤用して勘違いする人が多いのは、

  • 解釈の問題】『批判』を「否定・悪口・中傷」と誤った解釈をし、それに疑念を抱かない。
  • 経験不足】議論・討論経験がほとんどなく、叱られると全否定のように極端な解釈をする。
  • 大人の責任】大人が『正しい批判』の教育がしっかりしないから。
  • メディアの問題】報道メディアなどが『批判』の言葉を安直に使うから。

こうまとめることができます。だからこそ、問題提起するライターや著者はトラブル防止のため、『批判』を『正当な批判』『正しい批判』と書き換えたり、英語読みの『クリティカル』を使う人も少なくありません。

後者のクリティカルには、英語圏だと肯定的な意味合いが強いからだそうで、攻撃的・否定的に解釈される日本とは違い、ちゃんとした批判ができる海外文化だからこその選択でしょうね。

最後に:その指摘は相手のため?

勘違いしないでいただきたいのが、正しい日本語・正しい定義自体を否定するつもりはありませんし、教養という意味でも知らないより知っておいたほうがいいのは確かでしょう(接客業経験者なので完璧ではないですが、尊敬語・謙譲語・丁寧語には自分なりに気を遣っていたものです)。

ただ、ネット・SNSで横やりに「日本語マナー講師」のごとく口うるさく指摘する人は、本当に相手のことを考え、尊重してそう言っているのかが疑問です。仮に指摘するならば、相手に敬意を持ち、言葉を選んでマナーを守り、文章の意図を把握した上で優しく伝えるのが賢明です。

むしろ自分が間違った日本語や定義を使って恥をかき、足元をすくわれないようにはすべきですね。自分でハードルをあげているんですから、そのぐらいの自己研鑽(けんさん)はやりましょう?

自分も後半では批判の誤用について長々と述べましたが、「それは『批判』じゃなく『批難』ですよ」なんて指摘は、よほどのことがない限り言いません。前半の日本語指摘と同じく、まずは相手が言いたいことを知るのが先ですし、文脈で判断します。

やみくもに校正指摘をしたり、知識自慢で揚げ足取りするのはウザい人でしかない。単に日本語評論家を気取っているだけなのか、正しい定義をしないと意味合いが異なり、説得力が落ちるから是正しているのか、そこの見極めも必要になってきますね。

先述した4のタイプのように、「まずは相手の意見を理解し、『批判』の言葉を誤用することで文全体の意味が損なわれるのかどうか、慎重に判断」するよう、思慮をめぐらせたいものです。

仕事上では『WEBデザイナー』としてやってるんだけれども、デザイン制作からコーディング、SEO対策、Sass(SCSS)の活用、PHP動的サイトの制作、イラスト制作など、「イラストレーターでフロントエンドもやるWEBデザイナー」と化しているんだよね自分。

そしてブログでは絵も描くし記事も書く(仕事でも記事執筆している)から、「イラストレーター・ライター・フロントエンドエンジニア・WEBデザイナー」という肩書きに。バックエンドまでは無理かなぁ……そこまで頭がよくないから。

イラストレーター・ライター・フロントエンドエンジニア・WEBデザイナーの京都生まれなウサギ好き。性別問わず好きなタイプは「失敗・反省から学ぶ人」。様々な視点で物事を定義・長文や理論を分析し、簡潔に分かりやすくまとめるのが得意。