海外アニメで日本のBLを扱うとは予想の斜め上【サウスパーク第19シーズン6話『Tweek x Craig』~10話『PC Principal Final Justice』までの感想】

続きを読む

写真を見て楽に描くかor本物を見て苦労して描くか【絵が上手くなりたい人へ】

続きを読む

【考察】FANBOXやFantiaなどの支援サイトで二次創作はダメ?【版権】

続きを読む

【考察】なぜコメント欄を閉鎖するブログが増えているのか + Adblock禁止ブログに思うこと

続きを読む

ピクミン3の新しいCMの内容がやけに黒い件【『マリオ&ルイージRPG4 ドリームアドベンチャー』『ピクミン3』プレイレビュー・評価】

続きを読む

【支援サイト更新 / R-15有料・一部無料記事】裸体絵差分と超院議員のメイキング【アズレン / アズールレーン / 艦これ / 艦隊これくしょん / MGR / メタルギアライジング】

続きを読む

【感想 / イラスト】コロコロアニキ2018年秋号感想。『死.tv』が最終章でギャグバトルマンガ化

続きを読む

【イラスト】2019年絵とアズレンの決闘者(デュエリスト)絵【ソニック / ソニックトゥーン / アズレン / アズールレーン】

続きを読む

R-15
レビュー, 版権絵



iOS、Android端末で基本無料で遊べる『ポケモンマスターズ(ポケマス)』を6章ほどまで遊んだので、簡単にレビュー。勝利ポーズで一瞬おっぱいが揺れるフウロさん……チビッコも遊ぶであろうゲームで乳揺れを入れる公式マジ病気。

ポケモンマスターズ

— 公式サイト —



ストーリーのネタバレは避けています

物語のネタバレは避けていますので、ゲーム内容の参考にどうぞ。



ポケモンよりも人間キャラクターに焦点を当てているゲーム

本編ポケモンはあくまでもポケモン達がメインで、トレーナーは物語を引き立てる……という作りになっています。もちろん魅力的な人間の登場人物も多いですが、どちらかと言えば「ポケモンを育てて、収集したり、時には戦わせる」ゲームですよね。

しかし本作は「人間キャラクター(ポケモントレーナー達)を焦点に当てている」ゲームです。だから歴代の主人公もほぼ全員が固有の性格を持っているし、トレーナー達にスポットライトを当てているから、各シリーズの主人公も含めた各地方キャラクターとのかけあいが見られるのも魅力な他、シリーズの小ネタも色々挟んでいて、より作品を知っていると楽しめます。

例えば、本編では決して会うことはないであろうユウキ(ルビー・サファイア〈&リメイク版〉の男主人公)とコルニ(XYのジムリーダー)が顔見知りで、お互い信頼しあっている仲なんてあまり想像しにくかったですからね。そもそも本編では裏設定の時系列が関係している都合上色々難しいですが、本作のゲーム性だからこそ共演できる部分もあります。

ストーリー的にはそれなりの理由付けがされているものの、ここでは省略。



ポケマスのメイちゃんマジクソかわ。



モデリングや再現度がかなり高い

個人的に一番評価すべき点はココ。

キャラクターモデリングの出来がかなり良く、タケシやツツジといった古参キャラクターは、それぞれ最新のリメイク版準拠でデザインされていますね(タケシは『Let’s GO! ピカチュウ イーブイ』、ツツジは『ハートゴールド ソウルシルバー』のデザイン)。

過去作なら、当時はドット絵でしか分からなかったモブキャラクターも、3Dモデリングで繊細に再現されているので、どのようなデザインなのかがよく分かりますね。個人的に操作キャラクター以外では、今後のアップデートでXYのミニスカートを出してほしいなと。あのフランスの女子学生感が本当に好き。

モブトレーナーも含め、全員がボイス付きなのも特筆すべきポイント。アニメポケモンやオリジンとはまた異なった配役になっているものの、全員声付きでしかも決め台詞はしっかりフルボイスで再現されています。アニメでは登場が省かれていた、もしくは性格が変わっていて聞くことが出来なかったボイスも聞けるのは、ファンとしては嬉しい要素でしょう。



ズミの「この痴(し)れ者が!」もしっかりフルボイス。

本編と比べるとかなり忙しいゲーム

本編とは違い、技厳選の重要性は比較的低い(ただそれでも考えないと厳しい場面も……)ので、いわゆるガチ対戦よりかは敷居低いです。しかし「リアルタイム(時間停止がない)のコマンドバトル」なので、かなり忙しいゲームであり、難易度が高くなるにつれて息つく暇もなくなります(コルニ編辺りからだんだんと難しくなっていく)。



しかしながらボイス付きでバトルするのは本編にはない魅力であり、アニメポケモンにそこそこ近い臨場感があり、指が忙しいゲームが好きな人には、いい感じに楽しめるのではないでしょうか?


