• 最新記事

  • 加筆修正を行いました

    最終更新日は2016/11/4です。修正前と内容が異なる場合があります。



    長らくお待たせしまして、リニューアル完了です。そして今更ながらヘッダーの絵はこんなイラストでした。





    ちょうど描いたのが去年の今頃でしたね。実は『東京ゲームショウ2015』に出展させていただいたイラストでもあったりします。いちいち報告するのもどうかなーと思っていましたが、今回この絵をあげた機に言っておきますね…一年遅れで。

    どう変わったのか、今後どうするかを以下に書いておきます。

    まだ未完成の段階です

    地道に修正などを行なっていきます。



    今回のリニューアルで変わった事


    全デバイス、媒体に対応

    前回までのブログデザインでは、PC前提で見るものであったために、ゲーム機やタブレットで見るとおかしな表記になっていました。

    ですが今回は『リキッドレイアウト』、『レスポンシブデザイン』を採用した事、また枠組みやレイアウトを画像ではなくCSSを使用した結果、PCだろうがゲーム機であろうがタブレットだろうが、そしてスマホでも閲覧が可能になりました。

    要は、ネットはPCで見るのが当たり前な10年前の対応状況だったのを、スマホやタブレットでネットを見る現代のニーズに合わせた感じです。携帯機ゲームだとまだ見るのが厳しいですが、今後対応できるかもです。

    リキッドレイアウトだと、モニターの幅次第では長く伸びすぎて、コンテンツが読みにくくなるんじゃないのと、少し知識のある方なら思うかもしれません。ですがそこもご心配なく。

    最大、最小まで伸びる幅を設定していますので、以前のブログデザインからやっていた、絵も文章も読みやすいデザインを今回も継承しています。


    ブランド名を『ミュータウサギ(MyutaUsagi)』に



    実は既にデザインしたものにはこのブランドロゴを使っていたりします。最近は英語表記通りな画像下のデザインを使うようになりました。このブログも一部プログラムやコードは他サイト様やWebデザイナー様によるものを拝借していますが、それ以外は自力で制作したものであるため、このロゴを掲げさせていただきました。


    任天堂ブログやGoogleコミュニティ、pixivを参考にしたレイアウト配置

    前回のものは周りにビビット色を乗せる事で中央の記事へと視線を誘導させる手法を取りましたが…逆にキュウクツに感じる問題点もありましたね。

    今回はそれを撤廃し、見出しに挙げたサイト様のデザインを参考にしました。権利関係のものは流石にNGですが、人間工学や心理学に基づいた見やすいデザインはパク…もとい、リスペクトすべき。


    SNSにフレンドリー

    時代に合わせ、SNSでの記事の共有が容易になりました。このブログって、まとめサイトとかツイッターに結構引用されてるんですよね…まさか自分のブログが注目されているとは意外や意外。トラックバック機能は…まあ引用元がSNSばかりなので、今の所搭載の予定はありません。そこまでのレイアウトってメンドクサイですし。


    将来のSEO対策を視野に入れる

    SEO対策』…ものすごく噛み砕いた説明をすると、「検索エンジンにフレンドリーな作りにして、アクセス数を上げる」というのを、今後やっていく事を想定しています。

    例えば既に行った事として、HTML5とCSS3を文法チェッカーに入れて修正したり、『OGP (SNSとの連帯強化)』の採用、後述する記事の充実化といったものですね。まだ表示速度の検定点数が低いので、直していかねばなりません。奥が深く技術的な分野ですから、今の自分の脳ミソではこれが精一杯です(苦笑

    一番のSEO対策はマメに記事を更新するなんですけどね…(笑


    今後の目標、やっていく事


    記事の書き直し、読まれない記事を統合と削除

    2016年7月現在、400ほどの記事がありますが、読まれない記事を他記事に統合や削除を行って、150前後に減らす考えです。また従来の記事も、この記事のような書き方に直していきます。それ故に、幾つかの人気のない絵は削除する方針なので、何卒ご了承くださいませ。

    記事の密度を上げ、記事の充実化を図るのが目的です。合間にちょくちょくやっていきますので、お付き合いいただければと。


    ツイッターやタンブラーの運用開始

    え? ツイッター嫌ってなかったっけ? って思われるかもしれませんね。昔そういう記事書きましたので…

    ただ自分はツイッターを嫌っているのではなく、一部ツイッター利用者のモラルやネットマナーの無さを嫌っているだけなので、モノ描きとしては容易に拡散できる媒体を利用しないのは愚の骨頂だと、最近考えるようになりました。少しやる事があるので、まだ導入は先ですが…

    ですが利用目的は情報収集とブログと絵の宣伝です。返信を除き、日常ツイートをする予定はありません。そういったものはこれまで通り、全部ブログに書くつもりです。


    バナーなど、一部画像も作り直し

    こちらも合間にやっていきたいなと。アニメーション系はちょっと時間かかりますからねぇ。


    …とまあ、多忙にかまけたスロー更新はまだまだ続きますが、変わらず訪れていただければ幸いです。

    最後までご覧いただき、誠にありがとうございます。もし宜しければ、記事のSNSシェアのご協力をお願いいたします。

    赤竹 ただきち

    (Tadakichi Akatake)

    『UNDERTALE』やっていてふと思い出したのが、もし誰かとチームで同人やグッズ、ゲームなどを作るなら、「有能かつ話を聞いてくれる人」達と組んだ方が良い。

    学生だった頃にゲーム制作の協力をし、素材提供をしたことがあったのですが、頼んできた相手は正直初心者レベルの人で、しかも「俺はこれがやりたいんだ」みたいな感じで融通がきかないタイプでしたね。

    故にできたゲームも素材を生かしきれておらず、こちらが提示した依頼書も全然読んでいないお粗末な内容で、関わっただけに自分自身も低レベルなゲーム制作者だと第三者に思われ、言われた時は悔しかったし心外だった。

    まあ自分が優れていたとは言いませんが、一応出来る人間だという評価はされていたので、組んだ相手を間違えたんだろうなぁと。

    だから共同制作するなら、「自分もレベルを上げつつ、有能な人間と組め」という事を、学生時代の自分に言いたかった。今でもその辺りは後悔してるかも。
    MyutaUsagi

    絵描きからHTML・CSS、物書きまで幅広くやれる京都生まれのウサギ好き。ネチケット(ネットマナー)やネット(情報)リテラシー、批判と批難の違いにはちょこっとシビア。

    最新記事