ソニック,SONIC,ソニックロストワールド,ナックルズ

ソニックロストワールド』のWiiU版とニンテンドー3DS版両方のプレイ感想・評価です。

ネット・SNS上ではWiiU版の難易度が相当難しい、鬼畜だとの意見はあるものの、「そんなにWiiU版って難しいのか?」 が個人的意見です。

操作練習や簡単なテクニックを覚えれば進められますし、ダッシュボタンを要所要所で離して最低速度で動いていれば大体クリアでき、スピードランはクリアしてから研究すればいいと思うのですが……

そこも含めて、以下から述べていきますが、まずは本作の評価姿勢についてファンのモラルが問われるものが多々あったため、まずはそこから記載していきます。

ネタバレ注意 この記事にはネタバレが含まれています

ネットで見かけたソニックファンのモラル問題

ファン以前に
人として問題

特に3DS版の内容の書き込み・ツイートで見られたのは、ゲームが難しい、性格が違うなどの理由で、ソフトや開発会社に暴言を吐く内容が数多くあったことですね。

難しいと思うのはいいにしても、暴言を吐くのは敬意に欠いた問題行動ですし、中には、自分が下手なのを全部ゲームのせいにする人もいました。

これって、ファン全体のモラルを下げる行為ですよね。なぜそれに疑問を抱かないのでしょう?

3DS版なら素直にラジコン使ったほうがいいのに、使いたくない理由でもあるのか……?

ソニックの性格が違う?

性格が違うという意見も、大方は『ソニックドアドベンチャー』を基準に語る人が目立っていて、クラシックソニック時代、海外展開も知っている人からすれば、

ソニックの性格は『生意気だけど優しい』以外の部分は結構変わるでしょ? OVA版やアメコミ版、カートゥーン版や海外のテレビCMを見たことがないの?

ってなると思いますよ。

カートゥーン版や一部コミック版はソニックチーム未監修ではあるとはいえ、海外だとミーム(ネット流行)化するぐらい根強い人気があり、ソニックを語るならそこも踏まえていただきたいものです。

意見することと暴言を吐くことは違う

彼らの言う「好きだからこそ批判は必要」は大きな勘違いで、批判とは罵詈(ばり)雑言・誹謗中傷の同義語ではありません。

本来の批判の意味は「建設的な批評行為」であり、文句・悪口は『批難』です。

批判を称するなら、人として最低限の礼節はわきまえて欲しいところで、気に入らなければ、顔が見えなければ何言ってもいいという理屈は、誹謗(ひぼう)中傷の加害者と本質は同じです。

モラルの低い人が目立つのが気になった

本作を擁護(ようご)したいだとか、知識自慢をしたいとかそういうことではなく、ただ純粋にファンのモラルが目に余り、残念な気持ちになりました。

本当にシリーズのことを考えているのであれば、正しい批判をしていただきたいと切に願うばかりです。

……さて、ネガティブな話題からはじまって失礼しましたが、ここから両作品のレビューになります。

『ソニックロストワールド(WiiU版)』の感想・評価

WiiU版について

WiiU版最大の特徴と言えば60フレームで、ヌルヌル動きます。ヌルヌル動くんですが、全然酔うことはありませんでした。

まあゲームで酔ったこと自体あまりないのですけれど……

難易度は賛否両論ではあるものの、自分は先述したように、そこまで難しくは感じませんでした。

賛否はあるでしょうが、何度もミスすれば救済として難所をスキップするアイテムが出現しますし、完全な攻略はクリアしてからじっくりやりこめばいいだけの話です。

「初心者向け」の定義

一応今作は「ソニック初心者向け」という触れ込みになっていて、ここの内容とひもづけて「初心者向けの難易度?」となっている論調でしょうか。

ただ、自分が思う初心者向けとは、

CHECK!

ソニックはあまりやったことないけど、アクションゲームはできる人。

このような定義で考えています。

初心者向けの定義を「アクションゲームがそこまで得意ではない、ライト層の人」にすると、確かに「WiiU版は初心者向けだよ」とは言いがたいですね。

フローズンファクトリーの挙動

フローズンファクトリーでの挙動については、加速するとシャドウのようなスケート走行になり、ホーミングアタックもスピンダッシュも二段ジャンプもできません。

もしゾーンの攻略やジーナ戦で苦労しているならば、一度RZボタンを離してみてください。ニュートラルの状態にすれば、ちゃんと従来どおりの操作が可能になります。

ゾーンのバリエーション

ゾーンそれぞれの遊びやバリエーションはかなり豊富で、ほかにもステージ画面に『ゾーン?(クエスチョン)』や、レッドスターリングを集めるとサーカスミニゲームが出現します。

