R-15
版権絵, 雑記他



当時のpixivプロフィール画像は海外でやたら大人気でトランプ大統領と比較されるMGRのアームストロング超院議員上院議員ネタにした、文章つきのネタ画像でした(現在は違うアイコンにしています)。




※管理画面は2017年当時のものです

しかしpixiv側が昨今のSNSのように、プロフィール画像を四角形から丸いものに変更したんですよね。開発者ブログやおしらせなどの、変更予告やメール告知も一切せず。

pixivは他のSNSと違い、ネタ系プロフィール画像と親和性が非常に高い特徴があり一線を画していました。pixivのツイッターUI(レイアウト)化、評価点数制の廃止はいいにしても(むしろ後者は大歓迎)、この仕様変更は事前に言ってほしかったですね。一応お金を時々払う身としては、運営者としての説明責任は果たしてほしいものです。

……とまあ文句ばっかりなのもどうかと思いますので、プロフィール画像を対応させました。使用ソフトは『Photoshop CS6』です。

丸いプロフィール画像に対応させる



別に難しくもなんでもなく、正方形のオリジナル画像に同じサイズの円を引き、その円の内側に文字や画像が収まるよう調整するだけです。変則的な大きさの場合は正方形に直したほうが思いどおりになります。これはツイッターといった他のSNSでも応用が利きますので、ぜひ覚えてきたいところです。

フォトショップを使わなくても、レイヤー機能・画像編集機能を備えた、無料版もしくは無料体験で使える画像編集ソフトを使えば、これと同じ操作が可能です。

なお、画像は想定しているモノよりも大きめ(可能であれば縦横2倍ほど)のサイズを用意してください。これは最近のスマホやPCは解像度が非常に高精度になったことで、小さいサイズや等倍の大きさだと画像が解像度と釣り合わずに劣化し、ボケボケの印象になってしまうからです。

もし、500px × 500pxを想定しているのなら、1000px × 1000px で作ったほうがPCでもスマホでも綺麗に表示されるということです(ただしサービス側のシステム上、強制的に画像劣化させられてしまう場合は、残念ながら対策方法はありません。色数や密度がある画像を用意して、劣化をごまかすぐらいです)。




対応させたのが右のプロフィール画像ですが、ちょっとレイアウトを変更して、




これで丸くてもそれなりの存在感を放てます。




円を消して正方形の画像のまま保存し、pixivにアップロードして対応完了です。

追記:pixivにメールで問い合わせました

(会社的にも)大幅な仕様変更するときはちゃんと事前報告すべきだと思いましたので、この記事を書いた後に、pixiv運営にこの件の問い合わせをしたところ返答がきました。返答メールをそのまま掲載するのは著作権的に問題ですから、内容を要約しますと……

いただいた内容は社内で共有させていただきます。貴重なご意見ありがとうございました。

— pixiv運営スタッフのメール返答(要約) —


という社交辞令的な返信でした。まあ、ちゃんと伝わっていればいいなと思います。

結局、adobeの『XD』を使うためにMojave(10.14)にしました。Illustrator CS6を使えるようにするためにややこしい作業をしたのを除けば、以前と変わらない挙動で一安心。

同じUIデザインができるなら『Sketch』を使うことも考えたんだけど、日本語対応していないし有料だし、XDのほうが職場で慣れているからね。

半年以内に新しいブログデザインへ完全移行ができたらと思う。WordPressのクラシックエディタも今年で使えなくなるし、全記事をグーテンベルク形式に書き直さないと……

絵描き・物書き+WEBデザイナーの京都生まれなウサギ好き。「ネチケット(ネットマナー)やネット・情報リテラシーの扱い」「批判と批難(非難)の混同・誤用」には少々シビアで、性別問わず好きなタイプは「失敗・反省から学ぶ人」。長文や理論を分析し、簡潔に分かりやすくまとめるのが得意なため、リアル・ネットを問わず、各所からご好評をいただいております。