R-15
レビュー, 版権絵

ピクミン3,ピクミン3デラックス,レビュー,評価,感想,ニンテンドースイッチ,ルーイ,ごはん

デラックス版の追加サイドストーリーでさらにクズっぷりが露呈したルーイ

以下からニンテンドースイッチで発売された、『ピクミン3 デラックス』のストーリー(メイン・サイド両方、難易度ノーマル)をクリアした感想になります。

ピクミン3 デラックス

— 公式サイト —


WiiUで発売された『ピクミン3(以下、オリジナル版)』はプレイ済で、過去にはレビューも書いていましたが、諸事情で記事を消したので改めて書く形になります。

しかしながら、オリジナル版のレビューはすでに数多くありますし、再度書くつもりもないので、今作をやり直して気づいた部分と、追加要素の感想がメインです。

そういえば本作のテレビCMは、ゲームの楽しさを全面的に押し出した内容になっていましたね。オリジナル版は発売前を除き、「ちゃんとダンドリができないとピクミンが死にますよ」という、拒否反応を示すような内容で売る気がないと言わんばかりのCMだっただけに。CMは『1』や『2』の頃が一番好き。ストロベリーフラワーは実質解散したようなもの。


ピクミン3,ピクミン3デラックス,レビュー,評価,感想,ニンテンドースイッチ
電気! 通さずにはいられないッ!

ネタバレ注意!

この記事には作品のネタバレが含まれています。


オリジナル版よりもかなり遊びやすい

ピクミン3,ピクミン3デラックス,レビュー,評価,感想,ニンテンドースイッチ

オリジナルのWiiU版は、ゲームパッドの画面やテレビ画面を行ったり来たりして忙しいゲームでした(一応ゲームパッドの単体プレイは可能)。ですが今回はニンテンドースイッチ用に最適化され、突撃の簡易化、ミニマップやロックオン機能の実装など、携帯モードでも遊びやすい工夫がされています。

オリジナル版の秘密のメモは廃止され、新たに作られたオリマー日誌などに変わっています。代わりに秘密のメモを打ち込んで見られた公式サイトの隠し動画は、サイドストーリーの導入シーンとして再活用されています。


ピクミン3,ピクミン3デラックス,レビュー,評価,感想,ニンテンドースイッチ
ピクミン3,ピクミン3デラックス,レビュー,評価,感想,ニンテンドースイッチ

新機能の中でも特に便利だったのが、「進行ガイド」の追加と、ドレイク号から笛を発信してマップ全体のピクミンを全員集合させる機能。邪魔なら攻略ヒントを押さなければいいし、離れたピクミンが帰還途中、原生生物に食べられてしまうリスクはありますが、マップ全体に散らばるピクミンを呼び寄せられます。これらの機能は本当に便利でした。


ピクミン3,ピクミン3デラックス,レビュー,評価,感想,ニンテンドースイッチ
巨大生物の進級バッジはどことなく『モンスターハンター』っぽい

実績機能にあたる「進級バッジ」も、やりこみ要素の意欲向上に一役買っています。スイッチにはハードの仕様上、実績機能がありませんし、(一部を除いて)比較的達成しやすい内容ばかりです。早い日数でクリアする以外にも、楽しむ要素を見つけられるでしょう。


……このように新機能はやりこみ要素に深みをもたせ、操作感を向上させる便利なものが多い一方、解散のコマンドが少し面倒になっていたり、操作ミスによる突撃のキャンセル機能がないのは、改善してほしかった箇所です。

再プレイして分かったコネタ

ピクミン3,ピクミン3デラックス,レビュー,評価,感想,ニンテンドースイッチ
PNF-404の大陸はパンゲア・ウルティマ大陸がモチーフ

プレイ当時でも、PNF-404はサイトページが存在しないダイアログ『Page Not Found 404』が元ネタで、アルフたちが謎の墜落事故に遭(あ)った瞬間、ファミコンソフト『ダックハント』のSE(効果音)が使われていたのは知っていましたが……

本作で改めて知ったのは、PNF-404の大陸地形は未来の地球の大陸考察図『パンゲア・ウルティマ大陸』がモチーフだったことですね。

オリジナル版をプレイしたときも、「あー大陸移動してオーストラリア大陸と南極大陸っぽいのが合体しているなー」としか思っていませんでしたが、実在する考察論だったとは……『アメイジア大陸』なら知っているんですけどね。