一言で言えば、どちらもゲーム進行にはやる必要のなく、任意で行うミニゾーンです。

サーカスはプレイ動画を見るだけでは動物たちがジャマでソニックたちが見えず、混乱しそうと思われる方もいるかもですが、ズームされたパッド画面を見ながらの操作なので言うほど混乱しません。

また様々なバリエーションが用意され、大砲で打ち出すタイプやシーソーの要領でボールを打ち出すタイプがありました。

WiiU版はステージを進むのに動物の数が必要で、サーカスは多くの動物たちを確保できますし、数が足りないときの調整に使うのでしょう。

WiiU版スーパーソニックについて

3DS版では常時スピードアップ・曲が変わる・ラスボスで使うとかなり盛り上がるスーパーソニックは、WiiU版だといろいろ制約がありました。

高速(自動)走行中はリング50枚あっても発動しない

『デザートルーインズ ゾーン2』のような高速ステージで使うことはできません。

ですから3DS版のように、ラスボス戦をスーパーソニックになって挑むことがWiiU版では不可能のようです(前者は一応ゾモン戦になれば発動可能になります)。

スピードアップアイテムと併用できない

3DS版の場合、スーパーソニック+スピードアップアイテムの併用が可能でさらに速くなりますが、WiiU版ではできないみたいです。

Lトリガーを押し続けたブースト状態は「溜め動作の要らないスピンダッシュ」で、速さは通常のスピンダッシュと大して変わらなかったですね。併用してみたかった……

ヒドゥンワールドではスーパーソニックになれない

そもそもヒドゥンワールドではカオスエメラルドのアイコン自体が表示されません。ゾーン3は奥へと進む通常ステージでリングも多いだけあって、使ってみたかったものです。

WiiU版のマイナス評価

WiiU版のマイナス点を述べていきますと、

カラーパワーの問題

カラーパワーやアイテムですが、マゼンタ・リズムのカラーパワーの必要性が疑問。

過去作のカラーパワーはスピードアクションの延長線上なのに、リズムは完全によくあるアクションゲームの要素。まだ3DS版のカラーパワーのほうがカラーズの流れを汲(く)んでいます。

ウィスプのカプセルも、3DS版と違って攻撃しないと取れないのが不便で、カラーパワー使用前後の一時停止をなくせればよかったですし、カラーパワーの強制はしないで欲しかったですね。

パワーアップアイテムもフィールド上には存在せず、カバンから取り出して使う形です。任意で使用できるメリットはあるにしても、フィールドにないのはさみしいですね。

カメラワークの問題

今作は引き気味のアングルが多くて距離感がすぐわかってしまい、障害物を突き抜けるスピード感や爽快感の演出が今ひとつで、大きいテレビじゃないとソニックがどこにいるのか、少々わかりにくいですね。

処理を低減させたシンプルなステージデザインや、よくも悪くもメガドライブ時代のソニックリスペクトが、爽快感の少なさに拍車をかけている状態です。

アクションや遊びの楽しさの軍配はWiiU版にありますが、スピード感はあまり楽しめません。3DS版のほうが圧倒的にスピード体験を楽しめます。

ステージ構成の問題

最後にステージの構成についてです。

ルート選びが多様なのが今作の魅力……なのですが、それを謳(うた)う割にはルート分岐が少なく、ただの曲面がかったステージ構成ばかりです。

言うなれば、いかに無駄で蛇足なルートを選ばず、一本だけの正解ルートを見つけるゲームになっています。

せっかく独特の地形を採用しているのですから、もっと探す楽しみを出してほしかったですね。

その点でいえば、『デザートルーインズ Zone3』や『フローズンファクトリー Zone1』の序盤ルート探しは楽しく、ああいうステージがもっと多ければ、WiiU版の評価が高くなったかもしれません。

『ソニックロストワールド(3DS版)』の感想・評価

3DS版について

3DS版におけるルートの選択肢は縦に広がるのが特徴で、ディンプス製ソニックだと最早恒例ですね。

システム面もモダンソニックに近く、テクニック次第で相当の爽快感が味わえますし、リザルト画面のランク評価で、ソニックが喋ってくれるのは3DS版だけです(タイムアタックならWiiU版もランク表示あり)。

