R-15
レビュー, 雑記他

ニンテンドースイッチ

ニンテンドースイッチ用の『CYBER・グリップ+給電アタッチメントセット(サイバーガジェット社製) 』を買ってきましたので、その使い心地の感想です。購入の参考にどうそ。

これは一個人の意見です

他の様々な意見・視点も取り入れてください。


プラスポイント・評価点

ニンテンドースイッチ
ニンテンドースイッチ

コントローラーカバーでソフトやマイクロSDカードを収納できるのが、一番興味を持ったポイントです。

カバーにソフトとマイクロSDカードを最大2本まで収納できますから、別途カードケース入れを買う必要がありません。本体にもソフトを挿せば、3本まで持ち歩くことが可能ですね。

ツメが付いていますから、ポロっと落ちることもありませんし、取りやすく作られていました。各部ボタンも押しやすくなっているのもそうですが、取り外しのボタンがかなり押しやすくなっていました。前々から押しにくいなぁと思っていたので、助かりますね。

公式の充電グリップアタッチメントよりもコンパクトで、充電部分の部品が非常にコンパクトなのでカバンの場所を取らないのもそうですし、グリップですから常時取り付けられますよね。端子の部分に不満はあるものの(後述)、便利さが上回っていますので、あまり問題ないと個人的に思います。

マイナスポイント・改善要望

昨今ではUSB Type-Cが主流ですが、充電部分はType-Bです。端子の知識については素人なので何とも言えませんが、コストの問題とか、充電量を小さくするためにあえてB端子なんでしょうかね?

ただ消費者的には全部Cで統一してくれたほうが、余計なコードにタップを占領されずに済むんですけれど、先述の通り収納がコンパクトなので、槍玉にあげるほど気にしてはいません。またカバーの構造上、モーションIRカメラが使えなくなります。まあボタンのみの操作だけのゲームを遊ぶなら、問題は無いんですけどね。

一番問題なのがグリップカバーを外し方。これは分かってしまえばどうってことはない点で、カードを収納できるのはいいんですが……



この通りにやっても、

全っっ然外れない。

ジョイコン下側を押し上げるといっても全然外れないので、最初はまるでグリップを真っ二つにするぐらいの勢いじゃないと外れませんでしたが、ジョイコン単体の状態で外すのではなく、本体や充電部品に取り付けた状態であれば、この説明書通りに容易に外せることが分かりました。

この説明は自分のように誤解されるでしょうから、「本体に取り付けた状態で」などというように直すべきでしょう。

『CYBER・グリップ+給電アタッチメントセット』の総評

グリップ感と入力感が増してゲームカードが収納可能と、いいところずくめの良い商品です。しかし説明文はもうちょっと語弊のないように書いていただければ……と思いました。

ちなみに購入した当日の夜にメーカーのお問い合わせ欄にこの内容を送信しましたが、結局返信は来ませんでした。読んでいるか不明確なので、せめて「貴重なご意見ありがとうございました」ぐらいは返して欲しいものですが……

DCアメコミドラマ『フラッシュ』シーズン3を観終わった。事前情報通り、時系列と残存した時間軸問題が非常にややこしくて、こんがらがりそう。

これ個人的解釈を記事にして表にしたら、そこそこ需要あるんじゃなかろうか?

個人的に8年後のひねくれバリーの髪型(見た目がすごくアニメっぽい)と、アース19(別次元の19番目の地球)からやってきた頭の悪いウェルズ(HR)は好きだった。HRがシーズンラストで起こした行動は感動したし、悲しくなったけどね……

ミュージカル回は元ネタ知らずに観たから、笑っていいのか苦笑いするかで、感情が迷子になる。

絵描き・物書き・Webデザイナー・HTML/CSSコーダーの京都生まれなウサギ好き。「ネチケット(ネットマナー)やネット・情報リテラシーの扱い」「批判と批難(非難)の混同・誤用」には少々シビアで、性別問わず好きなタイプは「反省と改善の努力を惜しまない人」。長文や理論を分析し、簡潔に分かりやすくまとめるのが得意なため、リアル・ネットを問わず、各所からご好評をいただいております。