PNF-404は、再訪したら地形が変わっていると『2』でオリマーが言及していたものの、ステージ風景の考証を抜きに考えれば、『2』の冒険の後、『3』で再びオリマーが降り立ったときには2億年以上の歳月が流れたか、それに準ずるぐらい大陸プレート移動が高速になっている計算に。『ゴジラ 怪獣惑星』なんて微々たるレベル。

『3』におけるオニオンの進化を考えると妥当かもしれませんけど、そのあたりを色々考えてしまうと、再びコッパイ星やホコタテ星に戻ったら4億年以上の月日が流れる……と、ややこしくなるので、「そのぐらいPNF-404は時間の進みが早く、現在の地球から遠い未来『かも』しれない」と思っておくのが無難。

『1』の時点で宇宙船パーツのガイガーカウンターが放射能検知音を発しているため、PNF-404は放射能汚染されている疑惑もあり、本当に謎が多い。まあそもそも、あの星が地球だとは劇中で明言されていませんからね。あくまで匂わせる描写と背景があるだけで。

メタ的(現実的観点)に言ってしまえば、ピクミンは宮本茂氏が「働きアリをモチーフにしたら面白いと思ったから」と、NHKで放映された『松本人志大文化祭』の対談で話したそうですし、庭などで見かけるモノが地形として登場しているのは、それがおそらく理由でしょう。


ピクミン3,ピクミン3デラックス,レビュー,評価,感想,ニンテンドースイッチ
ピクミン3,ピクミン3デラックス,レビュー,評価,感想,ニンテンドースイッチ

また、壁画写真の存在は(覚えている限り)今作で初めて知りました。これらをすべて写真に収める実績や、実績対象外の新規壁画が増えているという話もあり、最短クリアのみならず、壁画写真集めをするの楽しみかたのひとつでしょう。

生物図鑑の復活は大きな評価ポイント

ピクミン3,ピクミン3デラックス,レビュー,評価,感想,ニンテンドースイッチ
オリマーメモはクリア後の2週目プレイで閲覧可能

今作の大きな評価点は、『2』でも好評だった生物図鑑の復活でしょう。オリジナル版当時では分からなかった生物の生態・特徴などが、数多く判明しています。


ピクミン3,ピクミン3デラックス,レビュー,評価,感想,ニンテンドースイッチ
「アワダコ」はヒトデの仲間

ピクミン3,ピクミン3デラックス,レビュー,評価,感想,ニンテンドースイッチ
「ヌマアラシ」の頭部は寄生生物説

今回は『2』と比べても完全クリアはしやすいので、ルーイメモやオリマーメモの解禁がしやすくなっています。(しかし、あの苦労の果てに生物図鑑完成やルーイメモが価値あるものになった部分もあったので、ありがたみさは減ったかも)。

アルフは生物の特徴と弱点の実用的なもの、ブリトニーとチャーリーはほとんど感想やツッコミ程度のお遊び要素が強い印象。ルーイメモやオリマーメモは、過去作に登場した生物についてはそのまま『2』の内容を流用した形になり、変更点は特にありません。

『2』をやっていると『3』の生物数は非常に少なく、既存生物の解説文は『2』のほぼ流用な上、「ペレット草(アメノツユクサ)」や「ポンガシグサ」といった植物の図鑑解説は未収録。癒やしな図鑑専用曲はなくピクピクニンジンを投げることもできなければ、カメラ方向を変えたり石化させることもできません。

オリジナル版よりかは良くなったとはいえ、内容も機能も削減されていますから、『2』好きには物足りない。


ピクミン3,ピクミン3デラックス,レビュー,評価,感想,ニンテンドースイッチ
過去作に登場した生物のルーイメモ・オリマーメモはほとんど『2』の流用

しかしながら、本作のラスボス「アメニュウドウ」については、オリマーが「アメニュウドウの穴は心の傷による穴ではないか」という考察や、ブリトニーたちも「種族を超えた愛」「オリマーの熱心なおっかけ」と感想を述べていて、アメニュウドウの行動原理がより分かりやすくなっています。


ピクミン3,ピクミン3デラックス,レビュー,評価,感想,ニンテンドースイッチ
ピクミン3,ピクミン3デラックス,レビュー,評価,感想,ニンテンドースイッチ
ピクミン3,ピクミン3デラックス,レビュー,評価,感想,ニンテンドースイッチ