WiiU版はメガドライブ時代のようにランク評価もなければ一切喋りませんからね。

青の冒険からの進化

ゲームの内容は『ソニックジェネレーションズ 青の冒険』から進化していて、ステージのボリュームが多くなり、中盤以降のステージになると初見では10分以上かかってしまうほどです。

ボリュームがあるだけではなく、先述したように難易度もトロピカルコーストあたりから急に高くなります。やりこみ度が高いのが、3DS版の魅力です。

ラジコンを使うことが前提

インタビューによると3DS版はラジコンの使用が前提の作品だそうです。

難しいと感じた人は素直にラジコンを使うのが吉。使ったところでペナルティはありませんし、使えるものは使っていきましょう。

逆に慣れた人はラジコン縛りをすることで、相当の歯ごたえがあるゲームに化けます。

スペシャルステージについて

主にジャイロ操作で操作するスペシャルステージは、後半になるにつれてどんどんいやらしい仕掛けが増えていきます。

いっそジャイロじゃなくスティックで操作できたら……と思うぐらいに難しいです。あせらずに取り逃せば一からやりなおす根気と、回転イスを使えば攻略しやすくなります。

ハードモードについて

ストーリーをクリアするとハードモードが新たに出現し、ステージの色合いが悪夢っぽくなり、リングはほとんど出てこない上、ギミックもよりシビアなものになります。

タイムやスコアは、通常モードとは別モノの扱いになっています。

『スーパーマリオ3Dランド』のスペシャルワールドに近く、通常モードのゾーンでは登場しなかった新たなコースが追加される場合もありますが、その内容はハードモードの名に恥じないコース設計です。

このハードモードをクリアすると、通常モードとは倍に近いマテリアルが手に入るみたいですね。

レッドスターリングの場所

3DS版のレッドスターリングの場所はかなり見つけにくいため、以下のYouTubeチャンネルに紹介動画を参考に探してみましょう。

Sonic Lost World (3DS) – Red Star Ring Locations|YouTube

ちなみにWiiU版にはレッドスターリングの場所を教えてくれるアイテムとして登場します。

3DS版でも一応、オモチャオを使えば勝手に近くのレッドスターリングを回収するみたいですね。お恥ずかしながら、すべて集めた後に気づきました……

3DS版のマイナス評価

難しいながらもゲームの完成度が高く爽快感もあり、正直WiiU版よりも好きですが、3DS版にも惜しい点はいくつか見られました。

ムービーの画質

ムービーの画質が非常に悪く、3DS版の主な欠点がこれです。

2Dのムービーを無理やり3Dにしているのが原因でしょうし、おそらくプロジェクトの偉い誰かが、「3DSだからムービーも3Dにしろ!」と言われた可能性が考えられますね。

さらに一部のムービーは3DS版に入っていませんでした。話の展開が違うからでしょう。

ソニックの影について

ゲーム画面では、なぜかソニックやアイテムの影が貫通してるんですね。

空中の足場やデザートルーインズの動く足場を見ると、影が二重に表示されるのが気になりました。ただ、気になる人は気になるレベルで、気にしなければ問題ありません。

オモチャオラジコンを作る方法が難しい

テイルスラボでオモチャオを生産する方法ですが、なんでもいいのでWiiU版にラジコンを送る必要があります。

ただ、WiiU画面の「2P協力プレイ」を選択しないと出ないため、非常にわかりにくいですね。

総評:3DS版のほうが好き

ソニック,SONIC,ソニックロストワールド

ここまで述べましたが、両ソフトの利点を箇条書きにすると……

  • 初めてソニックを遊ばれる方
    → WiiU版
  • ソニックシリーズ経験者
    → 3DS版
  • 難易度の高さ
    → 3DS版
  • 2D面の爽快感と速さ
    → 3DS版
  • ゾーンの多さとバリエーション
    → WiiU版
  • ゲームのテンポのよさ
    → 3DS版
  • カラーパワーの使いやすさ
    → 3DS版
  • ムービーの質を楽しみたい
    → WiiU版
  • ボリューム
    → 3DS版のハードモードを含めればどちらも
  • ゾーン攻略の達成感
    → 3DS版
  • レッドスターリングの発見率
    → WiiU版
  • ソニックの挙動の可愛さ
    → WiiU版

