• 最新記事


  • Where did you learn to fly?(どこで操縦を学んだのですか?)
    絵の元ネタはAVGNのアタリジャガー回を…と今回はこの話題ではなく、思う所があって「トライポフォビア」を調べていました。トライポフォビアは同じ物体の集合体、いわゆる「ハチの巣やトンボの複眼写真等を見るとゾワゾワするアレ」の事で、大学時代でもドット(水玉)模様が嫌いだと公言していた人がいましたね(↑の絵は違う意味での恐怖ではありますが)。

    何でも人類の進化の過程で、猛毒のヒョウモンダコに危機意識を身につけた際の名残である可能性があるとか…人間とは不思議である。


    なおAVGN繋がりでゲーム史一のクソゲーと名高いアタリ版ETは、後に大量のカセットをニューメキシコ州に埋め立て廃棄された…という都市伝説は本当だったというニュースが流れました。かの有名なアタリショックの引き金の上、アタリ社倒産の一因とも言われていますよねこのゲーム。自分はその後の時代に生まれたので、ネットでしか知る術がありませんが。

    最後までご覧いただき、誠にありがとうございます。もし宜しければ、記事のSNSシェアのご協力をお願いいたします。

    関連記事

    赤竹 ただきち

    (Tadakichi Akatake)

    『UNDERTALE』やっていてふと思い出したのが、もし誰かとチームで同人やグッズ、ゲームなどを作るなら、「有能かつ話を聞いてくれる人」達と組んだ方が良い。

    学生だった頃にゲーム制作の協力をし、素材提供をしたことがあったのですが、頼んできた相手は正直初心者レベルの人で、しかも「俺はこれがやりたいんだ」みたいな感じで融通がきかないタイプでしたね。

    故にできたゲームも素材を生かしきれておらず、こちらが提示した依頼書も全然読んでいないお粗末な内容で、関わっただけに自分自身も低レベルなゲーム制作者だと第三者に思われ、言われた時は悔しかったし心外だった。

    まあ自分が優れていたとは言いませんが、一応出来る人間だという評価はされていたので、組んだ相手を間違えたんだろうなぁと。

    だから共同制作するなら、「自分もレベルを上げつつ、有能な人間と組め」という事を、学生時代の自分に言いたかった。今でもその辺りは後悔してるかも。
    MyutaUsagi

    絵描きからHTML・CSS、物書きまで幅広くやれる京都生まれのウサギ好き。ネチケット(ネットマナー)やネット(情報)リテラシー、批判と批難の違いにはちょこっとシビア。

    最新記事