スーパーマリオオデッセイ 』と『ソニックフォース 』をやる準備として、今日発売したニンテンドースイッチ用の『CYBER・グリップ+給電アタッチメントセット(サイバーガジェット社製) 』を買ってきましたので、その感想…の前に、同日昼に発表されたスマホ版『どうぶつの森 ポケットキャンプ 』について感想をまず書いておこうかと。

これは一個人の意見です

他の様々な意見・視点も取り入れてください。



『どうぶつの森 ポケットキャンプ』の印象

度々発表されては延期を繰り返していたスマホ版の今作ですが、まあ確かにここまで作り込まれていては、時間もかかるでしょうね。てっきり新作のどうぶつの森に合わせたサブツール的なアプリかとばかり思っていました。

個人的に期待しているのは、ソーシャルゲームだからこそ行える「リアルタイム配信イベントの実施」でしょうか。64からとび森までのどうぶつの森本編は、決められた行事やイベントはあるものの、内容は同じなので毎年同じ事を繰り返し行っていました。

ですがこういった配信イベントなら、その時、時期にしかできない特有のイベントを楽しめるので、より長く楽しめますね。むしろ、どうぶつの森こそ配信イベントがしっくり合う任天堂ゲームではないでしょうか?

課金もガチャはやっておらず、頑張れば無課金でも可能な艦これ方式なので安心ですね。任天堂のことですから、とれ〜るセンターのように課金上限もしっかり定めているでしょう。見る限りマイデザインや整備は行えないでしょうが、顔をセリフ選択せず直感的に選べるなどといった、むしろコンシューマー版より優れている部分もありますし、毎日ちょくちょく遊ぶ分にはちょうど良さそうです。

『CYBER・グリップ+給電アタッチメントセット』のレビュー



さて本題で、『CYBER・グリップ+給電アタッチメントセット』のレビューを写真付きでご紹介します。

コントローラーカバーでソフトやマイクロSDカードを収納できる



これが一番興味を持ったポイントです。コントローラーカバーにソフトとマイクロSDカードを最大2本まで収納できますから、別途カードケース入れを買う必要がありません。本体にもソフトを挿せば、3本まで持ち歩くことが可能ですね。

ツメが付いていますから、ポロっと落ちることもありませんし、取りやすく作られていました。


ジョイコンの本体取り外しが簡単に

各部ボタンも押しやすくなっているのもそうですが、取り外しのボタンがかなり押しやすくなっていました。前々から押しにくいなぁと思っていたので、助かりますね。


公式の充電グリップアタッチメントよりもコンパクト

充電部分の部品が非常にコンパクトなのでカバンの場所を取らないのもそうですし、グリップですから常時取り付けられますよね。端子の部分に不満はあるものの(後述)、便利さが上回っていますので、あまり問題ないと個人的に思います。


給電端子が「USB Type-C」ではなく「USB Type-B」タイプ

昨今ではUSB Type-Cが主流ですが、充電部分はType-Bです。端子の知識については素人なので何とも言えませんが、コストの問題とか、充電量を小さくするためにあえてB端子なんでしょうかね?

ただ消費者的には全部Cで統一してくれた方が、余計なコードにタップを占領されずに済むんですけれど、先述の通り収納がコンパクトなので、槍玉にあげるほど気にしてはいません。


モーションIRカメラが使えなくなる

カバーの構造上、モーションIRカメラが使えなくなります。まあボタンのみの操作だけのゲームを遊ぶなら、問題は無いんですけどね。


グリップカバーを外し方

これは分かってしまえばどうってことはない点です。カードを収納できるのはいいんですが…




この通りにやっても、

全っっ然外れない。


ジョイコン下側を押し上げるといっても全然外れないので、最初はまるでグリップを真っ二つにするぐらいの勢いじゃないと外れませんでしたが、ジョイコン単体の状態で外すのではなく、本体や充電部品に取り付けた状態であれば、この説明書通りに容易に外せることが分かりました。

この説明は自分のように誤解されるでしょうから、「本体に取り付けた状態で」などというように直すべきでしょう。


『CYBER・グリップ+給電アタッチメントセット』の総評

グリップ感と入力感が増してゲームカードが収納可能と、良いところずくめの良い商品です。しかし説明文はもうちょっと語弊のないように書いていただければ…と思いました。

因みに購入した当日の夜にメーカーのお問い合わせ欄にこの内容を送信しましたが、結局返信は来ませんでした。読んでいるか不明確なので、せめて「貴重なご意見ありがとうございました」ぐらいは返して欲しいものですが…

関連記事
コメント

コメントフォーム

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


赤竹 忠吉

(Tadakichi Akatake)

オリンピックやマラソン、ワールドカップなど、時期が来るとどこのテレビも新聞もこれらの話題で盛り上がりますが、なぜ世間がここまで盛り上がるのかがさっぱり分からない。一応年上の人との話題合わせのためにチェックはしますが、なぜここまで熱狂できるのか。個人的にスポーツは自分や仲間と実際にやる方が盛り上がるし楽しいんじゃないのって思うんですよね。

赤竹忠吉をフォロー

イラストやマンガにデザイン、UI・UX、HTML・CSSまで幅広くやれる京都のウサギ好き。ネチケット(ネットマナー)にはちょこっとシビア。

タグ