このような感じでしょうか。

両方やった上でどちらが面白く満足度が高かったかといえば、個人的に3DS版でしたね。WiiU版は速さに制限がかけられているため、爽快感は得られにくいです。

説明不足な部分が目立つ

WiiU版・3DS版ともに共通するのは、ストーリーの説明不足感ですね。

  • 「カラーズで帰ったウィスプがいる理由」
  • 「六鬼衆の設定」

このあたりが特に語られておらず、ストーリーにはこだわらないとはいえ、匂わす要素をさせる割には伏線を回収しきれておらず、まだカラーズのほうが後腐れないです。

ウィスプがいる理由は『ソニックランナーズ』で明かされ、「カラーズの後、一部のウィスプはソニックたちの星を気に入って残り、静かに暮らしている」と理由づけはされています。

ただ、ここは作品内で説明してもらいたかったですね。

性格が変わるのはよくあること

また飯塚プロデューサーいわく、「人間臭いストーリーです」とは言っていましたが、人間臭いというよりも、人間関係の嫌な部分を全面的に押している感じですね。

「子供でもわかりやすいストーリーにして、海外向けにする」という方針が『カラーズ』の開発者インタビューから察せますし、ゲーム制作は慈善事業ではないんですから、マーケティング戦略として理解を示します。

一方で、シリアスな作風でもないのに全体的にギスギスしていて説明不足……

ソニックたちの性格は(軸こそあれど)作品やメディアでころころ変わるからいいにしても、「はたして子供が見て喜ぶ内容だろうか」という部分は否めないですね。

挑戦は評価したい

『SONIC X-Treme』という発売中止作品と似たコンセプト、クラシックソニックと『ソニック4』を合わせたようなゲーム性、『マリオギャラクシー』のような世界観(飯塚氏も認めています)も含めて、かなり異質な作品です。

脚本やゲーム性は賛否両論あると思いますけれど、挑戦という意味では評価したい作品ですね。

当サイトはみなさまのご支援で、広告なしの実現やコンテンツ維持を行っています。情報がお役に立てたり、気に入った作品がございましたら、ご支援をお願いいたします。

https://umakose.com/fanfic/131028-1/

クリック・タップで記事URLをコピーできます

利用規約

個人情報保護

当サイトや赤竹ただきち(以下、当管理者)宛に送られたメールの内容や差出人、アクセス解析で得た個人情報などは、差出人・閲覧者当人の承諾がない限り、当サイト内やほかのサービスで公開することはいたしません。

絵や記事のシェア

当サイトの絵や記事をシェアされる場合、個人サイト・ブログ・サービス・SNSなどを問わず、URLなどを記載して、出典元を明記ください。明記していただければ、ご自由にシェアしていただいて構いません。

ただし、記事の場合は下記の『禁止行為』のとおり、記事を読まない、特定のワードに反応したようなシェア行為はお断りいたします。

記事の引用(転載)ルール

記事内の文章を引用(転載)される場合、URL元を明記した上で引用要素(blockquote)内に記載してください。掲示板やSNSの場合は、文頭に「>」などをつけ、オリジナルコンテンツ(コピーコンテンツ)ではないことを明確にしてください。

要約のための一部改変は、記事の意図を大幅に変えなければ可能とします。

メールの内容・取り扱い

メールはご意見・ご指摘・ご感想・依頼・営業メールのみ受けつけますので、あらかじめご了承ください(当サイトを利用した宣伝・委託行為はお断りいたします)。

下記の『禁止行為』のとおり、メール内容に当管理者や他者へのヘイト行為といった、誹謗中傷が見られた場合、返信を控えさせていただくほか、悪質と判断した場合は法的処置をとる場合があります。

禁止行為

以下の行為が見られた場合は、法的処置などといったしかるべき対応をとらせていただく場合があります。

二次利用・加工・改変行為の禁止
本サイト内の画像・イラスト・文章・ブログレイアウトデザインなどの悪意ある二次利用・加工・改変行為や、信用毀損・反社会的・社会通念上問題のある目的での利用。

二次利用・加工・改変行為の例外
シェアや引用(転載)のルール遵守など、社会通念上問題がないケースや、または要約のための文章改変・紹介や参考、プレビュー画像としてのスクリーンショット撮影・トリミング(切り取り)しただけの場合は例外として扱う。

安易な拡散行為の禁止
特定のキーワードや単語に反応し、記事を読まないままの安易な拡散行為の禁止(誤った解釈のみならず、〈自他問わず〉いわれなき風評被害や誹謗中傷につながる恐れがあるため)。

誹謗中傷行為の禁止
当サイト・他者・企業などを誹謗中傷する目的での引用行為。また、当管理者あてのメールやSNSのメッセージ・コメントなどにおいても、意見・指摘ではなく誹謗中傷目的のもの。当管理者や他者の人格・風評を著しくおとしめる行為。