まあプレイヤーの間ではオリジナル版当初から、「アメニュウドウはオリマー好きのヤンデレ」とか言われていましたけどね。


余談として、『2』や『3』のルーイメモは日本版・海外版では結構異なっていて、日本版では食べていないダマグモ・ダマグモキャノンなどは、海外版では食べている模様(アメニュウドウの海外版解説によれば、柑橘〈かんきつ〉系の香りがするらしい)。気になる人はYouTubeなどに解説動画がいくつかあるので、探してみてください。

オリマーの有能さと人柄の良さがよく分かるサイドストーリー

ピクミン3,ピクミン3デラックス,レビュー,評価,感想,ニンテンドースイッチ
「ただいま、ピクミン!」はちょっと泣いた

サイドストーリーは2部構成で、アルフたちがPNF-404で調査していた頃の時間軸の話と、アルフたちが任務を終えてコッパイ星に帰った後、オリマーたちがドルフィン初号機を回収するために再度PNF-404を訪れる後日談の構成になっています。

ピクミン3の本編エンディングのラストで落ちてきた流れ星は、再びやってきたオリマーたちの宇宙船だった可能性が高くなりましたね。オリジナル版はそこで終わりましたから、ピクミンたちの無邪気な恐ろしさを感じるシーンではありましたけど……

ゲーム内容についてはほとんどミッションモードと同じで、前半は本当に似たりよったりで面白みに欠けますが、後半はドルフィン初号機のパーツを回収するという、『1』を彷彿(ほうふつ)とさせる展開や、曲も『1』のアレンジ曲が多いのが印象的。


ピクミン3,ピクミン3デラックス,レビュー,評価,感想,ニンテンドースイッチ
初号機にもドルフィン号と似たパーツが使われているようで懐かしい……

PNF-404に降り立ったのは、最初は「チャチョーが『2』の後、その大金で新事業を行ったが失敗して業績が悪化し、お宝探しを命じられた」、再訪は「帰還したら『初号機をちゃんと持ち帰れ』と社長命令があった」でしたが……

ルーイはサイドストーリーの後半、回収した果実をつまみ食いしてオリマーが注意したら失踪するわ、チャチョーはその件を「仲間を大切にしろ」と言うわで、オリマーが不憫(ふびん)。にも関わらず、「感情的に強く叱るなんて、先輩としてもパイロットとしても失格」と自己反省するという有能さ。

「オリマーはなんでこの運送会社で社畜として働いているの?」と思うぐらい人格者なのが、このサイドストーリーのいい部分でしょう。どうみても中間管理職じゃないか! まともなのはオリマーだけか!

ちなみに修復しても、ドルフィン初号機は劇中で一切喋ってくれません。少し放置されたから怒って無口になっているだけだと思いたい。

総評:オリジナル版のボリューム不足感を「ある程度」解消している

『2』と比べればさすがにバリエーションは見劣りし、生物図鑑の復活は嬉しいものの、『2』の3割ほどの内容で、植物解説はカット、シリーズ生物の解説は過去作流用などの問題はあります。しかし『3(オリジナル版)』の圧倒的なボリューム不足感をある程度改善し、ロックオンや全体呼び戻し集合といった便利機能などで、さらに遊びやすくなったと感じました。

オリジナル版はWiiUというハードの性質上、「画面の視線を行ったり来たりですごく疲れるゲーム」でしたけど、今作はニンテンドースイッチなので、より画面に集中できるゲームになっています。方向ガイドもありますしダンドリ力で頭もかなり使うので、初心者や知育ゲームとしてもオススメできるのではないかと。

座間殺害事件の犯人を擁護するつもりはないと前置きした上で、「被害者の両親は犯人に責任転嫁していないか」って、ニュースを見てそう思ったね。

SNSというオープンな場所で、自殺願望や生の気力がない書き込みをするって異常な状態。そんな人の家庭が健全に機能しているとは思えない。結果論だけど、家庭環境がしっかりしていれば、SNSにそんな書き込みすらしなかったはず。

自殺原因をしっかりと向き合わず、「自死」表記にこだわる遺族の問題と似通っているんだよね。犯人の行動は許されないし推測でしかないけど、両親の完全被害者みたいな態度は違和感がある。

絵描き・物書き・デザイナー・HTML/CSSコーダーの京都生まれなウサギ好き。「ネチケット(ネットマナー)やネット・情報リテラシーの扱い」「批判と批難(非難)の混同・誤用」には少々シビアで、性別問わず好きなタイプは「反省と改善の努力を惜しまない人」。長文や理論を分析し、簡潔に分かりやすくまとめるのが得意なため、リアル・ネットを問わず、各所からご好評をいただいております。