現段階で気になった点・不満点など

ここからは簡単に本作の不満に感じた部分を述べていきます。ただスマホゲーなので、今後のアップデートで改善できそうなものばかりである事を、あらかじめ明記しておきます。

メインストーリーはそんなに難しくない
メインストーリーは章を進むごとに難易度は段々上がるんですが、詰んでしまうほど難しいというわけでもないし、エクストラステージで強化の修練を1時間やって強化マニュアルを取り続ければ、3人だけでもレベル50は簡単に行けるかと。

またバトル中も、メイちゃんの「元気メイっぱい(わざゲージ3本の回復)」を使えばそこそこゴリ押しも効くので、中には1日でメインストーリーをクリアした人もいるとか。まだ高難易度はエクストラステージにしかないので、そこは追加メインストーリーに期待かなと。メインストーリーにハードモードがあるのかは、そこまで進んでいないのでご割愛。


編成がやりにくい
やりにくいよりも「面倒くさい」が正しいかも。一応編成ストック機能もありますが、章ごとで弱点属性が変わるのでその都度編成を見直さなければならず、あまり恩恵は受けられないし、おすすめ編成を使っても負けることが多く、結局自分で編成した方が勝率が上がるんですよね。


フィールドワーク(探索マップ)で“次のエリアに進む”が分かりにくい
探索マップでは画面の最下面に「次のエリアに進む」を表す矢印マークがあり、説明文もないので初見は一瞬戸惑います。フィールド上に出すなり「次のエリアに進む」と文字併記したほうが混乱も防げるのでは?


相手の強さ目安が分からない
自陣の場合は強さ(総合戦力)が数値化されていますが、相手が数値化されていないので、数字の意味があまりない気がする。


お知らせの通知アイコンがどの通知を指しているか分からない
お知らせマークが付いているので開いてみれば、既読済しか表示されず、「……で、何が新着情報だったの?」と肩透かしを食らうことも。


モデリング鑑賞で動かせない
キャラクターのプロフィールではモデリング鑑賞ができるのですが、現段階では動かすことが出来ませんでした。メイちゃんのキュロットスカートには後ろポケットがあることをロビーで振り向いた時に知ったので、動かせるようにしてほしい。


マイニンテンドーとの連動要素がない
DeNAとの共同開発のせいか、マイニンテンドーの連動要素がありません。ポケモンスクランブルが対応しているのだから、対応してほしいなあと思ってみたり。


スマホ充電が少ないとエラーでタイトルに戻る



スマホ充電が少ないと、上記のようなエラーが出やすくなり、強制的にタイトル画面へ戻されます。ここは改善してもらいたい。


総評

細かいところやバトルシステム面はまだ改善点が多いものの、トレーナーに焦点を置いたこのゲームはかなり魅力的で、二次創作でも色々参考になりそうです。

キャラクターを手に入れれば、メインホールで(ランダムながらも)親しげに話してくれることから、本編の性格補完としても一役買っています。ポケモンファンで、トレーナーやジムリーダー達に愛着を持っているなら、是非遊んでおきたいゲームです。


まさかのPS3が電源入らなくなりご臨終。6年持ったとはいえ参ったなあ…まだソニックワールドアドベンチャーとか途中だったんだけど…

PS4じゃPS3のゲーム(ディスクver)が出来ないし、かといって持っている一部ソフトはPSNにも対応してないから、いっそ博打だけど中古品買おうか…

絵を描いてHTML・CSSコーティング、文章書きまで幅広くやれる京都生まれのウサギ好き。ネチケット(ネットマナー)やネット(情報)リテラシー、批判と批難の違いにはちょこっとシビア。