R-15
版権絵, 雑記他



2017年7月1日の昼頃から、ファン待望だった『ソニックトゥーン』の日本語吹替版が『Netflix』ついに公開されました。昔、日本公式ではゲームしか展開されていなかった頃は、このブランドに対する誤解や偏見が溢れていて、あまりの有様に反論記事を書いたほどでしたね。

しかし今では放映後に魅力を見直したファンや、ソニックをあまり知らない人達が興味を持ち、好意的に評価する人達がツイッターを中心に続出。

何というか感慨深いですね。もう何回も書いていますが、ソニックトゥーンの魅力の9割はアニメ版にあると言っても過言ではありません。

視聴するにはNetflixに会員登録し、支払方法も選択する必要があります。クレジットカードを使えば簡単なのですが、学生だと親に頼まないと出来ないのが現状ですし、そう易々とクレジットカードを使わせるなんてそうそういないでしょう。

なので学生でもクレジットカード無しでソニックトゥーンを視聴する方法を、様々なサイト様の情報を拝借してまとめてみました。


Netflixギフトカード(プリペイドカード)を買う

取り扱っているのはビックカメラなどの大手電気店が中心のようです。1500円のモノと3000円のモノの2種類ありますので、好きな方を購入してください。どの選択肢もそうですが、Netflixには30日間無料がありますので、併せれば最低2ヶ月はソニックトゥーンをオンラインで見放題です。

詳しい登録方法はこちらのサイト様の内容を参考にしてください。


スマホアプリからiTunesカード、Google Playギフトカード、アプリ内課金を利用する

こちらはスマートフォンでアプリをダウンロードし、支払をiTunesカード、Google Playギフトカード、もしくはアプリ内課金を利用する方法です。こちらのプリペイドカードならならコンビニでも売っていますし、金額の種類も多いので、より気軽に利用できると思います。

アプリ内課金で一つ注意点なのが、(数十円程度ながら)プラン料金よりも少し高めに設定されているようです。今現在では変わっているかもしれませんが、その点は踏まえておいてくださいね?

アプリのダウンロードはコチラから。

Netflix(iTunes)

— iTunesストア —

Netflix(Google Play)

— Google Playストア —


携帯料金と一緒に支払う(※ソフトバンクの方限定)

ソフトバンク携帯でなおかつ、カードをわざわざ買いに行くのはメンドクサイ人向け。支払い手順はこちらのソフトバンク公式サイトの指示に従ってください。

Netflix

— ソフトバンク —


最後に

他にも支払い方法はありますが、クレジット経由にならないものをまとめました。ソニックトゥーンしか見ないのであれば、無料期間と併用しつつ、ダウンロードしてオフラインでもいつでも見れるようにし、支払い期日前(登録した日が支払い期日です)に解約するのが良いかもしれません。

ただ、ソニックトゥーンにはシーズン2もありますので、こちらも吹替が今後される可能性が十分にありえます。

ご利用は計画的にし、ゲームを知らなくても楽しめるソニックトゥーンを堪能してください!

背景を無限ループさせていましたが、メモリ負荷が大きくユーザビリティ(利便性)を大きく損なうし、代替も考えたけど動きは要素(デザイン構成)で動きを付けているし十分かと思い、思い切って廃止にしました。

見た目より質重視ということで。

絵描き・物書き・webデザイナー・HTML/CSSコーダーと、幅広くやれる京都生まれのウサギ好き。ネチケット(ネットマナー)やネット(情報)リテラシーの扱い、批判(建設的意見)と批難(感情的否定)の違いにはちょこっとシビアで、性別問わず好きなタイプは、自己反省・研鑽(けんさん)・啓発の努力を惜しまない人。長い文章や理論を分析し、簡潔に分かりやすくまとめる事が得意なため、リアル・ネットを問わず、各所からご好評をいただいております。