R-15
創作他, 雑記他






最初のラフ段階で既に色がついているのは、色設計の目安として色を置いたためです。背景付きの版権絵も時には必要ではありますが、オリジナルの絵はさらに必要になってきますからね。そこそこの密度の絵に無計画で描き進めるなんて正気の沙汰じゃない。なお2枚目はスマホに映っているスタンプイラスト。

昔「一度のみならず、二度観てもおいしい絵を描きなさい」って先生に言われた当時は「はぁ?」ってなりましたが、要は小物を見ると状況や世界観を推測できる・膨らませるもの、ちょっとした遊び心を加えて絵を面白くすること。今ではいかに大事なのかが分かります。




自己主張をどう表すかによって、益にもなれば害にもなるよね。例えば物書きや絵描き、動画制作などに充てると、「自己表現」や「情報発信」となって、益となる具合に。

ただ、まとめサイトや百科事典サイト、wikiのように、公益性よりも自己主張や自己中心的行動を優先する人の場合、自己主張がモラルやマナー問題に発展して害になることがままある。メタ認知が低い人はクリエイティブな自己表現に向いていないとも言えるね。

絵描き・物書き・Webデザイナー・HTML/CSSコーダーの京都生まれなウサギ好き。「ネチケット(ネットマナー)やネット・情報リテラシーの扱い」「批判(建設的批評)・批難(非難:感情的否定)の混同・誤用」には少々シビアで、性別問わず好きなタイプは「自己反省・研鑽(けんさん)・啓発の努力を惜しまない人」。長い文章や理論を分析し、簡潔に分かりやすくまとめるのが得意なため、リアル・ネットを問わず、各所からご好評をいただいております。