R-15
レビュー, 版権絵

名探偵ピカチュウ,ポケモン,ポケットモンスター,ピカチュウ

先日、少し遅れてハリウッド版『名探偵ピカチュウ』を観に行きましたので、レビューというかゲーム(3DS)版の方と違いと簡単な感想を述べていきます。


結末を匂わす表現をするものの、ネタバレはしない方向性で。なお絵の本来のサイズはコチラにありますが、R-15要素を含んでいるので注意。 



微ネタバレ注意!

この記事には作品のネタバレが「少しだけ」含まれています。


ゲーム(3DS)版『名探偵ピカチュウ』との違い

説明は不要でしょうが、今作はニンテンドー3DSソフトの『名探偵ピカチュウ』をハリウッド映画化したものです。ただ映画化したというより原案に近く、ほとんど別物です。

ゲーム版と共通するものを挙げるならば、

  • ピカチュウがおっさん声でしゃべる(しかし相棒のティムしか聞こえない)
  • ミュウツーがキーであり事件の真相を知っている
  • 登場人物たちの名前
  • 場所と地名
  • 『R』というポケモンを凶暴化する薬
  • 序盤と終盤のストーリー展開・舞台

ぐらいで、それ以外は映画オリジナルです。声もそうですが、ティムなんて白人の大学生から黒人の社会人に変わってますからね。

おっさんピカチュウのキャラづけもゲームとは少し違い、ゲーム版は大川ボイスも相まって「クールを気取る、お茶目で頼れる先輩」という印象で、ハリウッド映画版は「年の離れた友人」のように感じました。それにゲームではずっと「ティム」って呼んでくれますけど、映画の方はずっと「ボウズ(だったかな?)」ですしね。

ハリウッド版一番の評価点

そしてハリウッド版の一番の評価点は、「物語と謎と結末をしっかり描いた」ことでしょう。

ゲームのネタバレになりますが、ゲーム版では、

  • なぜ父親が消えてピカチュウだけがいたのか?
  • 人語が喋れるピカチュウ化した真実
  • 父親は本当に生きているのか?

といったものが少し判明する程度か、もしくは一切明かされずに終わりましたからね。

ゲームをやったときは「チョット待って! 続編を数年待たせられて未完ってどういうこっちゃねん!」って正直レビューする気が失せたレベルでした。一応映画とは異なる完結を描いた完全版が、ニンテンドースイッチで発売されるというアナウンスはありますが……


もはや高クオリティで大川ボイスピカチュウを堪能するだけのゲームと化していたから、だから映画で謎や結末を全て描き切ってくれたのはスッキリしましたし、レジェンダリー・ピクチャーズをはじめとしたスタッフの方々には感謝しかない。

吹き替えの魅力と作品の不満点

メインの配役はオリジナルですが、一部の登場人物たちはアニメのポケモン声優陣を使っていましたね。

序盤に登場したティムの友人はアニポケXYで旅メンバーだった発明少年シトロンですし、女性研究員はロケット団のムサシの中の人でしたからね。他にもコジロウやニャース、(数カットだけ)サンムーンのカキなど結構出ているので、「あ、この吹き替えの中の人あれじゃん!」って探すのも面白いものでした。

そして作品の不満点になりますが、名探偵ピカチュウというタイトルの割には、ピカチュウが名探偵をしているシーンが少ししかないというところでしょう。起承転結や展開のメリハリがしっかりしていて観やすかったですが、ちょっと名前負けしている部分も否めませんし、あとはゲームの登場人物がかなり絞られ、展開が簡略化されていたところでしょうか?

しかしながら不満点と言えばそのぐらいなので、当初は賛否の多かったリアルなポケモンの造形も、動くとさほど気にならないですし、むしろバリヤードかわいい。

総評:ゲーム版おっさんピカチュウも映画版おっさんピカチュウも魅力がある

ゲームの名探偵ピカチュウを元にするだけではなく、人物設定こそ違えどゲームの伏線未回収を見事に解決し、上手い具合に収めたのは観ていて気持ちよかった映画でした。何より映画のポケモン愛が凄まじい。

トレーラー公開で話題になった「しわしわピカチュウ(しわチュウ)」も、ゲーム版にない映画だけの要素。ゲーム版は二足歩行で苦労したり、「でんこうせっか」がおっさんのランニングですぐ息切れするのも好きなので、どちらのおっさんピカチュウにも魅力があります。

映画の最後には『ミュウツーの逆襲Revolution』の予告映像を流してくれましたし、こちらも楽しみですね。序盤のトレーナーは同じくレイモンド氏を起用するのだろうか?

TINAMIのポイント購入しても1週間反映されず、お問い合わせ欄で苦情(もちろん大人の礼節をわきまえて)を入れたら反映してくれたけど、事後報告の返信が一切ないのはどうなんだろう?

要望の話やサービス改善、応えられない質問なら、返信を差し控えるのは分かる。でも今回は「入金トラブルで、その原因は会社側の確認ミスだった」という話。

メールアドレスも間違えてないし、そのためにもう一回お問い合わせするのも印象悪いし、ちょっとモヤモヤするなぁ。

絵描き・物書き・Webデザイナー・HTML/CSSコーダーの京都生まれなウサギ好き。「ネチケット(ネットマナー)やネット・情報リテラシーの扱い」「批判と批難(非難)の混同・誤用」には少々シビアで、性別問わず好きなタイプは「反省と改善の努力を惜しまない人」。長文や理論を分析し、簡潔に分かりやすくまとめるのが得意なため、リアル・ネットを問わず、各所からご好評をいただいております。