R-15
雑記他



macを買い換えてSierraにした事でハマってしまった事

MacBookPro(2016モデル)に買い変えてしばらく経ちましたが、実は買い替え当初、絵が描ける環境に整えるまでに結構トラブルがありましたので、備忘録(びぼうろく)として一応残しておきます。同じく絵描きやデザイナーの身で同じ状況に陥った方は参考にしてくださいませ。High Sierraにも同じように対応できます。

さてまずは買い替え当初、タイムマシン(Mac用のバックアップアプリ)で復元すればYosemiteのOSのままで移行できるだろう……と単純に思っていましたがそうは問屋がおろさない。買い替え先のMacのOSが既にSierraだったら、タイムマシンでYosemite環境のデータを持ってきても、App Storeの履歴からでもダウングレードできない(復元できない)んです。

再度タイムマシンからバックアップを引き上げたり、App Storeの購入履歴から探したりもしたんですが、「モデルが違いますので、お使いのMacでは非対応です(要約)」で一蹴。何せSirraにした途端、

  • ESET(セキュリティソフト)が使えない
  • Java6非対応なのでAdobe CS6系(Photoshop・Illustratorなど)が使えない


という痛手。そりゃ(メモリも増強した事もありますが)Sierraの方がサクサクで早いんですけれど、これは本当に困る。どうあがいてもYosemiteに戻せなかったのでもうすっぱりあきらめ、どうやってSierraに対応できるのか。その方法を模索しましたので、ご紹介します。備忘録というか、同じく困った人への助け舟になれば。

SierraでESETを導入する方法

使えなかったのは単純に「バージョンが違うから」なので、一度アンインストールして適応したバージョンをダウンロード。はじめは新規ユーザーとしてダウンロードし、設定の時に認証キーを入れれば、ちゃんと動作してくれます。

詳細は公式サイトのマニュアル手順を参照してください 

Sierraでも『Photoshop CS6』『Illustrator CS6』を使う方法

あるブログ様では、OSのシステムファイルをいじって、ターミナル(システムをいじる技術者用ツール)を実行する……とありますが、下手すればPCがオタブツになる超リスキーな手段を使わなくても、『Java for OS X 2015-001 』をネットからダウンロードすればすぐに使えます。

2ch(5ch)に情報を掲載してくれた方には感謝しきれない。手順はいたって簡単で、他のアプリケーションのインストールと同様に進めるだけ。後はシリアルコードを入力すれば終了です。シリアルコードを無くしたのならAdobeに問い合わせてください。

『InDesign CS6』をSierraで使うには

InDesignに関してはかなりクセモノで、上記のJavaを入れても解決せず、Yosemite以降は使えないと考えた方がいいです(起動画面から一向に進まない)。ただし起動できないという訳でもなく、再度ソフトをインストールし直す方法はありますが、できる人とできない人がいるらしく、疑似環境ソフトを別途購入してYosemiteを再現するという手法も、どうしても費用がかかってしまいます。

こちらも色々やってみましたが、『セーフブート』モードで起動すれば使えないこともない事がわかりました(セーフブートはシフトキーを押して電源を入れると出来るモードです)。ただしMacの機能は制限され、しかも安定してInDesignが動く保証もないので怪しい所。やはりこれらの中では、疑似環境ソフトを導入するのが確実かもしれません。

最後に

Yosemiteに戻せないのが心残りですが(ディスク修復を手動でやれないなど)、起動がものすごく早くなったなどの恩恵も多いので、これはこれでいいものなのかもしれませんね。重ねますが、High Sierraでも同じような手法で対応できます。

ただし、SierraからHigh SierraにするとまたCS6が使えなくなります。その場合は再度上記の同ページからJavaをインストールし直してください。

背景を無限ループさせていましたが、メモリ負荷が大きくユーザビリティ(利便性)を大きく損なうし、代替も考えたけど動きは要素(デザイン構成)で動きを付けているし十分かと思い、思い切って廃止にしました。

見た目より質重視ということで。

絵描き・物書き・webデザイナー・HTML/CSSコーダーと、幅広くやれる京都生まれのウサギ好き。ネチケット(ネットマナー)やネット(情報)リテラシーの扱い、批判(建設的意見)と批難(感情的否定)の違いにはちょこっとシビアで、性別問わず好きなタイプは、自己反省・研鑽(けんさん)・啓発の努力を惜しまない人。長い文章や理論を分析し、簡潔に分かりやすくまとめる事が得意なため、リアル・ネットを問わず、各所からご好評をいただいております。