著作権

当サイトは著作権の侵害を目的とするものではありません。スクリーンショットや二次創作物の知的所有権はそれぞれの著作者・団体に帰属しており、各利用規約を確認した上で掲載しています。

有料二次創作に関しては、権利元の創作ガイドラインを厳守するように努めていますが、問題があれば当サイトのお問い合わせよりご報告ください。

オリジナル作品や当サイトのレイアウトデザイン・掲載文章の著作物は当管理者が有しており、『禁止行為』のとおり、シェア・引用(転載)のルールが守られていないもの、悪意ある二次利用・改変行為を禁止します。

トラブル

当サイト記事のシェアなどが要因で発生したトラブルなどについては、一切の責任を負いかねます。あくまでも参考・一意見として扱ってください。

また、直接ご意見・ご指摘を希望される場合は、当サイトのお問い合わせからご連絡願います。

リンクについて

当サイトはリンクフリーですが、バナー画像以外の画像直リンク行為や、インラインフレーム表示は固くお断りいたします。

制定日:2017/2/24
改定日:2022/3/3

シェア・引用をされる前にご一読ください(内容に同意したものとみなします)

  • 赤竹ただきち
  • 赤竹ただきち  Tadakichi Akatake

評論ができる人と評論家気取りの違いは、対比するとよくわかるよ。

評論できる人は論理的で言葉を選ぶ。評論家気取りは感情的で言葉を選べない。

評論できる人は正しい批判ができる。評論家気取りは文句や悪口を批判だと思っている。

評論できる人はリテラシーが高い。評論家気取りはリテラシーが低い。

評論できる人は意見される覚悟がある。評論家気取りは意見されると逆上する。

評論できる人は思いやりがある。評論家気取りはただの自己満足。

評論できる人は実生活でもはっきりと意見を言える。評論家気取りはネット・SNSの世界でしか主張しない。

自分のいる会社はちゃんと評論ができて、自分の意見を持っていないと働けないから、本当にいい訓練になる。

イラストレーター・ライター・フロントエンドエンジニア・WEBデザイナーの京都生まれなウサギ好き。性別問わず好きなタイプは「反省から学ぶ能動的な人」。物事を定義づけし、見解を交えてわかりやすく解説するのが得意なため、各所でご好評の声を頂いております。

ご依頼・お問い合わせ

内容・ジャンルをタグで探す

ATARIAVGNElite Beat AgentsGソニックMacMacintoshMADWORLDMGRMGSMGS4MGSPWMGSVmoonR-15WordPressあつまれどうぶつの森お役立ちきみのためなら死ねるくすぐりとびだせどうぶつの森どうぶつの森どうぶつの森 ポケットキャンプアイドルマスターアイドルマスターシンデレラガールズアズレンアズールレーンオリジナルキズナアイグロゲームコロコロアニキコロッケ!ゴッドオブウォーサイバーモーフサウスパークスカイウォードソードスターウォーズスマブラSPスーパーマリオ64スーパーマリオギャラクシースーパーマリオサンシャインゼルダの伝説ソウルキャリバーソニックソニックXソニックと暗黒の騎士ソニックアドベンチャーソニックオリジンズソニックカラーズソニックジェネレーションズソニックトゥーンソニックヒーローズソニックフォースソニックフロンティアソニックブームソニックロストワールドソーシャルゲームチームソニックレーシングテッドバンジョーとカズーイの大冒険バーチャルYouTuberパンチアウト!!ピカブイピクミン3ホロライブポケットモンスターポケモンポケモンBW2ポケモンXYポケモンマスターズポケモンレジェンズポケモン剣盾ポーズマニアックスマックスアナーキーマリオマリオ&ソニックマンガミニ四駆ムジュラの仮面メタルギアメタルギアライジングヤンこれヤンデレヤンデレーンリョナリングフィットアドベンチャー創作名探偵ピカチュウ喧嘩番長喧嘩番長6大乱闘スマッシュブラザーズ押忍!闘え!応援団新ソニ星のカービィ映画模写死.tv海外アニメ爆走兄弟レッツ&ゴー!!百合考察艦これ艦隊これくしょん色彩検定解説超速グランプリ遊戯王遊戯王ARC-V遊戯王SEVENS遊戯王ゴーラッシュ!!雑記風のタクト魁!!クロマティ高校
  • お問い合わせ
  • #R-15

    R-15

ENTRIES

RANKINGS

PICK UPS

PATRON

COMMISSION